橋本正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
橋本正治
橋本正治

橋本 正治(はしもと まさはる[1]1873年 - 1956年10月8日)は、日本内務官僚政治家北海道札幌市長山口県知事鹿児島県知事呉市長[1]、札幌観光協会長[2]。札幌市栄誉市民。旧姓・吉田。

来歴・人物[編集]

福井県出身。吉田伝七の二男として生まれ、のち橋本久と結婚し橋本と改姓[1]東京帝国大学を卒業。高等文官試験に合格して内務省に入省。北海道勧業部長、山口県知事、鹿児島県知事などを経て1927年、札幌市長に就任。1937年、札幌市長を退任した。後任は三沢寛一

市長在任中は上下水道事業の推進[3]札幌市営バスの運行開始などを行った。藻岩に彫像がある。

ほかに、札幌観光協会の会長(初代)、札幌スキー連盟会長、札幌市防護団長などを務めた。

大倉山ジャンプ競技場の名付け親としても知られる。

略歴[編集]

  • 1917年 - 1921年 鹿児島県知事
  • 1921年 - 1924年 山口県知事
  • 1925年 - 1927年 呉市長
  • 1927年 - 1937年 札幌市長

参考文献[編集]

  • 「札幌百年の人びと」
  • 「札幌市史」
  • 「新札幌市史」
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』857頁。
  2. ^ 札幌観光協会ホームページ
  3. ^ 札幌市公式ホームページ 水道のあゆみ

関連項目[編集]