都道府県知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

都道府県知事(とどうふけんちじ)は、日本地方公共団体である都道府県首長である。単に知事ともいう。都道府県知事のもとに置かれる部局知事部局という。

以下、地方自治法については条数のみ記載する。

歴史[編集]

「知事」という呼称について、日本では古くは奈良時代知太政官事などの例がある。この場合は「知」と「事」の間に被任命者が治める(治(し)る=知る)べき官職などの名前をはさむ中国語(漢文)式の呼称が用いられた。

近代の地方官の呼称としては王政復古後の1868年慶応4年)閏4月に出された政体書において知府事知県事が設けられたのが最初である。これにより、以後、旧幕府領旗本領や戊辰戦争における佐幕藩からの接収地などに順次府県が設置され、知府事・知県事が任命された。また、1869年(明治2年)6月の版籍奉還後、全国のを治める諸侯(旧大名)たちを知藩事に任命した。「知府事」、「知県事」、「知藩事」のいずれについても、特に任地を前置する場合には、「東京府知事」、「神奈川県知事」、「山口藩知事」などの形で呼ぶことが多かった(ただし、「武蔵知県事」などという呼称も多くみられる)。

1871年(明治4年)7月の廃藩置県では府県ともにその地方長官を知事と呼んだが、県については同年11月から1886年(明治19年)まで県令と称した。1886年(明治19年)以降は再び府知事県知事の呼称となって現在に至る。一方、北海道の地方長官は北海道庁長官(1886年(明治19年) - 1947年昭和22年))、内地編入された樺太の地方長官は樺太庁長官1907年(明治40年) - 1947年(昭和22年))、東京都の地方長官は東京都長官1943年(昭和18年) - 1947年(昭和22年))と呼んだ。

初期の知事・県令には、日田県知事の松方正義兵庫県知事の伊藤博文神奈川県知事(令)の陸奥宗光(兵庫県知事も歴任)など後に元勲と呼ばれる人々をはじめとする藩閥系の人々が多く任じられたが、官僚機構の整備が進むとともに知事などの地方長官は主に内務省の官僚の昇進コースとなっていき、大正から昭和にかけては高等文官試験合格者から毎年30〜40名ほどが採用されていたのに対して道府県の知事ポストは47あるため、彼らの誰もが到達可能な最も高いポストとして出世の目標とされた[1]。ただし、政党との提携を模索していた第2次伊藤博文内閣後期から最初の政党内閣である第1次大隈重信内閣(隈板内閣)にかけては政党員が知事に任命される例が続いた。1899年(明治32年)、第2次山県有朋内閣によって文官任用令が改正されて知事が政治任用ポストから外され、政党員が排除されてもっぱら内務官僚が任命されるようになったが、第1次西園寺公望内閣第2次西園寺公望内閣内務大臣を務めた原敬の下で立憲政友会(政友会)の影響が強まった。二大政党による政権交代がみられた大正後期から昭和初期の政党内閣期には内務官僚も政友会ともう一方の大政党である憲政会立憲民政党(民政党)のそれぞれの系列に分かれ、それが知事人事にも反映した。

府県制下における知事は、地方長官として管轄する府県の区域内で国の一般行政を担任し、内務大臣を上官とした。ただし知事の管轄権限は幅が広く内務省以外の各省の管轄事務にも及ぶので内閣総理大臣および各省大臣のいずれもが知事に対する上級官庁としての地位を有した。同時に知事は地方自治体としての府県の長でもあり、議決機関である府県会および府県参事会の議決に基づき条例等を執行した。府県会・府県参事会の議決権の範囲が限定的であるのに対して、知事は府県会の招集権を一方的に有するなど、議決機関に対する知事の権限は強大であった。政治任用が行われた時期も含め知事の在任期間は一般的に短く、1年半〜2年ほどで交替するのが普通で、内務官僚の知事の場合は他府県や本省との間で異動を繰り返した。府県知事は勅任官であったが(東京府知事も含む)、東京都長官はそれよりも一段地位の高い親任官とされていた。

第二次世界大戦後占領下における「占領政策」の一環として1946年(昭和21年)9月に府県制および東京都制が改正され(「府県制」は「道府県制」と改称)、従来、いわゆる官選であった地方長官(府県知事・北海道庁長官・東京都長官)を住民の直接投票によって選挙する公選制が導入された。1947年(昭和22年)の日本国憲法施行を前に同年4月に行われた最初の知事公選はこの改正された道府県制および東京都制によるものである[注 1]5月3日、日本国憲法とともに地方自治法が施行されると、4月に公選された地方長官はそのまま地方自治法による都道府県知事に移行した。

地位と職務[編集]

都道府県知事は、都道府県を統括し、これを代表する(第147条独任制執行機関であり、地方公務員法の適用がない特別職地方公務員である。

日本国憲法下では「地方公共団体の長」であるが、議決機関である地方議会の議員と同様に、住民の直接選挙によって公選される。それゆえ、知事と議会は対等の関係にある。

被選挙権[編集]

