泊武治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

泊 武治(とまり たけじ、1889年明治22年)3月[1] - 没年不詳)は、日本の内務警察官僚。官選高知県知事陸軍司政長官

経歴[編集]

石川県出身。泊宗平の五男として生まれる[1]第四高等学校を卒業[2]1914年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1915年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業[1][2]三井鉱山を経て、1916年内務省に入省し北海道庁属となる[2]

以後、北海道庁警視警視庁警視、同理事官島根県書記官警察部長、徳島県書記官・警察部長、長野県書記官・警察部長、和歌山県書記官・内務部長、京都府書記官・警察部長、同内務部長、大阪府内務部長、北海道庁土木部長などを歴任[1][3]

1935年1月15日、高知県知事に就任。産業振興に尽力[3]1936年10月16日、台湾総督府交通局総長へ転任[4]1940年12月3日、依願免本官となり退官した[5]

1942年2月、陸軍省嘱託となり[6]、同月6日、香港占領地総督部総務長官に就任[7]。同年6月6日、陸軍司政長官に発令された[8]1944年8月1日、香港占領地総督部総務長官を退任[7]。同年9月9日、陸軍司政長官を依願免本官となった[9]

戦後公職追放となる[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『人事興信録』第14版 下、ト41頁。
  2. ^ a b c d 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』212頁。
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』951頁。
  4. ^ 『官報』第2940号、昭和11年10月19日。
  5. ^ 『官報』第4174号、昭和15年12月4日。
  6. ^ 「陸軍省事務嘱託泊武治勅任官待遇ノ件」
  7. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』142頁。
  8. ^ 『官報』第4621号、昭和17年6月8日。
  9. ^ 『官報』第5299号、昭和19年9月11日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。
  • 内閣「陸軍省事務嘱託泊武治勅任官待遇ノ件」昭和17年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-021-00・任B03093100