関清英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関清英

関 清英(せき きよひで、嘉永4年5月7日1851年6月6日[1] - 1927年昭和2年)1月22日)は、日本の検察官内務官僚政治家。官選県知事警視総監衆議院議員貴族院議員正四位勲二等

経歴[編集]

佐賀藩士・関迂翁の三男として生まれる。藩校弘道館で学ぶ。さらに長崎横浜で英語を学び、その他、法律を勉学した。

1876年司法省十二等出仕となる。さらに、検事補から検事となり、鹿児島仙台名古屋などの各地方裁判所検事正を歴任した。

1898年12月、佐賀県知事に就任。以後、群馬県知事、長野県知事を歴任。長野県知事在職中の1902年8月、第7回衆議院議員総選挙に佐賀県郡部区から出馬し当選、一期在任した。1905年9月、警視総監に就任。1906年1月に退任し、同年1月7日、貴族院勅選議員に任じられ[2]茶話会に属し死去するまで在任した。

その他、中央製糖株式会社社長、明治製糖株式会社監査役などを務めた。墓所は雑司が谷霊園1-東-6-5。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新編日本の歴代知事』521頁。
  2. ^ 『官報』第6754号、明治39年1月8日。
  3. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。