申秉鉉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

申 秉鉉(シン ビョンヒョン、1921年2月7日 - 1999年4月4日)は、大韓民国政治家

生涯[編集]

黄海道長淵郡にて誕生。日本内地福島高等商業学校を卒業。1943年に朝鮮銀行に入り、1956年に韓国銀行調査部長に就任。駐米大使館参事官(1961年)を経て、国際復興開発銀行交換取締役兼顧問(1970年-1975年)を務めた。米国のアメリカン大学および同大学院を卒業し、1959年にコロンビア大学大学院で経済学博士号を取得。

1975年、大統領府経済担当特別補佐官に起用され、政界中枢とのコネクションを発展。韓国銀行総裁(1978年)、商工部長官(1980年)、副総理兼経済企画院長官(1980年-1982年、1983年-1986年)を歴任。全斗煥政権にて物価安定政策を最優先課題として推進し、通貨引き締めや人為的景気刺激策を排除した。1984年11月に陳懿鍾国務総理が脳溢血で倒れた際、1985年2月まで国務総理権限代行を務めた。

外部リンク[編集]

公職
先代:
陳懿鍾
大韓民国の旗 大韓民国国務総理
(権限代行)1984 - 1985
次代:
盧信永
先代:
南悳祐
金元基
大韓民国の旗 大韓民国経済企画院長官
第23代:1978 - 1979
第26代:1980 - 1982
次代:
李漢彬 (ko)
金埈成
先代:
丁渽錫
大韓民国の旗 大韓民国商工部長官
1980
次代:
徐錫俊