大井川和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大井川和彥
おおいがわ かずひこ
生年月日 (1964-04-03) 1964年4月3日(54歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県土浦市
出身校 東京大学法学部
ワシントン大学ロースクール
前職 株式会社ドワンゴ取締役
所属政党 無所属
称号 法学修士
公式サイト 知事の部屋 茨城県

茨城県の旗 公選第19代 茨城県知事
当選回数 1回
在任期間 2017年9月26日 - 現職
テンプレートを表示

大井川 和彦(おおいがわ かずひこ、1964年4月3日 - )は、日本政治家、元経産官僚茨城県知事(1期)。

経歴[編集]

茨城県土浦市生まれ。土浦市立真鍋小学校に入学後、父親の転勤のため日立市立宮田小学校に転校。茨城大学教育学部附属中学校茨城県立水戸第一高等学校卒業。1988年3月東京大学法学部卒業。同年4月、通商産業省に入省[1]

1996年ワシントン大学ロースクールを卒業。1998年、通産省の初代シンガポール事務所長に就任[1]

経済産業省を退職後、2003年マイクロソフトアジアに入社。執行役員を務める。2010年シスコシステムズの専務執行役員パブリックセクター事業担当に就任。2016年ニコニコ動画の運営会社であるドワンゴの取締役に就任[1]。また、学校法人角川ドワンゴ学園が同年4月に開校したN高等学校の理事にも就任した[2]

2017年茨城県知事選挙[編集]

2016年12月4日、翌年に任期満了を迎える茨城県知事選挙につき、自民党県連が大井川を擁立する方向でいることを明らかにした[3]2017年3月1日、出馬する考えを正式に表明。

同年8月10日に知事選が告示。自民党と公明党の推薦を受けて立候補。7選に挑む現職の橋本昌には茨城県市長会、茨城県町村会、連合茨城、茨城県医師連盟などの団体が推薦を出したため、保守分裂選挙となった[4][5][6]東海第二原子力発電所の再稼働の是非が争点となった選挙において、大井川は「賛成でも反対でもない」という曖昧なスタンスに終始した[7][8]8月27日、投開票が行われ、橋本と、動物愛護団体理事長 鶴田真子美の2候補を破り、初当選した[9]

2017年9月26日茨城県知事に就任。6期務めた橋本昌から、24年ぶりに新知事へとなった[10]

茨城県知事は、戦後の、友末から橋本までの公選18代知事は、わずか4人が務めており、そのうち3人は、40歳代での初当選(友末が46歳、岩上が45歳、橋本が47歳)であり、大井川の初当選時の年齢53歳は、竹内の57歳に次ぐ高齢での初当選となる。

また、広島県出身の友末を除く、岩上・竹内・橋本・大井川の直近4代の茨城県知事は、茨城県出身や茨城県内の中学・高等学校の卒業であるなど、その出自が茨城県に縁のある人物が県知事になることになった。

竹内・橋本・大井川の直近3代は 東京帝国大学法学部・東京大学法学部の卒業であり、また、橋本・大井川は 茨城県立水戸第一高等学校卒業で、橋本と高校・大学が先輩・後輩の関係となる。官僚出身である点も、橋本と共通している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b c プロフィール | 大井川かずひこ(大井川和彦)WEB SITE
  2. ^ 学校法人概要 | N高等学校(通信制高校 広域・単位制)
  3. ^ “「ドワンゴ」取締役・大井川和彦氏、茨城知事選に擁立へ 自民県連が最終調整…元経産官僚の顔も”. 産経新聞. (2016年12月4日). http://www.sankei.com/politics/news/161204/plt1612040020-n1.html 2017年8月29日閲覧。 
  4. ^ “茨城知事選、橋本氏に推薦状続々 県町村会、県医師連盟など”. 産経新聞. (2017年4月28日). http://www.sankei.com/region/news/170428/rgn1704280027-n1.html 2017年8月29日閲覧。 
  5. ^ “連合茨城が橋本氏推薦 県政を評価”. 東京新聞. (2017年6月16日). http://www.sankei.com/region/news/170616/rgn1706160031-n1.html 2017年8月29日閲覧。 
  6. ^ “県市長会、橋本氏に推薦状 公務で多忙…特別な追い風? 大井川氏は知名度向上へ奔走”. 産経新聞. (2017年5月11日). http://www.sankei.com/region/news/170511/rgn1705110063-n1.html 2017年8月29日閲覧。 
  7. ^ “知事選 公明が大井川さん推薦 「勢いあるうちバトンを」”. 東京新聞. (2017年7月19日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201707/CK2017071902000156.html 2017年8月29日閲覧。 
  8. ^ “知事選 候補者アンケート(下)”. 東京新聞. (2017年8月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201708/CK2017081702000182.html 2017年9月13日閲覧。 
  9. ^ “【大井川県政へ 刷新の選択】(上)茨城県政史上最悪の泥仕合”. 産経新聞. (2017年8月29日). http://www.sankei.com/politics/news/170829/plt1708290026-n1.html 2017年8月29日閲覧。 
  10. ^ “大井川県政スタート 初登庁 「挑戦する茨城に」”. 茨城新聞. (2017年9月27日). http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15064191473038 2017年9月27日閲覧。 

外部リンク[編集]