政治家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

政治家(せいじか)とは、職業として政治に携わっている者のことである[要出典]

概要[編集]

政治家とは、古代君主領主閣僚議員のほか、古代におけるあらゆる政体、地位、勢力、信任あるいは戦争による勝利に基づき権力を掌握した人々、または執政にあたった人々を指す。

近代以降の代表民主政治のもとでの政治家は、なんらかの「代表」である、ということによって正当性を賦与されている。

職業としての政治[編集]

マックス・ヴェーバーは、「政治家の本領は『党派性』と『闘争』である」と指摘している。

政治家のクオリティ[編集]

ヴェーバーは、『職業としての政治[1]』政治家にクオリティ(Qualitäten)として次の三つを挙げている[2][3][4]

  1. 情熱 (Leidenschaft) : Sacheへの情熱
  2. 責任感 (Verantwortungsgefühl)
  3. 目(Augenmaß) : 距離をおくこと

政治家の本分[編集]

政治家がやるべき大原則は、国民を信頼し、そして安心させ、自らの政策を実行することである。国民の信頼が喪失したとき、自ら政治家の職を辞すべきだろう。

大衆に対しての有害な不作為[編集]

毛沢東は「政治家が大衆に接するときに生じやすい有害な不作為」を1937年発表の論文のなかで触れ、次のように例示している[5]

  1. 宣伝をしないこと
  2. 扇動をしないこと
  3. 演説をしないこと
  4. 調査をしないこと
  5. 大衆の事情を聞かないこと
  6. 大衆の苦楽に関心をよせないこと

日本[編集]

古代から近代にかけての政治家は、朝廷幕府それぞれの主体たる天皇将軍大名をはじめ、その重臣たる公卿宿老家老など執政参政の地位にあった者を指すことが多い。

現代日本では、「衆議院議員、参議院議員並びに地方公共団体議会議員及びの職」(国会議員、地方議員、地方首長)は公職選挙法の適用対象となる公職とされ、公職にある者、公職の候補者または候補者となろうとする者が政治家の代表的な存在である。

副知事副市長民間人閣僚、政治を志している人(政治活動家)も政治家と呼んで差し支えない。行政において裁量権を持つ高級官僚は、一般に「行政家」(もしくは行政官)と呼ばれ政治家に含めないことが多いが、広義の意味では政治家に含める場合がある(明治憲法下での貴族院勅選議員の大半もこのような高級官僚出身者であり、厳密な意味で「政治家」なのか否かについては曖昧である また政治よりもお金や権力など利権を得ることに熱心と思われる政治家を揶揄して「政治屋(せいじや)」と呼ぶこともある。日本の政治家の中に、特定の業界の単なる代理人でしかない者や暴力団と深いつながりを持っている者がいることも、こうした揶揄を生む理由となっている。

近年では、親族親戚の後を継承した世襲政治家や、タレントとしての知名度を武器に当選したタレント政治家の割合が増えつつあるが、このような形で政治家となることに疑問を呈する意見もある。高い知名度のある人を国会議員に当選させ採決要員とする政党のスタンスが問題だとの指摘もある。

なお、比喩として、政治的な感性のある人、あるいは巧妙な言動を取る人に対して政治家と呼ぶ場合もある。

脚注[編集]

  1. ^ Wikisource reference Politik_als_Beruf. Politik_als_Beruf. - ウィキソース. 
  2. ^ "Man kann sagen, daß drei Qualitäten vornehmlich entscheidend sind für den Politiker: Leidenschaft – Verantwortungsgefühl - Augenmaß":Politik_als_Beruf
  3. ^ ウェーバー『職業としての政治』岩波文庫[1919=1980]
  4. ^ .政治家に求められる資質とは? ~マックス・ヴェーバー『職業としての政治』
  5. ^ 『毛沢東選集・第2巻』中国国際書店、1968年、28頁

関連項目[編集]