上田正昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上田 正昭(うえだ まさあき、1927年4月29日 - 2016年3月13日[1])は、日本の歴史学者小幡神社宮司歌人京都大学名誉教授大阪女子大学名誉教授、西北大学名誉教授。勲二等瑞宝章。修交勲章崇禮章(韓国から)。従四位[2]

研究・人物[編集]

兵庫県城崎郡城崎町(現・豊岡市)出身[1]。中学生時に、小幡神社(京都府亀岡市)の社家・上田家の養子となり、長じて大学時代から同神社宮司を務める[3]

國學院大學専門部で折口信夫らに師事したあと、1947年に京都大学文学部史学科に入学し、卒業後高等学校教員を経て京都大学助教授・教授となった[3]。日本古代史の第一人者であり、古代日本に渡って来た「渡来人」がこの名称で教科書に記載されるようになったのは上田の影響である[3]

歌人として2001年、歌会始召人を務めた[3]。2003年勲二等瑞宝章を受章[3]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

朝鮮関連[編集]

  • 朝鮮新報によれば、今上天皇が「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに韓国とのゆかりを感じます」と2001年12月に述べた事が話題となったが、既に1965年、著書でその可能性について指摘していた。当時、右翼団体により「近く天誅を加える」「国賊は京大を去れ」などの電話や手紙による嫌がらせを受けた[4]
  • 教科書に竹島を記述することについては「するべきでない」と発言。歴史は事実を正確に記述することが重要で、理念に基づいて歴史を書かなくてはならないと述べている[5]
  • 八木晃介水野直樹らと一緒に「朝鮮学校を支える会」の呼びかけ人となっている[6]
  • 2010年、韓国の国立中央博物館で「檀君建国神話は、日本の建国神話の母胎」と題した学術会議の前に論文事前公開された際に、本人が、日韓の天孫文化には、山頂に降臨する点などをはじめ、共通点や類似点が多い。さまざまな事実を検証し、百済の神の存在が、日本で継続的に命脈を受け継いできたと指摘した[7]。また、天孫降臨した峰のクシフルは明確に古代朝鮮語と関連があって、ソホリ峰も朝鮮語のソウル、ソフル、ソブルなど王道の名称から由来したとし、日本語の成立を全部、朝鮮語から解釈しようとする見解には賛成できないが、天孫降臨神話が朝鮮神話と共通の要素があることは誰でも認めざるをえないと語った[8]
  • 1974年好太王碑の拓本を北京で入手し、改竄の跡は無いと述べる。

著書[編集]

