床次徳二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
床次徳二
とこなみ とくじ
生年月日 1904年2月4日
出生地 鹿児島県鹿児島市
没年月日 (1980-02-22) 1980年2月22日(76歳没)
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 内務省官僚
厚生省官僚
官選第43代徳島県知事
目白学園理事長
所属政党 民主党→)
国民民主党→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
衆議院永年在職議員
親族 父・床次竹二郎

内閣 第2次佐藤第2次改造内閣
在任期間 1968年11月30日 - 1970年1月14日

選挙区 鹿児島県第1区
当選回数 10回
在任期間 1949年1月24日 - 1976年12月9日
テンプレートを表示

床次 徳二(とこなみ とくじ、明治37年(1904年2月4日 - 昭和55年(1980年2月22日)は、日本の政治家。元総理府総務長官1974年勲一等旭日大綬章受章。目白学園理事長及び目白学園女子短期大学(現・目白大学短期大学部)学長も務める。

来歴・人物[編集]

床次竹二郎の次男として生まれる。1926年東京帝国大学法学部を卒業、内務省に入省する。厚生省予防局優生課長、同省人口局総務課長、ジャワ陸軍司政長官、官選徳島県知事を経て、戦後の1947年の第1回鹿児島県知事選挙に立候補したが落選。1949年第24回衆議院議員総選挙旧鹿児島1区にて民主党から立候補し初当選する(当選同期に池田勇人佐藤栄作岡崎勝男前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司有田喜一など)。以後連続当選10回。

民主党→改進党自由民主党に所属し、自民党では重光派→派→藤山派福田派に所属した。外務政務次官、衆院外務、文教委員長等を歴任し、第2次佐藤内閣第2次改造内閣にて総理府総務長官として入閣する。1976年引退。1980年2月22日死去。享年76。

関連項目[編集]