小倉信近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小倉信近

小倉 信近(おぐら のぶちか、1849年5月14日嘉永2年4月22日[1])- 1926年大正15年)10月1日[2])は、明治期の政治家官僚衆議院議員、官選県知事

経歴[編集]

出羽国南置賜郡米沢上花沢中町において米沢藩の家に生まれる[1]明治5年1872年)、海軍少尉となる[3]1876年愛知県三等警部に転じた[3]。以後、石川県警部長徳島県警部長青森県警部長検事警視庁警視、警視総監官房第一部長などを歴任[4]

1896年4月、福島県知事に就任。同年12月に同知事を退任。1897年6月14日、台湾嘉義県知事に就任し[5]1898年3月15日まで在任した[6]

1898年8月、第6回衆議院議員総選挙に山形県第二区から憲政党に所属して出馬し当選[2]。任期中の1900年11月12日に議員を辞職した[7]

1900年2月、三重県知事に就任。同年10月、群馬県知事に転じ、1901年4月2日まで在任し司法省官房長となる[8]。同年6月5日、司法省官房長を病のため辞任した[9][10]

その後、教科書疑獄事件で官吏収賄罪に問われ、重禁固2ヶ月の判決を受けた[11]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新編日本の歴代知事』608頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』108頁。
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』213頁。
  4. ^ 「警視小倉信近外一名官等陞叙ノ件」
  5. ^ 『官報』第4184号、明治30年6月15日。
  6. ^ 『官報』第4408号、明治31年3月16日。
  7. ^ 『官報』第5211号、明治33年11月13日。
  8. ^ 『官報』第5322号、明治34年4月4日。
  9. ^ 「司法省官房長小倉信近依願免本官ノ件」
  10. ^ 『官報』第5376号、明治34年6月6日。
  11. ^ 『日本政治裁判史録』351-378頁
  12. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  13. ^ 『官報』第5395号「叙任及辞令」1901年6月28日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 内閣「警視小倉信近外一名官等陞叙ノ件」明治28年。国立公文書館 請求番号: 本館-2A-018-00・任B00058100
  • 内閣「司法省官房長小倉信近依願免本官ノ件」明治34年。国立公文書館 請求番号: 本館-2A-018-00・任B00266100
  • 宮地正人「教科書疑獄事件」、我妻栄編『日本政治裁判史録 明治・後』第一法規出版、1969年。