  • 『神話の世界』創元社、1956年
  • 『日本古代国家成立史の研究』青木書店、1959年
  • 日本武尊』人物叢書、吉川弘文館、1960年
  • 帰化人 古代国家の成立をめぐって』中公新書、1965年
  • 大和朝廷』角川新書、1967年、のち角川選書、講談社学術文庫、1995年
  • 『日本古代国家論究』塙書房、1968年
  • 『国民の歴史 大仏開眼』文英堂、1968年
  • 『日本の原像 国つ神のいのち』文藝春秋、1970年、のち角川文庫、創元ライブラリ文庫  
  • 『日本神話』岩波新書、1970年、新版 角川ソフィア文庫、2010年
  • 『女帝 古代日本の光と影』講談社現代新書、1971年
    • 改訂版『日本の女帝 古代日本の光と影』講談社現代新書、1973年、『古代日本の女帝』学術文庫 1996年
  • 『日本の歴史2 大王の世紀』小学館、1973年  
  • 『道の古代史 記紀のあしあと』淡交社、1974年
  • 『京都千年』毎日新聞社、1974年
  • 『古代再発見』角川選書、1975年、のち創元ライブラリ文庫
  • 倭国の世界』講談社現代新書、1976年
  • 『古代文化の探求』講談社学術文庫、1977年
  • 聖徳太子 渡来文化のうずしお(日本を創った人びと)』平凡社、1978年 
  • 藤原不比等』朝日評伝選、1978年、朝日選書 1986年 
  • 『古代からの視点』PHP研究所、1978年
  • 『古代史のいぶき 日本文化の源流を探る』PHP研究所、1981年
  • 『古代の日本と朝鮮』岩波書店、1986年
  • 『古代の道教と朝鮮文化』人文書院、1989年
  • 『古代学とその周辺』人文書院、1991年
  • 『古代伝承史の研究』塙書房、1991年
  • 『日本の神話を考える』小学館ライブラリー、1991年
  • 『古代日本の史脈 東アジアのなかで』人文書院、1995年
  • 『歴史家の眼 アジアの視点、地域の視点』小学館、1995年
  • 『神道と東アジアの世界 日本の文化とは何か』徳間書店、1996年
  • 『東アジアと海上の道 古代史の視座』明石書店、1997年
  • 上田正昭著作集』全8冊 角川書店、1998年-1999年
    • 1 古代国家論
    • 2 古代国家と東アジア
    • 3 古代国家と宗教
    • 4 日本神話論
    • 5 東アジアと海上の道
    • 6 人権文化の創造
    • 7 歴史と人物
    • 8 古代学の展開
  • 『論究・古代史と東アジア』岩波書店、1998年
  • 『講学・アジアの中の日本古代史』朝日選書、1999年
  • 『歌集 共生』大和書房、2001年
  • 『半島と列島・接点の探求』青丘文化社、2002年  
  • 『古代日本の輝き』思文閣出版、2003年  
  • 『日本文化の基層研究』学生社、2003年
  • 『歴史のなかの人権』明石書店、2006年
  • 『歴史に学ぶ』学生社、2006年
  • 『古代日本のこころとかたち』角川叢書、2006年
  • 『歌集 鎮魂』 大和書房、2006年
  • 『日本人の“魂”の起源』 情報センター出版局、2008年
  • 『日本人のこころ』 学生社、2008年
  • 『歴史と人間の再発見』 藤原書店、2009年
  • 『和魂!! めざめよ!』 学生社、2009年
  • 『東アジアの中の日本』 思文閣出版、2009年
  • 『大和路の旅』 角川選書、2010年
  • 『古代国家と東アジア 倭の五王から平城京・平安京へ』 角川学芸出版、2010年
  • 『倭国から日本国へ 画期の天武・持統朝』 文英堂[新・古代史検証日本国の誕生5] 、2010年 
  • 雨森芳洲 互に欺かず真実を以て交り候』 ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉、2011年 
  • 『アジアのなかの日本再発見』 ミネルヴァ書房:シリーズ「自伝」、2011年、
  • 『死をみつめて生きる 日本人の自然観と死生観』 角川選書、2012年
  • 『私の日本古代史 上 天皇とは何ものか-縄文から倭の五王まで』 新潮選書、2012年
  • 『私の日本古代史 下 『古事記』は偽書か-継体朝から律令国家成立まで』 新潮選書、2012年
  • 『渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か』 角川選書、2013年
  • 『古社巡拝: -私のこころの神々-』 学生社、2013年
  • 『森と神と日本人』 藤原書店、2013年
  • 『「大和魂」の再発見 日本と東アジアの共生』 藤原書店、2014年
  • 『日本古代史をいかに学ぶか』 新潮選書、2014年
  • 『「とも生み」の思想--人権の世紀をめざして』 明石書店、2015年
  • 『古代の日本と東アジアの新研究』 藤原書店、2015年(遺作論文となった)
  • 『古代史研究七十年の背景』藤原書店、2016年(遺著)

共著・編著[編集]