以下のすべての要件を満たしている者は、都道府県知事の被選挙権を有する(第19条第2項)。

  • 日本国民
  • 年齢満30年以上

都道府県知事の被選挙権については、地方議会議員のそれとは異なり、当該都道府県に住所を有していることは要件とはされない。これは、当該普通地方公共団体の住民以外からも広く有為な人材を求めるためである。

任期[編集]

任期は4年(第140条)。地方公共団体の長の任期は選挙の日から起算する(公職選挙法第259条本文)。ただし、任期満了による選挙が地方公共団体の長の任期満了の日前に行われた場合において、前任の長が任期満了の日まで在任したときは前任者の任期満了の日の翌日から、選挙の期日後に前任の長が欠けたときはその欠けた日の翌日から、それぞれ起算する(公職選挙法第259条但書)。地方公共団体の長の職の退職を申し出た者が当該退職の申立てがあったことにより告示された地方公共団体の長の選挙において当選人となったときは、その者の任期については当該退職の申立て及び当該退職の申立てがあったことにより告示された選挙がなかったものとみなして公職選挙法第259条の規定が適用される(公職選挙法第259条の2)。

なお、住民の直接請求の制度として解職請求リコール)の制度があり、4年の期間満了前に都道府県知事の地位を失うことがある。

兼職禁止[編集]

都道府県知事は、衆議院議員又は参議院議員と兼ねることができない。また、地方公共団体の議会の議員並びに常勤の職員及び短時間勤務職員と兼ねることができない(第141条)。

よって、知事が国会議員選挙に出馬する場合や、逆に、国会議員が知事選挙に出馬する場合は、まず、辞職をしてから立候補する必要がある。辞職せずに立候補したときは立候補の届け出をもって辞職したとみなされる。

なお知事が国務大臣と兼任することについては明確に禁ずる規定は存しないが[2]、内閣は「兼任を禁止する明文の規定はないが、知事と国務大臣の双方に職務専念義務が課せられている職責の重大さから、知事と国務大臣の兼任は考えられない」と答弁している[3]

兼業禁止[編集]

都道府県知事は、

  • 当該普通地方公共団体に対し請負をする者及びその支配人

又は

  • 主として同一の行為をする法人の無限責任社員、取締役執行役若しくは監査役若しくはこれらに準ずべき者、支配人及び清算人

たることができない(第142条)。

ただし、法人について、当該普通地方公共団体が資本金の2分の1以上を出資するものを除く。

これは、地方公共団体と請負関係にある法人の中には、地方公共団体が主体となって設立し、本来当該地方公共団体が主体となって行う事業を当該地方公共団体にかわって運営しているものがあるという実態にかんがみて認められているものである。

このような場合においては、知事を代表者などとして置くことにより、当該法人の対外的な信用を高めることができる・当該法人に地方公共団体の意向をより反映させることができると考えられている。

権限の強さ[編集]

地方自治法は首長制(大統領制)を採用しており、知事と都道府県議会との関係についても大統領制下における大統領の権限に類似しているが、一部議院内閣制的な要素もみられる。[疑問点 ]特徴的な権限は以下のとおりである。

議会を解散する権限
議会が知事の不信任の議決をした場合および不信任の議決をしたと見なせる場合にはその通知を受けて10日以内に議会を解散する権限を有する[4]
条例案に対する拒否権
議会が議決した条例や予算について再議に付す権限を有する。ただし、議会が3分の2以上の多数で再可決をすればその議決が確定する。
予算の調製と執行
予算を調製して議会に提出する権限を有する。議会には予算の増額修正権が認められているが、長の予算案提出権限を侵すような修正はできない。国家予算の場合、国会は自由に増額・減額修正を加えることができる(ただし、実例はない)。過去にはこの権限をフル活用して、国のダム建設[要出典]や大規模博覧会の中止など大胆な行動に出た知事もいる。
人事権
行政委員会職員などを除く知事部局職員の人事権を自由に行使する権限を有する。一部の行政委員会については委員の任命権を持ち、政治的影響力の行使が可能。
地方税の賦課
議会の議決と総務大臣の同意を取り付ければ新たな租税(地方税)を創設することができる。例えば、石原慎太郎東京都知事が作り出したホテル税や三重県の産業廃棄物税がこれに当たる。
専決処分権限
議会を招集する時間的余裕がないと認められる場合など、独自の判断で条例を制定することができる。ただし次の議会で承認を求めなければならない場合もある。詳細
  • 予算の調製・執行
  • 議案の提案
  • 地方税の賦課徴収、分担金・使用料・加入金、または手数料の徴収、過料を科すること
  • 決算を普通地方公共団体の議会の認定に付すること
  • 会計の監督
  • 財産の取得・管理・処分
  • 公の施設の設置・管理・廃止(第149条
  • 規則制定権(第15条第1項)
  • 補助機関たる職員の指揮監督権(第154条
  • 当該普通地方公共団体の区域内の公共的団体等についての指揮監督権(第157条
  • 支庁・地方事務所、保健所・警察署その他の行政機関及びその他必要な内部組織に係る設置権限
  • 組織に関する総合調整権

なお、普通地方公共団体の事務を執行することは、一般に長の権限に属するものとされる(第149条第9号)ことから、明文により他の執行機関の権限に属するとされる事務以外は長の権限であると推定される。

