長延連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長延連

長 延連(ちょう えんれん、1881年8月4日 - 1944年4月21日)は、日本の内務官僚実業家。官選県知事警視総監

経歴[編集]

静岡県出身。長唯連の二男として生まれる。第一高等学校を経て、1907年京都帝国大学法科大学を卒業。文部省に入り普通学務局属となる。1908年11月、文官高等試験行政科試験に合格。文部省普通学務局第三課長を務める。

内務省に移り、香川県事務官高知県事務官・警察部長、山梨県警察部長、福岡県警察部長兼港務部長、大分県山口県京都府の各内務部長などを歴任。

1922年6月、岡山県知事に就任。以後、島根県知事、石川県知事、兵庫県知事を歴任した。1931年12月、第35代警視総監に就任したが、1932年1月、桜田門事件により罷免され退官した。

その後、東京乗合自動車社長、復興建築助成社長などを務めた。1944年4月21日死去。享年62。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。