張都暎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
張都暎
Chang Do-young.jpg
1962年撮影
各種表記
ハングル 장도영
漢字 張都暎 
発音: チャン・ドヨン
日本語読み: ちょう・とえい
テンプレートを表示

張 都暎(장 도영、チャン・ドヨン、1923年1月23日 - 2012年8月3日 )は、大韓民国軍人政治家。陸軍参謀総長、国家再建最高会議議長を務めた。太極武功勲章授与者。

人物[編集]

本貫仁同張氏。クリスチャンの家庭で生まれる[1]。新義州東中学校に通い、在学中は陸上選手として活躍した[1]東洋大学史学科在学中に学徒出陣して中国戦線に派遣され、訓練を受けて見習士官となり、終戦時には少尉だった[1]。日本統治終了後は、李應俊の勧誘でアメリカ軍政庁下の南朝鮮国防警備隊に入隊し、少尉(軍番10080番)に任官する。大隊長、連隊長を経て1949年11月に陸軍本部情報局長に就任する。

朝鮮戦争では第6師団長、第1訓練所長を歴任。1952年8月からアメリカ陸軍指揮幕僚大学に留学。戦争中の功績で韓国から太極武功勲章、アメリカからシルバースターレジオン・オブ・メリットを授与される[2][3]。休戦後は第2軍団長、陸軍参謀次長、第2軍司令官を歴任。

第二共和国成立後に張勉首相によって陸軍参謀総長に任命されるも、1961年5月16日に陸軍少将朴正煕などが軍事革命委員会の名の下で起こした5・16軍事クーデターでは傍観を決め込む。このため、クーデター成功後の5月19日に張は国家再建最高会議議長に擁立され、同時に内閣首班と国防長官も兼任する。しかし7月3日に、副議長を務めていた朴が中心となり張は議長を解任、翌月には予備役に編入され事実上失脚した。

その後、朴政権成立後の1962年中央情報部が反革命・内乱陰謀容疑で張を逮捕、軍法会議で無期懲役判決を受けるも同年5月に釈放。その後アメリカへ亡命し、1969年ミシガン大学で政治学の博士号を取得、1993年までウィスコンシン大学で政治学教授を務めた。

2011年5月には、認知症を患っていることが報じられている[4]

2012年8月3日、フロリダ州オーランドにて89歳で死去。

叙勲[編集]

  • レジオン・オブ・メリット - 1951年9月25日[3]
  • シルバースター - 1953年3月26日[3]
  • シルバースター - 1953年4月29日[3]
  • 銀星太極武功勲章 - 1954年7月6日

脚注[編集]

  1. ^ a b c “[김운용이 만난 거인들 <31>] 장도영 장군” (朝鮮語). 일요신문. (2010年8月2日). http://ilyo.co.kr/?ac=article_view&entry_id=38601 2018年7月21日閲覧。 
  2. ^ 6.25戦争における太極武功勲章を受賞した英雄” (韓国語). 戦争記念館. 2015年8月3日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ a b c d Do Young Chang”. Military Times. 2015年8月3日閲覧。
  4. ^ ““장도영 美플로리다서 치매 투병… 군부가 정착지 정해줘”” (朝鮮語). ソウル新聞. (2011年5月17日). http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20110517006018 2012年2月16日閲覧。 

関連項目[編集]

公職
先代:
崔慶禄
大韓民国の旗 大韓民国陸軍参謀総長
1961年
次代:
金鐘五
先代:
張勉
国務総理
大韓民国の旗 内閣首班
1961年
次代:
宋尭讃
先代:
玄錫虎
大韓民国の旗 大韓民国国防部長官
1961年
次代:
申応均