機関委任事務について[編集]

従来は知事が行政機関として主務大臣の指揮監督を受けながら国の事務を執行する機関委任事務という制度があったが、明治以来の中央集権体制を払拭し地方分権を推進する第一歩として2000年平成12年)4月1日に廃止された。

知事賞[編集]

各都道府県知事の名で授与される賞。各都道府県で開催される文化的なコンクールの上位入賞者や、各都道府県で顕著な功績を挙げたに者に対して知事賞が贈られている。

問題点[編集]

知事賞における行政の実体の欠如と、それを突いた不正利用などの問題点が明らかになった事例がある。書道中心の公募展の「全日展」において、少なくとも2011年(平成23年)から2013年(平成25年)にかけて、知事賞が与えられた少なからぬ作品(3年間で23県の計48点)は、主催者が偽名で出品していたものだった。実際には県は審査には関わらず、主催者が賞を求めた作品をほぼそのまま承認していた[注 2]。信用の理由として、全日展に内閣総理大臣賞が与えられていた事を挙げた県もある[注 3]。知事賞を出す主要な基準である場合もあり、主催者は応募者数を行政に報告する必要があったが、全日展の不正においては、主催者は応募者数も多く偽っていた。

背景には、行政側(の文化担当部局)としては、予算を獲得する必要もなく文化への貢献、振興をアピールできる事が指摘されている。知事賞は公募展側の言うがままに乱発されてきたとも言われる。全日展の主催者側としては営利目的、すなわち賞が多いとその権威で出品者数が増える事で、出品者が主催者に払う手数料を増やすためと言われる[5]

記録[編集]

最多当選知事[編集]

8選

  • 中西陽一石川県知事
  • 奥田良三奈良県知事
  • 現職では橋本昌茨城県知事、谷本正憲石川県知事が6選(2014年3月16日現在)

最長在任知事[編集]

31年間

  • 中西陽一石川県知事
  • 現職では橋本昌茨城県知事(1993年9月26日 - 、2013年1月1日現在)

最短在任知事[編集]

※現職知事は含まない。

  • 加納久朗千葉県知事(111日間、逝去によるものとして)
  • 館哲二富山県知事(211日間、辞任(公職追放)によるものとして)
  • 大田正徳島県知事(338日間、不信任案可決・失職に伴う出直し選挙における落選によるものとして)
  • 猪瀬直樹東京都知事(372日間、辞任(公職追放以外)によるものとして)

最年長在任公選知事[編集]

88歳

最年少就任公選知事[編集]

35歳5ヶ月

女性知事[編集]

親族関係にある知事[編集]

  • 父・天野久山梨県知事、子・天野建山梨県知事(父子2代・24年間の空白期間あり)
  • 祖父・大原博夫広島県知事、孫・藤田雄山広島県知事(大原の娘が藤田の母・31年間の空白期間あり)

現任都道府県知事の一覧[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお、内務省は官選の地方長官が在職のまま公選に立候補することを望ましくないとする見解を示しており、このため官選の地方長官の中には一旦辞職して最初の知事公選に臨む者があった。また、これとは別に地方長官を辞任して国政に転じる者も相次ぎ、1947年(昭和22年)3月から4月にかけて地方長官の交代が行われて在任期間が30日から40日余りの「最後の地方長官(官選知事)」が相次いで誕生した。
  2. ^ 主催者は自治体に受賞者の住所を提出する必要があったが、本人確認を避けるために適当な住所を途中まで書いたもので、ごまかす事ができた[5]
  3. ^ 全日展では、知事賞以外にも内閣総理大臣賞文部科学大臣賞外務大臣賞が出されてきた。それらについての不正の有無は不明。

出典[編集]

  1. ^ 古川隆久『昭和戦中期の議会と行政』(吉川弘文館、2005年)、p196
  2. ^ 都道府県知事と国務大臣の兼任の可否に関する質問主意書
  3. ^ 衆議院議員荒井聰君提出都道府県知事と国務大臣の兼任の可否に関する質問に対する答弁書
  4. ^ 地方自治法第177条第1項および同条第2項により、「非常の災害による応急若しくは復旧の施設のために必要な経費又は感染症予防のために必要な経費」を議会が削除し又は減額する議決をしたときは知事は理由を示してこれを再議に付さなければならず、再議に付してもなお議会が当該経費を削除し又は減額する議決をしたときは知事は地方自治法第177条第4項によりその議決を不信任の議決と見なすことができる。不信任の議決と見なす場合には知事は議会から予算の送付を受けてから10日以内に議会を解散する(全国都道府県議会議長会事務局内地方議会議員大事典編纂委員会『地方議会議員大事典』第一法規出版p280)。なお、要件を満たさない知事の議会解散権の行使は無効とされ(仙台高裁昭和23年10月25日判決(『地方議会議員大事典』p542))、内閣が衆議院を任意に解散できるのとは異なり知事が任意に議会を解散することはできない。
  5. ^ a b “「全日展」書道部門 / 23県 架空人物に知事賞”. 朝日新聞. (2014年2月15日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]