谷口留五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
谷口留五郎

谷口 留五郎(たにぐち とめごろう、1867年3月23日慶応3年2月18日) - 1942年昭和17年)3月15日)は、日本内務官僚県知事

経歴[編集]

大和国出身。谷口直満の五男として生まれる。1890年帝国大学法科大学を卒業。同年11月、高等試験に合格し、内務省試補となり総務局に配属された。以後、鳥取県長崎県東京府の各参事官秋田県福岡県神奈川県の各書記官、神奈川県事務官などを歴任。在任期間中の1899年和仏法律学校(現・法政大学)を卒業[1]

1906年7月、徳島県知事に就任。その後、岡山県知事を経て、1911年7月、鹿児島県知事となる。1914年1月の桜島大噴火の復旧に尽力した。同年4月、福岡県知事に転じ、1919年4月まで在任した。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

著書[編集]

  • 『憲法原理』博文館、1890年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『法政大学校友名鑑』1941年、p.160
  2. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  3. ^ 『官報』第8398号「叙任及辞令」1911年6月21日。
  4. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  5. ^ 『官報』第6594号「叙任及辞令」1905年6月24日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。