久保豊四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

久保 豊四郎(くぼ とよしろう、1882年明治15年)2月[1] - 没年不詳)は、日本の内務警察官僚。官選県知事

経歴[編集]

富山県出身。久保理平の息子として生まれる[2]第四高等学校を卒業[3]1908年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。内閣属となり統計局に配属[4]1910年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1911年内務省に転じ長崎県属となる[3]

以後、長崎県事務官補、静岡県理事官視学官福岡県理事官・視学官、愛知県事務官茨城県警察部長、関東庁参事官などを歴任。1922年、欧米各国に出張。1923年に帰国し関東庁事務官を兼任。さらに同庁警務局長を務めた[1][5]

1928年5月11日、鳥取県知事に就任。特定の政党に偏らない行政を行い信頼された。緊縮財政を実行し経費の節減に務めた[6]1930年8月26日、岩手県知事に転任。不況対策に尽力し、失業救済農山漁村臨時対策低利資金貸付規則を制定した[5]1931年12月18日に知事を依願免本官となり退官した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』第9版、ク13-14頁。
  2. ^ 『人事興信録』第7版、く6頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』196頁。
  4. ^ 「久保豊四郎任内閣属統計局勤務ヲ命スルノ件」
  5. ^ a b 『新編日本の歴代知事』128頁。
  6. ^ 『新編日本の歴代知事』766頁。
  7. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第9版、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。
  • 内閣「久保豊四郎任内閣属統計局勤務ヲ命スルノ件」明治41年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-019-00・任B00530100