李会昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大韓民国の旗 韓国の政治家
李会昌
이회창
Lee Hoi-chang (2010).jpg
李会昌(2010年)
生年月日 (1935-06-02) 1935年6月2日(82歳)
出生地 日本の旗 朝鮮黄海道瑞興郡
出身校 ソウル大学校
現職 党代表
所属政党 新韓国党→)
ハンナラ党→)
自由先進党→)
セヌリ党→)
正しい政党
公式サイト changsarang.com
選挙区 比例代表→ソウル市松坡区甲選挙区→比例代表→忠清南道洪城郡礼山郡選挙区
当選回数 4回
テンプレートを表示
李会昌
各種表記
ハングル 이회창
漢字 李會昌
発音: イ・フェチャン
日本語読み: り・かいしょう
ローマ字 Lee Hoi-chang
テンプレートを表示

李 会昌(イ・フェチャン、이회창1935年6月2日 - )は、韓国政治家本貫全州李氏カトリック教徒で、洗礼名はオラフ。号は俓史(キョンサ、경사

人物・経歴[編集]

ソウル大学校法学部卒を業後、弁護士や最高裁判事等を経て、金泳三政権下で監査院長に抜擢され汚職の摘発に辣腕を振るい、次いで国務総理首相)に就任する。国務総理を務めていた1994年4月には、総理の役割・権限をめぐる問題で大統領と対立し辞任、硬骨漢ぶりを発揮したといわれた。

2度の大統領選挙立候補、敗北[編集]

1996年4月の総選挙において金泳三政権の与党・新韓国党(現在の自由韓国党の前身)より立候補(全国区)、国会議員に初当選した。

1997年末の大統領選挙に新韓国党の後継政党であるハンナラ党公認で出馬するものの、当時の与党系の陣営が分裂した事、アジア通貨危機が発生し、当時の与党(の流れを組む政党である)であるハンナラ党の候補であった事、2人の息子が不当に兵役を逃れていたというスキャンダルが持ち上がった事の3点が逆風となり、投票直前に支持率が10%代にまで急落し、僅か40万票差で金大中新政治国民会議)に敗北した。

落選後は、農作業に参加したり、清掃奉仕に取り組んだりと、それまでの冷徹なイメージを払拭する為の活動に取り組み、2002年末の大統領選挙にも引き続き挑戦して終始リードするも、投票当日に盧武鉉新千年民主党)に逆転を許し僅差で敗れた。

2007年大統領選挙、新党結成[編集]

2度にわたる大統領選敗北によって、大統領候補としての地位は潰えたかに見えたが、2007年選挙を直前に控え、独走態勢といわれていたハンナラ党李明博候補に様々な疑惑が噴出する中、11月7日に保守系無所属での出馬を正式表明。しかし、結果的には李明博に大差をつけられて敗北した。

2008年2月1日に結党された自由先進党(以下、先進党)の初代総裁に就任。同年4月の総選挙で先進党は18議席(地域区14議席・比例区4議席)を獲得。彼自身も忠清南道洪城郡礼山郡選挙区で当選した。

2010年地方選挙敗北[編集]

その後、李会昌総裁の党運営に対して不満を抱いた元忠清南道知事で同地域に強い政治基盤を有している沈大平代表が2009年8月に離党を表明、創造韓国党と国会内で構成していた院内交渉団体「自由と先進の集い」[1]が交渉団体資格を喪失する事態となった[2]。そして翌2010年6月2日に行なわれた全国同時地方選挙で先進党が敗北した責任をとる形で党代表の座を辞任することを8日に表明[3]したが、「世宗市建設計画の国会採決が控えているなかで、これ以上代表職を空席にしておくわけにはいかない」として17日に党務に復帰した[4]

2011年5月9日、国会で行われた党最高委員会議で「党の変化のため」として代表を退く意向を表明した。また来年の総選挙に向け、2009年に先進党を離党した沈大平率いる国民中心連合と党合併に乗り出す意思も合わせて表明した[5]。2011年11月21日には、総選挙への不出馬を表明し[6]、選挙後の2012年5月20日、同月末に行われる全党大会で党名改称が行われる前に先進党を離党することを表明した[7]。同年12月に行われる大統領選挙を目前にした11月24日、与党・セヌリ党(ハンナラ党が党名変更した政党)へ入党し、同党候補である朴槿恵支持を表明した[8]

2017年1月26日、セヌリ党を離党し、大統領選挙への出馬を表明していた正しい政党劉承旼を支持することを宣言して正しい政党に入党した[9]。現在も正しい政党の一般党員である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
黄寅性
大韓民国の旗 大韓民国国務総理
第26代:1993 - 1994
次代:
李栄徳
先代:
金泳駿
大韓民国の旗 大韓民国監査院長
第15代:1993
次代:
李時潤 (ko)
党職
先代:
(結党)
自由先進党代表
初代:2008 - 2011
次代:
沈大平 
先代:
趙淳
ハンナラ党総裁
第2代:1998 - 2002
次代:
徐淸源