大久保利武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大久保利武

大久保 利武(おおくぼ としたけ、慶応元年4月13日1865年5月7日) - 昭和18年(1943年7月13日)は、明治時代の内務官僚貴族院議員日本赤十字社常議員。位階勲等爵位正二位勲一等侯爵

略歴[編集]

慶応元年、薩摩国鹿児島城新照院通町大久保利通満寿子の三男として生まれる(幼名三熊)。1887年(明治20年)、第一高等中学校を卒業後、アメリカ合衆国に留学し、イェール大学を卒業。さらにドイツに留学し、ハレ大学ハイデルベルク大学ベルリン大学で学ぶ。

1894年(明治27年)に帰国。日清戦争大本営付通訳官を務め、その後、台湾総督秘書官に就任。1896年(明治29年)9月、内務省に入省し内務大臣秘書官に就任。さらに内務省監獄局長を務める。

1900年(明治33年)1月、鳥取県知事となる。以後、大分県埼玉県の各知事を歴任。1907年(明治40年)12月、農商務省商工局長となり、さらに商務局長を務めた。1912年(大正元年)12月、大阪府知事に就任。1917年(大正6年)12月、大阪府知事を退任後、貴族院勅選議員に任じられ研究会に属した。1922年(大正11年)2月13日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[1]

継嗣がいなかった兄・利和の養子となり、1928年(昭和3年)6月5日、利和の隠居に伴い家督を相続し、6月15日には侯爵を継承し貴族院侯爵議員に就任。その他、維新史料編纂会委員、日本赤十字社理事などを務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2858号、大正11年2月14日。
  2. ^ 『官報』第8142号「叙任及辞令」1910年8月11日。
  3. ^ 『官報』第3861号「叙任及辞令」1896年5月15日。
  4. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  5. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  6. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。

外部リンク[編集]

ウィキソースには、日本赤十字社録事(1920年6月26日官報)の原文があります。

日本の爵位
先代:
大久保利和
侯爵
大久保家第2代
1928年 - 1943年
次代:
大久保利謙