三宅源之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三宅源之助

三宅 源之助(みやけ げんのすけ、1874年明治12年)2月16日[1] - 1930年昭和5年)4月16日[2])は、日本の内務官僚。官選県知事

経歴[編集]

香川県仲多度郡出身。三宅音四郎の三男として生まれる[3]高等小学校を卒業し、小学校教員検定試験に合格して小学校教員となる[1]1895年11月、弁護士試験に合格[2]1897年12月、文官高等試験行政科試験に合格[4]内務省に入省し内務属・北海道局兼県治局勤務となる[2]

1898年8月、鹿児島県参事官に就任。以後、愛媛県参事官、同事務官・第三部長、鹿児島県事務官・第一部長、同兼第三部長、同内務部長、埼玉県理事官・内務部長、熊本県内務部長などを歴任[1][2]

1914年4月、群馬県知事に就任。産米改良、県養蚕組合の設立、東毛湛水地方の排水工事、県会議事堂の新築などに尽力[3]1917年9月、徳島県知事に転任。産米改良などに尽力した[1]1919年4月に休職。1921年4月、休職満期となり退官した。1925年財団法人浴風会(現社会福祉法人浴風会)が設立され常務理事に就任。死去するまで在任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』876頁。
  2. ^ a b c d e 「故従四位勲三等三宅源之助位階追陞ノ件」。
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』291頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』177頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 内閣「故従四位勲三等三宅源之助位階追陞ノ件」昭和5年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-016-00・叙01025100