金鍾泌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓国の旗 韓国の政治家
金鍾泌
김종필
Kim Jong-pil 1999.png
金鍾泌(1999年)
生年月日 (1926-01-07) 1926年1月7日(91歳)
出生地 大日本帝国の旗 朝鮮忠清南道扶余郡
所属政党 民主共和党新民主共和党民主自由党自由民主連合   

在任期間 1971年6月4日 - 1975年12月18日
在任期間 1998年3月3日 - 2000年1月12日
元首 金大中
テンプレートを表示
金鍾泌
各種表記
ハングル 김종필
漢字 金鍾泌
発音: キム・ジョンピル
日本語読み: きん・しょうひつ
ローマ字 Gim Jong-pil/Kim Chong-p'il
テンプレートを表示

金 鍾泌(キム・ジョンピル、1926年大正15年)1月7日 - )は、大韓民国政治家忠清南道扶余郡出身。[1]本貫は、金海金氏。号は雲庭(ウンジョン、운정)。金泳三金大中とともに韓国政治史上に三金時代を築いた。5・16軍事クーデターの中心人物であり朴正煕政権誕生の立役者だった。以降、要職を歴任。朴正煕暗殺以降は議会政党指導者として有力政治家でありつづけた。金大中との連合(DJP連合)により金大中政権を誕生させ、そこでも首相となった。政治姿勢は自らの主義主張を前面に出していくタイプではなく、韓国の政治家としては珍しいを重視する調整型タイプの政治家であり、内外両面で大きく揺れた1960年代1980年代の韓国政治において内外面において重鎮として先頭に立ち問題の沈静化に積極的に動いた。

概略[編集]

妻は朴正煕の姪・朴栄玉(パク・ヨンオク、박영옥)。愛称はJPK。韓国のマスコミがJFKをもじってつけたもの。

子供のころは、大の読書好きで、特に菊池寛の小説が好きだったという。そのことから、一時は日本の中央大学への進学を志して、1944年に単身日本へ渡ったが、日本は戦況の悪化に伴う深刻な食糧不足に苛まれており「どうせ死ぬなら故郷で死にたい」と朝鮮半島へ戻り、ソウル大学へ進学したというエピソードがある[2]

首相時代から知日派として知られ、日韓議員連盟の役員を長期間務め、日韓基本条約締結に尽力するなど日韓関係の修繕良化に努めた。日韓基本条約締結の際には、反対運動を展開する学生グループと直接話し合いの場を持ち「今は過去の問題よりこれからの成長の方が重要である。そのためには日本の援助が必要だ」と説いて学生からも一目置かれたという逸話もある[3]。しかし金自身も後年のインタビューで対日請求権の放棄については「やむを得なかった」と述べている。

引退後の講演で「大好きな日本」と韓国の政治家としては異例の「親日」的な発言をしているが、同じ講演で靖国神社参拝を批判してもいる。安易に親日・反日でくくることのできない人物である。在日韓国人問題では「二世、三世は日本国籍を取得すべきだ」と日本の右派の月刊誌である『諸君!』1980年4月号のインタビューで発言し物議を醸した事がある。同記事では「日本は原爆を落とされたからソビエトの牙城にならずに済んだ」という見解を示し、また「朝鮮民主主義人民共和国は自由とは程遠い。日本の人はもし行けば三日と持たないんじゃないか。離散家族にも会わせてもらえない」と当時の日本では異例の北朝鮮批判を行い注目を集めてもいる。

2004年総選挙で落選後、政界を引退した。しかし、2007年大統領選挙では李明博候補支持を表明、ハンナラ党に入党し名誉顧問に就任した[4][5]2008年12月14日に頭痛の症状を訴えてソウル市内の病院に入院し、12月19日脳卒中の初期症状と発表された[6]。翌2009年3月12日に退院した[7]。2012年2月15日、ハンナラ党が党名変更して発足したセヌリ党を離党する意向を示した[8]

青山学院大学から名誉博士号(国際政治学)の称号を授与されている。

2015年5月、金鍾泌は学生時代に慰安婦として朝鮮の妹が強制連行されるのを直接目撃したと中央日報にて証言し、2001年に日本に訪問した際には読売新聞渡辺恒雄社長、産経新聞に抗議し朝日新聞には日本の歴史歪曲を伝えたと証言している[9]

