白斗鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白斗鎮
Baek Du-jin.jpg
各種表記
ハングル 백두진
漢字 白斗鎭
発音: ペク・トゥジン
ローマ字 Baek Du-jin
テンプレートを表示

白 斗鎮(ペク・トゥジン、はく とちん[1]1908年10月31日 - 1993年9月5日)は、大韓民国政治家黄海道信川郡出身[2]本貫水原白氏[3]。第4・10代国務総理、第8・10国会議長などを歴任した。

生涯[編集]

1934年旧制東京商科大学(現:一橋大学)を卒業して朝鮮銀行に入行、理事にまでなった。独立後も韓国銀行理事を務め、1948年に外資庁長官・1951年財務部長官に就任。この時重石ドル事件への関与で野党から追及を受けるが、これを切り抜けて1952年に財務部長官兼務のまま国務総理代理となり、同時に米韓合同経済委員会の代表を務める。翌1953年に正式に国務総理となった、

4月革命後の国会議員補欠選挙に出馬・当選して政界入りするが、直後に5・16軍事クーデターが勃発。その後民主共和党結成に加わり、1968年には日韓協力委員会の韓国側の会長を務めた(日本側会長は岸信介、顧問に石井光次郎[4]。1970年に再度国務総理に就任し、1971年に国会議長に選出。維新体制成立の後、1973年維新政友会委員長に就任しその確立に協力、1979年に野党の反対を押し切って再度国会議長となる。しかし全斗煥政権下では公職に就くことなく、新民主共和党が結成されると同党常任顧問となった。

賞勲[編集]

1970年に韓国修交勲章光化章、1971年に勲一等旭日大綬章、1972年にフィリピン外交勲章、同年に中華民国特種大綬景星勲章を受章した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「白斗鎮」”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2022年8月11日閲覧。
  2. ^ a b 백두진(白斗鎭)”. 韓国民族文化大百科事典. 2022年8月7日閲覧。
  3. ^ (72)수원백씨” (朝鮮語). 중앙일보 (1983年7月16日). 2022年7月3日閲覧。
  4. ^ 矢次一夫「新国策」1977年6月5日号

関連項目[編集]


公職
先代
丁一権
大韓民国の旗 大韓民国国務総理
第10代:1970 - 1971
次代
金鍾泌
先代
張沢相
大韓民国の旗 大韓民国国務総理
1952年10月9日~1953年4月23日は代理
第4代:1952 - 1954
次代
卞栄泰
先代
崔淳周
大韓民国の旗 大韓民国財務部長官
第3代:1951 - 1953
次代
朴熙賢
議会
先代
李孝祥 (ko)
丁一権
大韓民国の旗 大韓民国国会議長
第8代:1971 - 1972
第10代:1979
次代
丁一権
丁来赫 (ko)