大田正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大田 正(おおた ただし、1943年昭和18年)8月10日 - )は、日本政治家。前徳島県知事徳島県立池田高等学校卒業。徳島県三好市出身。

経歴[編集]

徳島県三好市生まれ。徳島県立池田高等学校祖谷分校卒業後、日本専売公社職員、北島町議(4期)、徳島県労評青年部長、日本社会党徳島県本部書記次長、社民党徳島県連合幹事長、徳島県議(4期)を務める。

前知事の圓藤寿穂が収賄で逮捕され辞職したのに伴う2002年4月28日の知事選で、吉野川可動堰の完全中止を掲げて無所属(民主党日本共産党・社民党推薦)で立候補。元大塚製薬徳島板野工場長の河内順子(自由民主党自由党支持)、元ゴールドマン・サックス・アセット・マネージメント・ジャパン・リミテッド社長の山崎養世(無党派)を破り初当選。従来、徳島は自民党の勢力基盤が強い「保守王国」の1つとされており、民主・共産・社民の推薦を受けた大田の当選は異例とも言える出来事であった。

2003年3月31日、県政野党の自民・公明両党から「公約の後退」や「県政の混乱」などと批判され、議員任期満了直前の県議会において賛成33票反対9票で不信任決議が可決され失職。出直し知事選に立候補したが、自民公明推薦の飯泉嘉門に敗れ落選した。

参考文献[編集]