石原健三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石原健三

石原 健三(いしはら けんぞう、1864年2月20日文久4年1月13日) - 1936年9月4日)は、日本の内務官僚裁判官政治家枢密顧問官貴族院議員

経歴[編集]

備前国邑久郡、後の岡山県邑久郡笠加村出身[1]。農業・石原庫平の三男として生まれる。岡山中学大学予備門を経て、1889年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。判事試補となり京橋区治安裁判所勤務となる。以後、司法省参事官試補、民事局勤務、長崎控訴院書記長、熊本地方裁判所判事などを歴任。

1892年10月、内務省に転じ、茨城県参事官、同県内務部第一課長兼第三課長、大阪府参事官、香川県警察部長、岐阜県書記官を歴任。1899年8月、内務省参事官・官房文書課長に就任し、さらに内務書記官・警保局保安課長を務めた。

1901年8月、山梨県知事に任命され、千葉県高知県静岡県愛知県神奈川県の各知事、北海道庁長官を歴任した。

1915年8月、宮内次官に就任し、1921年8月まで在任。1922年10月、貴族院勅撰議員となり、1927年5月まで務める。その後、枢密顧問官となり死去するまで在任。1930年3月、竹田宮附別当に就任している。

栄典[編集]

著訳書[編集]

著書
  • 『政治原論』博文館、1890年。
  • 『法理学』博文館、1890年。
  • 天野為之との共著『英国憲法精理』冨山房、1889年。
訳書
  • 木下新三郎との共訳、クレーン著『政治学』冨山房、1891年。

脚注[編集]

  1. ^ 『山梨百科事典』増補改訂版、57頁。
  2. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  3. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  4. ^ 『官報』第7874号「叙任及辞令」1909年9月21日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  6. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  7. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『山梨百科事典』増補改訂版、山梨日日新聞社、1989年。