大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大統領(だいとうりょう、: President: 総統)は、共和国元首、もしくは政府の長の呼称の一つ。国民の直接選挙によって選出される場合が多いが、イタリアのように議会から選出される場合もある。

国によって、正式には共和国大統領連邦大統領と称することもある。

名称[編集]

英語president (大統領の場合語頭は大文字)は、ラテン語動詞で「前に座る」「主宰する」などを意味していたpraesidereに由来している。役職名としては元来は「議長」の意味で用いられていたが、後に、大学の総長や共和国の元首、その他様々な団体の長の役職名として用いられるようになった。中国語の総統President と同じく、支配や総括を意味する語である。

アメリカ合衆国の建国時に、国家元首の呼称として権威的な響きのない語を求めて、史上初めて採用した。後に生まれたヨーロッパ系の諸共和国においても、アメリカ合衆国に倣ってこれと同系統の自国語を国家元首の呼称に採用した。また、非欧州文化圏の国家において共和制を施行した時には "President" の自国語訳を、国家元首の呼称とした。

各国の制度[編集]

大統領制
大統領が議会に対して依存せずに、行政の任を負う体制。アメリカ、大韓民国など。
象徴儀礼的な役目のみの大統領
大統領は象徴、儀礼的な役目を果たすのみで、実際の行政は議会が選出した首相が行っている場合は議院内閣制に分類される。ドイツイタリアイスラエルインドなど。
半大統領制
儀礼的な役目だけではなく実質的な権限を持った大統領と、立法府に責任を負う行政府(内閣)の長たる首相と、双方が存在し、共に行政の機能を有する体制。フランスロシアなど。
国家主席
社会主義国家の元首職。中華人民共和国金日成在世中の朝鮮民主主義人民共和国[1]ベトナム社会主義共和国ラオス人民民主共和国で国家主席制を採用しており、上記4か国の政府は、国家主席の英語での表記としてPresidentを使用している。中国の場合、この4か国の元首を国家主席と表記するものの、その他の共和制国家の元首は総統と表記している。ただし、国家主席にせよ総統にせよ、いずれも英語での表記はPresidentである。ベトナムではかつて漢字を使用していたため、元首職の漢字表記として主席を充てる。なお、ベトナムおよびラオスのPresidentについて、日本では「大統領」と訳す場合もあるが、日本国外務省は「国家主席」と訳している。
中華民国総統
中国語では、President総統と翻訳表記し、中華民国台湾)の大統領は、総統と表記される。日本国においても、中華民国総統に関しては大統領ではなく、慣例的に中国語表記の総統を用いている。ただし、日本国が中華民国を承認していた1975年以前の外交文書では、大統領と表記していた事例もある。中華民国総統は、1996年以前が寡頭政治の元首、1996年以後が民主政治の元首である。
行政の長でありながら国家元首ではない大統領
イランの大統領イラン)は、国家元首としての権能は持たず、単に行政の長としての役割のみであり、アメリカのように軍隊の指揮権は無い。元首、政府の長、軍隊の最高指揮権は宗教上のトップであるイランの最高指導者が持つため、大統領は事実上、超然主義首相のような役割である。ただ、最高指導者は宗教上の地位であるため、対外的に国家を代表する場合には大統領がその機能を果たしている。

各国の名称[編集]

語法・用法としての大統領[編集]

大統領とは、国家元首のことを一般的には指す。しかし、会話において相手を持ち上げる目的で用いる場合もある。芝居の掛け声で「よっ、大統領!」などと、「大統領」が「立役者」の意味で使われる。

脚注[編集]

  1. ^ 1994年の金日成の死後、同国の国家主席は空席となり、1998年の憲法改正で国家主席制は廃止された。ただし、1998年憲法では金日成を「永遠の主席」としている。

関連項目[編集]