大井川和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大井川和彥
おおいがわ かずひこ
生年月日 (1964-04-03) 1964年4月3日(54歳)
出生地 日本の旗 茨城県土浦市
出身校 東京大学法学部
ワシントン大学ロースクール
前職 国家公務員経済産業省
ドワンゴ取締役
所属政党 無所属
称号 法学士
法学修士
公式サイト 大井川かずひこ(大井川和彦)WEB SITE

茨城県の旗 公選第19代 茨城県知事
当選回数 1回
在任期間 2017年9月26日 - 現職
テンプレートを表示

大井川 和彦(おおいがわ かずひこ、1964年4月3日 - )は、日本政治家経産官僚茨城県知事(公選第19代)。

来歴[編集]

茨城県土浦市生まれ[1]土浦市立真鍋小学校に入学後、父親の転勤のため、日立市立宮田小学校に転校した。日立市立宮田小学校、茨城大学教育学部附属中学校茨城県立水戸第一高等学校東京大学法学部卒業[1]1988年通商産業省(現経済産業省)入省[1]1996年ワシントン大学ロースクール修了[1]1998年、通商産業省の初代シンガポール事務所長に就任[1]

2003年、経済産業省を退官し、同年よりマイクロソフトアジア執行役員[1]。マイクロソフト執行役常務を経て、2010年よりシスコシステムズ専務執行役員[1]2016年ニコニコ動画の運営会社であるドワンゴの取締役に就任した[1]

2017年茨城県知事選挙[編集]

2016年12月、翌年に施行される茨城県知事選挙への立候補に向け、自由民主党茨城県連が大井川を擁立する方向で最終調整を進めていることが報道された[2]2017年3月1日水戸市内で記者会見を開き、正式に茨城県知事選への立候補を表明した[3]。大井川の出馬検討が報じられた段階では、現職の橋本昌は自身の進退を明らかにしていなかったが、4月5日に橋本知事も出馬を表明[4]7月19日公明党からも推薦を受けたが[5]、対する橋本知事は茨城県市長会や茨城県町村会、連合茨城、茨城県医師連盟、茨城県歯科医師連盟等から推薦を受けた[6][7]。なお、連合茨城には大井川も推薦依頼を出していたが、連合茨城は大井川を推薦せず、橋本知事を推薦した[8]

告示日の8月10日日本原子力発電東海第二発電所の再稼働の是非について、明確な見解を示してこなかった橋本知事が突如、「認めない方向にかじを切りたい」と表明[9]。これに対し、大井川は「賛成でも反対でもない」という曖昧なスタンスに終始し、再稼働の是非を明確に示さなかった[10]。公約では「新しい茨城」を掲げ、多選禁止条例の制定や18歳までの一部医療費の無料化、つくばエクスプレスの県内区間の延伸検討等を主張した[11]

8月27日に投開票が行われ、大井川が橋本知事ら2候補を破り、初当選した[12]。知事選で、新人が現職の知事を破って当選するのは58年ぶり[11]。当選後の会見で、記者から「自民党の傀儡知事になるのではといわれたが」と質問されたのに対し、色をなして「何をもって傀儡というのか。今までの橋本県政もほとんど自民党が支持してやってきたが、橋本県政は傀儡だったのか」「非常に愚問だ」などと反論した[13]9月26日、茨城県庁に初登庁し、正式に茨城県知事に就任した。茨城県知事の交代は1993年の橋本知事の初当選以来、24年ぶり[14]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j プロフィール│大井川かずひこ(大井川和彦)WEB SITE
  2. ^ “「ドワンゴ」取締役・大井川和彦氏、茨城知事選に擁立へ 自民県連が最終調整…元経産官僚の顔も”. 産経新聞. (2016年12月4日). http://www.sankei.com/politics/news/161204/plt1612040020-n1.html 2018年9月17日閲覧。 
  3. ^ “茨城知事選、大井川氏が立候補表明 橋本氏出馬は「望むところ」”. 産経新聞. (2017年3月2日). https://www.sankei.com/region/news/170302/rgn1703020022-n1.html 2018年9月17日閲覧。 
  4. ^ “茨城知事選:橋本氏が7選目指し出馬表明”. 毎日新聞. (2017年4月5日). https://mainichi.jp/articles/20170405/k00/00e/010/297000c 2018年9月17日閲覧。 
  5. ^ “茨城知事選'17:公明、大井川氏推薦 自民との連携を優先/茨城”. 毎日新聞. (2017年7月19日). https://mainichi.jp/articles/20170719/ddl/k08/010/136000c 2018年9月17日閲覧。 
  6. ^ “茨城知事選:選挙戦スタート 現新3氏が立候補”. 毎日新聞. (2017年8月10日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170810/k00/00e/010/245000c 2018年9月17日閲覧。 
  7. ^ “茨城知事選、橋本氏に推薦状続々 県町村会、県医師連盟など”. 産経新聞. (2017年4月28日). https://www.sankei.com/region/news/170428/rgn1704280027-n1.html 2018年9月17日閲覧。 
  8. ^ “連合茨城が橋本氏推薦 県政を評価”. 産経新聞. (2017年6月16日). http://www.sankei.com/region/news/170616/rgn1706160031-n1.html 2018年9月17日閲覧。 
  9. ^ “茨城知事選:現職の「再稼働NO」に波紋”. 毎日新聞. (2017年8月15日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170815/k00/00m/010/116000c 2018年9月17日閲覧。 
  10. ^ “知事選 候補者アンケート(下)”. 東京新聞. (2017年8月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201708/CK2017081702000182.html 2017年9月13日閲覧。 
  11. ^ a b “知事に大井川氏 刷新訴え初当選 橋本氏の7選阻む”. 茨城新聞. (2017年8月28日). https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15038318846602 2018年9月17日閲覧。 
  12. ^ “【茨城県知事選】自公推薦新人の大井川和彦氏が初当選 現職の7選阻む”. 産経新聞. (2017年6月16日). http://www.sankei.com/politics/news/170827/plt1708270019-n1.html 2018年9月17日閲覧。 
  13. ^ “【ニュースの深層】「自民傀儡」か「物言う知事」か 茨城・大井川和彦県政が26日スタート”. 産経新聞. (2017年9月23日). https://www.sankei.com/premium/news/170923/prm1709230007-n1.html 2018年9月17日閲覧。 
  14. ^ “大井川県政スタート 初登庁 「挑戦する茨城に」”. 茨城新聞. (2017年9月27日). http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15064191473038 2017年9月27日閲覧。 

外部リンク[編集]