  • 『出雲の神話 神々のふるさと カメラ紀行』植田正治写真 淡交新社 1965
  • 『日本文化の創造 日本人とは何か』湯川秀樹共著 雄渾社、1968
  • 『日本の朝鮮文化 座談会』司馬遼太郎,金達寿共編 中央公論社、1972、のち文庫 
  • 『日本の「道」 その源流と展開』林屋辰三郎,山田宗睦共編、講談社、1972
  • 『日本古代文化の成立』江上波夫共編、毎日新聞社、1973
  • 『日本文化の原点』編著、講談社、1973
  • 『出雲』写真植田正治 監修・文、毎日新聞社、1974
  • 『古代日本と朝鮮 座談会』司馬遼太郎,金達寿共編、中央公論社、1974
  • 『古代の日本と朝鮮』井上秀雄共編、学生社、1974
  • 津田左右吉 人と思想』編、三一書房、1974
  • 『日本の渡来文化 座談会』司馬遼太郎,金達寿共編、中央公論社、1975
  • 『風土記(日本古代文化の探究)』編、社会思想社、1975
  • 『文字(日本古代文化の探究)』編、社会思想社、1975
  • 『都城(日本古代文化の探究)』編、社会思想社、1976
  • 『古事記(日本古代文化の探究)』編、社会思想社、1977
  • 『城(日本古代文化の探究)』編、社会思想社、1977
  • 『対談古代文化の謎をめぐって』大林太良,森浩一共著、社会思想社、1977
  • 『日本民俗文化大系 喜田貞吉 歴史学と民俗学』編 講談社、1978
  • 『民話 伝承と創造』稲田浩二共編、日本放送出版協会・放送ライブラリー 1978 
  • 『日本と朝鮮の二千年』姜在彦共編、大阪書籍・朝日カルチャーブックス、1985 
  • 春日明神 氏神の展開』編、筑摩書房、1987
  • 『篠村史』林屋辰三郎共編、臨川書店、1987
  • 『伊勢の大神 神宮の展開』編、筑摩書房 1988
  • 『住吉と宗像の神 海神の軌跡』編、筑摩書房、1988
  • 『探訪古代の道』編、法蔵館、1988
  • 『天満天神 御霊から学問神へ』編、筑摩書房、1988
  • 『神道大系 神社編 12 大神・石上』佐伯秀夫共校注 神道大系編纂会 1989
  • 『奈良の部落史に学ぶ』編 明石書店 1989
  • 『吉野-悠久の風景』編著 講談社 1990
  • 『古代の日本と東アジア』編著 小学館 1991
  • 『吉野ケ里・藤ノ木と古代東アジア 日・中・韓国際シンポジウム』編 小学館 1991
  • 『謎の五世紀を探る シンポジウム・東アジアの再発見』江上波夫共編 読売新聞社 1992
  • 『出雲 古代を考える』編 吉川弘文館 1993
  • 『千年の息吹き 京の歴史群像』村井康彦共編 京都新聞社 1993 - 1994  
  • 『平安京から京都へ』編、小学館、1994
  • 『朝鮮通信使 善隣と友好のみのり』編、明石書店、1995
  • 『古代の日本と渡来の文化』編、学生社、1997
  • 『アジアの中の日本を探る』編著、文英堂、1998、大阪府立中央図書館ライティ・カレッジシリーズ
  • 『継体大王と渡来人 枚方歴史フォーラム』森浩一共編、大巧社、1998
  • 『古代出雲の文化 銅剣・銅鐸と巨大建造物』島根県古代文化センター共編、朝日新聞社、1998
  • 『司馬遼太郎回想』編著、文英堂、1998、大阪府立中央図書館ライティ・カレッジシリーズ
  • 『ハンドブック国際化のなかの人権問題』編、明石書店、1998
  • 『アジアと日本のルネサンス 共生と民際化』編著、文英堂、1999、大阪府立中央図書館ライティ・カレッジシリーズ
  • 『人権歴史年表』編、山川出版社、1999
  • 『古代史から日本を読む 古代から現代、そして未来へ 上田正昭対談集』学生社、2000
  • 『出雲の神々に魅せられて 出雲の古代を歩く』江原護共著、マイブック社 2000
  • 『21世紀のアジアを生きる 共生の未来像』編著、文英堂 2001、大阪府立中央図書館ライティ・カレッジシリーズ
  • 『朝鮮通信使とその時代』辛基秀,仲尾宏共著、明石書店、2001
  • 『鎮守の森は甦る 社叢学事始』上田篤共編、思文閣出版、2001
  • 『「日本」という国 歴史と人間の再発見』梅原猛共編、大和書房 2001
  • 『ヤマト王権のあけぼの 古代国家の起源と神話(史話日本の古代 第3巻)』編、作品社、2003
  • 『探究「鎮守の森」 社叢学への招待』編 平凡社、2004
  • 『日本の神々 『先代旧事本紀』の復権』鎌田純一共著、大和書房、2004
  • 『はじめての宗教 宗教を知り心を育む』山折哲雄,ひろさちや,今道友信,阿部博人共著、栄光、2005
  • 『古事記の新研究』編、学生社、2006
  • 『聖徳太子の歴史を読む』千田稔共編著、文英堂、2008
  • 『ことばの力 國學院大學栃木学園白熱講義』山折哲雄,浜畑賢吉共著 國學院大學栃木中学・高等学校編、角川学芸出版 2012
  • 『八雲立つ出雲 植田正治、上田正昭が歩いた神々のふるさと』植田正治写真 青幻舎、2012

CD[編集]

記念論集[編集]

  • 『古代の探究』上田正昭先生華甲記念会編、学生社、1988

脚注[編集]

  1. ^ a b 訃報 上田正昭さん88歳=京都大名誉教授、歴史学者 毎日新聞 2016年3月13日
  2. ^ 平成28年4月18日官報
  3. ^ a b c d e f g h i 上田正昭氏が死去 88歳、古代史研究の第一人者(2016年3月13日)、日本経済新聞、2016年3月16日閲覧。
  4. ^ 〈平和をつむぐ人々-歴史家の願い-(1)〉 朝鮮観をゆがめたのは誰か”. 朝鮮新報 (2008年5月30日). 2010年10月3日閲覧。
  5. ^ 「天皇は過去の戦争について反省している」(2)”. 中央日報(2010.01.11の魚拓). 2010年10月3日閲覧。
  6. ^ 朝鮮学校を支える会・京滋”. サロン吉田山. 2010年10月3日閲覧。
  7. ^ 日本神話は韓国が起源、日本の学者も認めた!―韓国メディア”. サーチナ(魚拓). 2010年10月3日閲覧。
  8. ^ 내달 4일 한ㆍ일 개국신화 국제학술회의”. 2010年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]

「上田正昭先生を偲んで」業績継承し活用啓蒙する。 国内外への日本文化の理解促進のため掲載する。 上記、著書拝読を推奨したい

『日本文化の構造論』 by KYOTODOTCOMPRO『京都教授研究会』 歴史文化信仰研究部会 歴史的山岳寺院 文化財被災復興部会   

日本文化、信仰を生み出してきた 「日本人のこころ」 、その構造理論で、日本語の文字、古事記の思想、神仏儒習合、公武共存を解明   

英文 論名 ”The  Japan code ” Foundation of Kyoto culture  Principle & Origin of Japanese culture