伊集院兼善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊集院 兼善(いじゅういん かねよし、1817年文化14年) - 1883年明治16年)3月5日[1])は、幕末薩摩藩士、明治期の内務官僚県令

経歴[編集]

薩摩藩士・伊集院作平次の三男として生まれる[2]

明治5年(1872年)頃、出納大属となる。1874年鳥取県権参事に転じ、参事に昇格。1876年高知県参事に転じ、さらに大書記官となる。1878年、内務少書記官に転じ社寺局で勤務した[1]

1882年11月、高知県令に就任。前任の田辺輝実とは異なり、自由党の関係者を県庁、学校から排除し、県政に混乱をもたらした[2][3]。1883年3月、在任中に死去。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『明治過去帳』新訂初版、171頁。
  2. ^ a b 『高知県人名事典 新版』46頁。
  3. ^ 『新編日本の歴代知事』938頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『高知県人名事典 新版』高知新聞社、1999年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』上巻、新人物往来社、2010年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。