金沢正雄 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金沢正雄

金沢 正雄(かなざわ まさお、1884年明治17年)5月 - 1945年昭和20年)4月27日[1])は、日本の内務警察官僚政治家政友会系官選県知事衆議院議員

経歴[編集]

大阪府出身。金沢楢松の長男として生まれる[2]第三高等学校を卒業。1910年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し栃木県属となる[1][3]

以後、栃木県警視、同事務官熊本県理事官長崎県理事官、愛媛県警察部長、群馬県警察部長、沖縄県内務部長、岐阜県内務部長、長崎県書記官・内務部長、新潟県書記官・内務部長、神奈川県書記官・内務部長などを歴任[1]

1928年2月、岐阜県知事に就任。1929年犀川改修工事に反対する住民と警察・軍隊が衝突した犀川事件が発生した。1929年7月に知事を休職となる[4]1931年12月、群馬県知事に就任。政友会の立場に立った県政執行を表明し、1932年の通常県会で民政党議員の反発を受け、議案全てが審議未了となり、すべて原案執行という事態を招いた[2]1935年1月15日、依願免本官となり退官した[3][5]

1937年4月、第20回衆議院議員総選挙で群馬県第一区から政友会候補として出馬し落選したが、後に繰上当選して衆議院議員を一期務めた。その後、岩手鉱山 (株) 専務取締役となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』179頁。
  2. ^ a b 『新編日本の歴代知事』296頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』196頁。
  4. ^ 『新編日本の歴代知事』545頁。
  5. ^ 『官報』第2409号、昭和10年1月16日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。