佐藤信寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 信寛(さとう のぶひろ、文化12年12月27日1816年1月25日) - 明治33年(1900年2月15日)は、江戸時代後期の長州藩士。幼名は三郎、のち通称を寛作、を信寛と名乗る。は蝦洲。正五位。佐藤家第10代当主。

子孫に首相を務めた岸信介佐藤栄作兄弟(曾孫)、および安倍晋三がいる。

生涯[編集]

現在の山口県熊毛郡田布施町長州藩士・佐藤源右衛門(佐藤家第9代当主)の長子として生まれる。源右衛門の弟には坪井九右衛門がいる。

藩校明倫館に入り山県太華に学び、江戸にて清水赤城につき長沼流兵学を修め、吉田松陰に兵要禄を授けた。

明治の初め浜田県権知事、島根県令等を務めた。

明治11年(1878年)頃に官を退き、熊毛郡麻郷村戎ヶ下(現・田布施町)に居を定め、多くの詩編、手記を残し、余生を風月と共に送った。

満84歳で死去、田布施のひろみが丘に葬られた。

人物像[編集]

1876年11月、信寛は県令として萩の乱の首謀者前原一誠らを逮捕している[1]

曾孫にあたる栄作は自伝『今日は明日の前日』の冒頭に

私の家はもともと毛利家の家臣でに住んでいた。(中略)曽祖父は毛利家本藩の直参だったのだがあまり格の高いものではなかったようだ。しかし、いまから考えると当時の革新派で毛利藩が九州に出兵した時などはその攻撃軍に加わっている。そんなことで明治維新の後は島根県県令になった

と書いている。

長男の信彦との仲は必ずしも円満ではなく、鼓家を継いだ次男の包武を最も可愛がって、すべての資産や記念品類をこの次男に与えた。ところが鼓家の人々は田布施・佐藤家にさほど興味もなかったので、その記念品類は次々に売り払われてしまったという[2]

官職を退任後、戎ヶ下の別荘に起居し、蝦洲とした。別荘には有栖川宮熾仁親王伊藤博文らが立ち寄ったという[3]

家族・親族・家系[編集]

  • 長男・信彦
  • 二男・包武(鼓家を継ぐ:陸軍少将)
  • 三男・太郎(井上家を継ぐ:陸軍少佐)
  • 孫・佐藤松介(医師)、佐藤寛造(医師)、池上作三(医師)、茂世、さわなど
  • 曾孫・佐藤市郎(海軍軍人)、岸信介(官僚、政治家・首相)、佐藤栄作(同)、佐藤寛子(栄作の妻)
  • 玄孫・安倍洋子(岸信介の長女 安倍晋太郎に嫁する)、佐藤信二(政治家)
  • 来孫・安倍寛信(三菱商事パッケージング社長)、安倍晋三(政治家、首相)、岸信夫(政治家)
  • 昆孫・安倍寛人(寛信の子)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『正伝 佐藤栄作(上)』19頁
  2. ^ 『岸信介傳』
  3. ^ 『岸信介傳』

参考文献[編集]

  • 吉本重義 『岸信介傳』 東洋書館 1957年 20-24頁
  • 神一行 『閨閥 ―特権階級の盛衰の系譜―』角川書店 2002年 63、66-67頁

関連人物[編集]