仲多度郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 四国地方 > 香川県 > 仲多度郡
仲多度郡()の県内位置図(2006年以降)
香川県仲多度郡の範囲(1.琴平町 2.多度津町 3.まんのう町 薄緑:後に他郡から編入された地域)

仲多度郡(なかたどぐん)は、香川県

人口49,112人、面積227.31km²、人口密度216人/km²。(2019年6月1日、推計人口

以下の3町を含む。

郡域[編集]

1899年明治32年)に発足した当時の郡域は、上記3町のほか、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

ただし、まんのう町長尾、炭所東、造田以東は後に綾歌郡から編入された地域である。

歴史[編集]

沿革[編集]

2.六郷村 3.南村 4.郡家村 5.竜川村 6.与北村 7.垂水村 8.高篠村 9.象郷村 10.琴平町 11.榎井村 12.神野村 13.吉野村 14.四条村 15.十郷村 16.七箇村 17.与島村 18.本島村 19.広島村 20.佐柳島村 21.高見島村 31.多度津町 32.豊原村 33.白方村 34.四箇村 35.吉原村 36.筆岡村 37.善通寺村 38.麻野村 39.吉田村(桃:丸亀市 紫:善通寺市 赤:坂出市 橙:多度津町 黄:仲多度郡琴平町 緑:仲多度郡まんのう町。1は発足時の丸亀市)

変遷表[編集]

郡長[編集]

1899年(明治32年)4月任官 1901年(明治34年)5月転任 白石 修太郎[7]

1901年(明治34年)5月任官 1906年(明治39年)1月転任 松崎 次郎[8]

1906年(明治39年)1月任官  1908年(明治41年)9月転任 伊熊 貞實[9]

1908年(明治41年)10月任官 1912年(大正元年)8月転任 竹田 定[10]

1912年(大正元年)8月任官 1913年(大正2年)3月免官 植田 行忠[11]

1913年(大正2年)4月任官 1914年(大正3年)3月転任 乾 貢[12]

1914年(大正3年)3月任官 山口 利文[13]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 香川県史第3篇p22
  2. ^ 香川県史第3篇p22
  3. ^ 香川県史第3篇p22
  4. ^ 香川県史第3篇p22
  5. ^ 香川県史第3篇p22
  6. ^ 香川県史第3篇p22
  7. ^ 仲多度郡史(1918年)P454”. 香川県仲多度郡編纂 (1918年1月15日). 2019年1月1日閲覧。
  8. ^ 仲多度郡史(1918年)P454”. 香川県仲多度郡編纂 (1918年1月15日). 2019年1月1日閲覧。
  9. ^ 仲多度郡史(1918年)P454”. 香川県仲多度郡編纂 (1918年1月15日). 2019年1月1日閲覧。
  10. ^ 仲多度郡史(1918年)P454”. 香川県仲多度郡編纂 (1918年1月15日). 2019年1月1日閲覧。
  11. ^ 仲多度郡史(1918年)P454”. 香川県仲多度郡編纂 (1918年1月15日). 2019年1月1日閲覧。
  12. ^ 仲多度郡史(1918年)P454”. 香川県仲多度郡編纂 (1918年1月15日). 2019年1月1日閲覧。
  13. ^ 仲多度郡史(1918年)P454”. 香川県仲多度郡編纂 (1918年1月15日). 2019年1月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 『仲多度郡史』香川縣仲多度郡、香川県仲多度郡、1918年。NDLJP:1085743
  • 『仲多度郡史. 附録』香川県仲多度郡、香川県仲多度郡、1918年。NDLJP:951660
  • 『香川縣史』香川縣、香川県、1909年。NDLJP:766454

関連項目[編集]