久山秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久山 秀雄(ひさやま ひでお、1905年明治38年)1月23日 - 1971年昭和46年)8月23日[1])は、日本内務警察官僚陸軍司政官内務省警保局長。

経歴[編集]

兵庫県出身。久山春次郎の長男として生まれる。兵庫県立第二神戸中学校を経て、第一高等学校を卒業[1]1927年11月、文官高等試験行政科試験に合格[2]1923年3月、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年4月、内務省に入省し兵庫県属となり内務部地方課に配属[1]

以後、地方警視福井県警察部保安課長、青森県警察部特別高等警察課長、神奈川県警察部警務課長、内務事務官・警保局図書館勤務、山梨県書記官警察部長、内閣情報部書記官・第一課長、同第二課長兼務、警保局警務課長などを歴任[1][3]

1942年10月、陸軍司政官に発令され南方軍軍政総監部付となる。1944年に帰国し、同年8月、内務書記官・大臣官房勤務となる。以後、千葉県内政部長、情報局情報官・総裁官房審議室附、情報局文化部長、内務省調査官・地方局勤務、内閣参事官内閣官房審議室勤務、経済安定本部部員・第一部勤務、行政調査部部員、内務省調査局長などを経て、1947年6月、最後の警保局長に就任。1948年1月、総理庁内事局第一局長に転じ、以後、東京警察管区本部長、福岡警察管区本部長、国家地方警察本部付を歴任し、1952年8月に退官[1]。その後、国民協会常務理事、同事務局長、神戸発動機東京事務所顧問などを務めた[1][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本近現代人物履歴事典』423-424頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』269頁。
  3. ^ a b 『日本警察官僚総合名鑑』6頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 小山善一郎・石丸陽編『日本警察官僚総合名鑑』新時代社、2005年。