市町村議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

市町村議会(しちょうそんぎかい)は市町村に設けられた議決機関である。議員は市町村の住民による選挙によって選出される。に設けられるものを市議会(しぎかい)、に設けられるものを町議会(ちょうぎかい)、に設けられるものを村議会(そんぎかい)という。

概要[編集]

日本においては、かつては市制町村制にもとづいて各市町村に市会(しかい)・町会(ちょうかい)・村会(そんかい)が設置された。第二次大戦後、日本国憲法の施行に伴い現在の名称・組織となった。しかし、今日でも市町村議会の俗称として市会・町会・村会の名称が用いられている。なお、五大都市京都市大阪市名古屋市横浜市神戸市)の議会は、政令指定都市市会議長会の申し合わせにより市議会を「市会」と呼んでいる。

町村総会[編集]

小規模な町村で、間接民主制を採る必要がない場合は、議会を置かず、選挙権を有する者全員で構成する町村総会を設けること(直接民主制)が認められている(地方自治法94条

関連項目[編集]

外部リンク[編集]