2016年、陸軍士官学校総同窓会の「今年の誇らしい陸軍士官学校人賞」を受賞する[10]

略歴[編集]

  • 1947年:ソウル大学校師範大学教育学部修了
  • 1949年:陸軍士官学校8期卒業
  • 1950年6月:陸軍本部情報局作戦情報課北韓班長
  • 1951年:陸軍本部情報局作戦情報課長
  • 1952年10月30日:第6師団第19連隊情報参謀兼捜索中隊長[11]
  • 1958年:陸軍情報参謀部企画課長
  • 1961年:朴正煕5・16軍事クーデターを主導し、初代中央情報部長に就任
  • 1962年:日本の大平正芳外相との会談で、韓国側の対日請求権を「無償3億ドル、有償2億ドルおよび民間信用供与」を提供する経済協力方式で合意に至る(金・大平メモ)。
  • 1963年:陸軍准将に予備役編入して政治に参加、忠清南道扶余で第6代国会議員に当選。同年民主共和党(以下、共和党)議長に就任
  • 1968年:3選改憲反対と係わる共和党内の汚職事件ですべての公職を辞退し政界引退
  • 1971年:大統領選挙を控えて共和党副総裁で政界に復帰し、国務総理に就任(~1975年)
  • 1979年11月12日:朴正煕大統領暗殺事件により共和党総裁に推戴
  • 1980年5月18日:5・17クーデター全斗煥盧泰愚など新軍部により連行(7月2日釈放)
  • 1985年3月6日:全斗煥大統領により政治活動を解禁[12]
  • 1987年9月28日:政界復帰を宣言
  • 1987年10月30日:新民主共和党を創党。総裁と大統領候補に選出。12月16日に行われた選挙では落選(3位)。
  • 1990年2月8日:執権与党である民主正義党・統一民主党との内閣制改憲に合意し、3党合同で民主自由党を結成、最高委員就任
  • 1992年:金泳三大統領当選に貢献し、民主自由党代表最高委員に就任
  • 1995年2月9日:民主自由党内世代交代論に反発、同党を脱党。
  • 1995年3月30日:自由民主連合(自民連)を創党
  • 1997年:12月第15代大統領選挙金大中朴泰俊といわゆるDJP連帯を通じて金大中の大統領当選に貢献した.
  • 1998年:新政治国民会議・自民連共同政権の国務総理(~2000年)
  • 2000年:韓日議員連盟会長
  • 2001年:自民連総裁
  • 2002年:サッカーワールドカップ国会議員連盟会長などを務めた.
  • 2004年:総選挙で落選し、自民連も惨敗したため、4月19日に政界引退を表明。
  • 2007年:12月の大統領選挙にて李明博候補への支持を表明し、ハンナラ党に入党。
  • 2012年
    • 2月15日:セヌリ党(ハンナラ党の後継政党)離党を表明。
出典:アジア経済研究所 アジア動向年報ブラウジング 大韓民国

エピソード[編集]

自身の妻の朴栄玉の義理の姪で大統領夫人だった陸英修について、金はアメリカの歩兵学校に留学したときに出産した妻(朴正煕大統領の三兄朴相煕の娘)の食事も陸は準備しなかった。それで金はアメリカからわざわざ戻ってきて大騒ぎをして、『自分はご飯を食べておきながら、子どもを生んでお腹を空かせている産婦にそんな仕打ちをするのか』」と強く言ったのに対して陸は一言も言えなかった、金は他人に対する配慮がないと述べ、人を上辺だけを見て解釈すると百回だろうと見謝ると警告した[13]

2016年11月にチェ・スンシル国政介入で下野騒ぎになった朴槿恵大統領について、朴の父朴正煕大統領は弱くて疑い深い人、母である陸は慈悲深い国母というイメージがあるが、それは作られたもので実際には欲深く人の有り難みを知らない女性であり、二人の娘の朴槿恵は両親から悪いところばかりを受け継いだから我が強く頑固さがあると告白している[14]

独島爆破論[編集]

米国務省外交文書によれば、1962年10月の中央情報部長時代に日韓国交正常化交渉にむけての大平正芳外相との会談で、竹島 (島根県)の領有権問題に関し、金鍾泌は、日本側の国際司法裁判所への付託を拒否したうえで、日本側に独島問題の解決策として独島の破壊(爆破)を提案した[15]。金鍾泌中央情報部長は、東京での池田勇人総理及び大平外相との会談後、訪米。1962年10月29日のディーン・ロスク国務長官との会談において、ロスク長官が「独島は何に使われているのが」と問うたところ、金部長は「カモメが糞をしているだけ」と答え、独島破壊案を自分が日本側に提案したと明かした[16]

