経済効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経済効果(けいざいこうか)または経済波及効果(けいざいはきゅうこうか)とは、新規に需要が発生することにより、その需要を満たすために生産が連鎖的に誘発されることである。それによって発生する金額の合計額(生産誘発額)や[1]、何らかの事象が起こることによって発生すると推測される需要量より算出された合計額を指すこともある。

生産誘発額は産業連関表を用いて算出される[2]

関西大学教授宮本勝浩が「阪神タイガース優勝に伴う経済効果」など独自の経済効果分析を多く発表している。

脚注[編集]

  1. ^ 経済波及効果推計の基礎知識 (PDF) - 横浜市、浜銀総合研究所、2010年1月20日
  2. ^ 経済波及効果分析 - 福井県