安河内麻吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安河内麻吉

安河内 麻吉(やすこうち あさきち、1873年明治6年)4月15日 - 1927年昭和2年)7月15日)は、日本内務官僚

経歴[編集]

安河内甚平の次男として、福岡県糟屋郡須恵村に生まれる。号は稚杉(ちさん)。福岡県立尋常中学修猷館を経て、旧制第五高等学校一部法科を首席で卒業し、1897年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。同月、内務省に入省し、同年12月には高等文官試験行政科に合格している。

1907年8月、1912年に開催予定であった「日本大博覧会」の事務官となり、渡米するなど準備に奔走したが、この博覧会は中止となった。その後、1911年7月、官営八幡製鉄所次長、1914年4月、内務省警保局長、1915年8月、静岡県知事、1918年5月、広島県知事を経て、1919年4月18日、福岡県知事に就任する。1922年10月16日に神奈川県知事に転じる。神奈川県知事在任中には、関東大震災に遭遇しており、自身や家庭の被害には目もくれず救援活動の指揮に勤め、ほとんど寝食を忘れるような仕事ぶりであったという。

1927年4月、鈴木喜三郎内相の下、内務次官に就任するが、内務次官在職中の同年7月15日に死去。葬儀には、友人総代として同郷の金子堅太郎團琢磨が名を連ね、金子は安河内の墓碑銘を書いている。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。


公職
先代:
川崎卓吉
日本の旗 内務次官
第30代:1927年
次代:
杉山四五郎