山縣伊三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山縣 伊三郎
Isaburo Yamagata.JPG
山縣伊三郎(『映像が語る日韓併合史』より
生年月日 1858年2月6日
出生地 日本の旗 日本
没年月日 (1927-09-24) 1927年9月24日(満69歳没)
死没地 日本の旗 日本
親族 山縣有朋(叔父・義父)

内閣 第1次西園寺内閣
在任期間 1906年 - 1908年
テンプレートを表示

山縣 伊三郎(やまがた いさぶろう、1858年2月6日安政4年12月23日) - 1927年昭和2年)9月24日)は、日本官僚元老山縣有朋養子公爵を継いだ。旧姓は勝津。妻は加藤弘之の娘の隆子。息子は有道三郎と養子の有光

略歴[編集]

勝津兼亮山縣有朋の姉・壽子の間に次男として生まれる。明治維新の立役者の一人であった山縣有朋には山縣家を継ぐべき子供がいなかったため、甥である伊三郎を養子とした。

ドイツ留学後、内務官僚として徳島三重県知事、地方局長、内務次官などを歴任した。1906年第1次西園寺内閣逓信大臣として入閣。1908年7月7日、逓相辞任後貴族院議員に勅選[1]1910年には韓国副統監となり、韓国併合後は朝鮮総督府政務総監となり、中枢院議長も務めた。原敬首相により三・一独立運動後の文官朝鮮総督に擬せられたこともある(実際には海軍大将斎藤実が就任)。1922年枢密顧問官1925年に答礼使として仏領インドシナに派遣された。山縣公爵家は息子の山縣有道が継いだ。有道は宮中に仕えて侍従や式部官を務めた。養子の山縣有光は分家として山縣男爵家をたてた。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

逸話[編集]

1996年からJR九州肥薩線を走っている観光列車「いさぶろう」号は、伊三郎に由来する。伊三郎の逓相在任中に肥薩線が建設され、矢岳第一トンネルの扁額に伊三郎の揮毫が残っていることから命名された(当時鉄道逓信省の管轄だった)。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7509号、明治41年7月8日。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 山県伊三郎』 アジア歴史資料センター Ref.A06051176600 
  3. ^ 『官報』第2020号「叙任及辞令」1890年3月28日。
  4. ^ 『官報』第5393号「叙任及辞令」1895年6月22日。
  5. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  7. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  8. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  9. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  10. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。


公職
先代:
(韓国併合)
日本の旗 朝鮮総督府政務総監
初代:1910 - 1919
次代:
水野錬太郎
先代:
曾禰荒助
日本の旗 韓国統監府副統監
第2代:1910
次代:
(韓国併合)
先代:
大浦兼武
日本の旗 逓信大臣
第15代:1906 - 1908
次代:
原敬
先代:
大森鍾一
日本の旗 内務総務長官・次官
第13代:1902 - 1906
次代:
吉原三郎