神田坤六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神田 坤六(かんだ こんろく、1908年12月10日 - 2005年5月20日)は元群馬県知事新潟県中蒲原郡横越村 [1]出身。

来歴・人物[編集]

新潟県立新潟中学校官立新潟高等学校を経て東京帝国大学法学部卒業。内務省官僚を務めた後、1960年群馬県知事に初当選。4期16年間の任期を務める。紅葉の名所として知られる坤六峠神田坤六の道路開通への尽力から名付けられた。関越自動車道上武道路など、現在の県内交通網の基礎作りに尽力し、「道路知事」と言われた。また、八ッ場ダム建設計画に際して、「水源地域対策特別措置法」制定を求め、その後の国のダム行政に影響を与えた。

2005年5月20日、老衰のため96歳で死去[2]

出典[編集]