小幡豊治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小幡豊治

小幡 豊治(おばた とよじ、1880年1月4日 - 1961年7月30日[1])は、日本の内務官僚検察官弁護士政友会県知事

経歴[編集]

千葉県出身。小幡締次郎の三男として生まれる。1905年東京帝国大学法科大学法律学科を卒業。司法省に入り、千葉地方裁判所津地方裁判所名古屋地方裁判所浦和地方裁判所東京地方裁判所などの検事を歴任。

1917年1月、内務省に転じ警視庁保安部長に就任[2]。以後、愛知県大阪府の各内務部長などを歴任。

1922年10月、高知県知事に就任。さらに、鹿児島県知事、徳島県知事を務める。1926年9月28日に知事を休職[3]1927年9月、愛知県知事となり、1929年7月まで在任。1931年12月、犬養内閣成立により新潟県知事に登用され、1932年6月28日、知事を依願免本官となり退官した[4]

その後、東京で弁護士となり、豆陽金属工業株式会社監査役などを務めた。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1961年7月30日『朝日新聞』(東京本社発行)夕刊、5面の訃報より。
  2. ^ 『官報』第1329号、大正6年1月10日。
  3. ^ 『官報』第4230号、大正15年9月29日。
  4. ^ 『官報』第1648号、昭和7年6月29日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。