神山閏次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神山 閏次(かみやま じゅんじ、1870年11月7日(明治3年10月14日[1] - 1943年昭和18年)3月8日[2])は、日本の内務農商務官僚。官選群馬県知事錦鶏間祗候

経歴[編集]

熊本県出身。熊本藩士・神山譲の長男として生まれる[3]第一高等学校を卒業。1895年帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し県治局属となる[3][4]

1896年5月、青森県参事官に就任。以後、司法大臣秘書官司法省参事官、衆議院書記官兼内務省参事官、農商務大臣秘書官兼衆議院書記官兼農商務省参事官、農商務省水産局長などを歴任[1]

1908年8月、群馬県知事に就任。1910年前橋市で関東東北の各府県が参加した共進会が開催された。1912年3月、知事を休職となる[3]。同年12月、鉄道院理事に就任し[1]1913年3月17日に依願免本官となり退官した[5]

その後、露領水産組合長、海外興業 (株) 社長を務めた[3]1918年6月21日、錦鶏間祗候に任じられた[6]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『小楼清風記』神山閏次、1937年。
訳書
  • ステーリン著『彼得大帝の面影』警醒社、1904年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『人事興信録』第5版、か152頁。
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1943年3月10日朝刊、4面の死亡広告より。
  3. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』289頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』175頁。
  5. ^ 『官報』第188号、大正2年3月18日。
  6. ^ 『官報』第1766号、大正7年6月22日。
  7. ^ 『官報』第8257号、「叙任及辞令」1910年12月28日。
  8. ^ 『官報』第8608号、「敍任及辞令」1912年3月2日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第5版、1918年。