中村元雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 元雄(なかむら もとお、1839年天保10年9月)- 1903年明治36年)1月24日)は、日本の政治家大蔵内務官僚群馬県知事貴族院議員錦鶏間祗候

経歴[編集]

豊後国日田出身。咸宜園に入り広瀬淡窓に学んだ。明治元年(1868年)、日田県諸取調掛となり、同県大属、大分県権典事を歴任。1874年頃に大蔵省租税大属に転じ、租税寮七等出仕、大蔵省権少書記官、同権大書記官などを務めた。1886年、大蔵省主税局長に就任。

1891年4月、群馬県知事に就任。廃娼の方針を維持し、水利組合の設置や、養蚕糸業の振興に尽力した。1896年1月に知事を退任し、貴族院勅選議員に任じられ死去するまで在任。

1897年1月、内務次官に就任。同年7月1日、臨時検疫局長官を兼任[1]し、1898年1月に辞職した。1900年5月9日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]。その他、大喪使事務官、鉄道会議議員、東京市区改正委員長などを務めた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4201号、明治30年7月5日。
  2. ^ 『官報』第5054号、明治33年5月11日。
  3. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  4. ^ 『官報』第2251号「叙任及辞令」1890年12月27日。
  5. ^ 『官報』第3737号「叙任及辞令」1895年12月11日。
  6. ^ 『官報』第4059号「叙任及辞令」1897年1月13日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 内閣「従三位勲三等中村元雄叙勲ノ件」明治36年。アジア歴史資料センター レファレンスコード: A10112558800


公職
先代:
松平正直
日本の旗 内務次官
第7代:1897 - 1898
次代:
松岡康毅