のちに韓国国内でこの「独島爆破論」が問題視された時には、金鍾泌自由民主連合総裁は「日本には絶対に独島を渡すことはできないという意思の表現だった」と弁明している[17]。また2010年の朝鮮日報の取材に対して金鍾泌は「国際司法裁判所で日本のものだという判決が出ても、すべてを爆破してなくしてしまってでも、あなたたちの手に渡すつもりはない」と激高して発言したと回想している[18]が、これは米国務省外交文書集「東北アジア1961-1963」収録関連会談記録の様子とは趣が異なる。

脚注[編集]

  1. ^ 朝鮮人物事典263頁
  2. ^ 五味洋治『あなたはどうして韓国へ来たんですか?』より。
  3. ^ 『韓国危うし』小谷豪治郎訳。
  4. ^ “BBK 수사 발표 이후 대선 후보들은?(BBK捜査発表以後大選候補たちは?)”. ハンギョレ. (2007年12月6日). http://www.hani.co.kr/arti/politics/politics_general/255300.html 2012年2月18日閲覧。 
  5. ^ “金鍾泌元自民連総裁、初の李明博候補支持遊説”. 聯合ニュース. (2007年12月10日). http://app.yonhapnews.co.kr/yna/basic/articleJapan/new_search/YIBW_showSearchArticle.aspx?contents_id=AJP20071210003400882 2012年2月18日閲覧。 
  6. ^ “김종필 전 총재 뇌졸중 증세로 입원 (金鍾泌前総裁脳卒中の症状で入院)”. ハンギョレ. (2008年12月19日). http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/328761.html 2012年2月19日閲覧。 
  7. ^ “뇌졸중 김종필 전 총재 퇴원 (脳卒中金鍾泌前総裁退院)”. ハンギョレ. (2009年3月12日). http://www.hani.co.kr/arti/politics/politics_general/343792.html 2012年2月18日閲覧。 
  8. ^ “金鍾泌氏 セヌリ党離党の意向表明”. KBSワールドラジオ. (2012年2月16日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=42574&id=Po&page=1 2012年2月18日閲覧。 
  9. ^ ““위안부 속여서 끌고가는 것 직접 봤는데 꾸며낸 일이라고?” … “사설 쓴 논설위원들 다 불러라” … JP, 와타나베 사장 호통쳤다” (韓国語). 中央日報 (中央日報). (2015年5月6日). http://article.joins.com/news/article/article.asp?total_id=17736684&ctg=1000&cloc=joongang%7Chome%7Ckeywordnews 2015年9月13日閲覧。 
  10. ^ 金鍾泌元首相「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」
  11. ^ “전쟁 중에 미국 유학 … 길 가득 메운 자동차 '미국의 힘' 느껴 … 1년 만에 전투 복귀 … "남편과 죽겠다" JP 찾아온 전선의 신부” (朝鮮語). 中央日報. (2015年4月13日). http://news.joins.com/article/17572824 2016年12月1日閲覧。 
  12. ^ 今日の歴史(3月6日) 聯合ニュース 2009/03/06
  13. ^ [1]「金鍾泌元首相、「朴大統領は5千万人が押し寄せても下野しないだろう」」,ハンギョレ,2016年11月15日.
  14. ^ [2]「金鍾泌氏、朴大統領は「死んでも辞任しない」」,2016年11月1日.
  15. ^ 米国務省外交文書集「東北アジア1961-1963」収録関連会談記録。日本時事通信1996年12月28日。中央日報1996年12月29日。
  16. ^ 米国務省外交文書集「東北アジア1961-1963」収録関連会談記録。日本時事通信1996年12月28日。中央日報1996年12月29日。
  17. ^ 中央日報1996年12月29日。
  18. ^ 朝鮮日報2010年8月28日


公職
先代:
白斗鎮
高建
韓国の旗 大韓民国国務総理
第11代:1971 - 1975
第31代:1998 - 2000
次代:
崔圭夏
朴泰俊
先代:
設置
韓国の旗 大韓民国中央情報部
初代:1961年5月20日 - 1963年1月6日
次代:
金容珣