逢沢一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
日本の旗衆議院議員 逢沢 一郎
Ichiro Aisawa.png
生年月日 1954年6月10日(62歳)
出身地 日本の旗岡山県御津郡御津町(現岡山市
出身校 慶應義塾大学工学部(現理工学部
学位・資格 工学士
所属委員会 懲罰委員会
世襲 3世
祖父・逢沢寛(元衆議院議員)
父・逢沢英雄(元衆議院議員)
選出選挙区 旧岡山1区→)
岡山1区
当選回数 10回
所属党派 自由民主党谷垣グループ
党役職 岡山県支部連合会会長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館505号室
ウェブサイト 逢沢一郎ウェブサイト
テンプレートを表示

逢沢 一郎(あいさわ いちろう、1954年6月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(10期)、自由民主党一億総活躍推進本部長、自民党岡山県連会長。

自民党国会対策委員長(第51代)、自民党幹事長代理、衆議院議院運営委員長(第67・76代)、衆議院予算委員長等を歴任。

松下政経塾出身者では初の国会議員であり、また初めて政務次官に就任した人物である[1]

祖父逢沢寛逢沢英雄も衆議院議員を務めた[2]

来歴[編集]

岡山県御津郡御津町(現岡山市北区)生まれ。岡山大学教育学部附属中学校慶應義塾志木高等学校慶應義塾大学工学部(現理工学部)管理工学科を卒業。1980年松下幸之助が設立した松下政経塾に入塾(第1期生)。1985年卒塾[3]

1986年第38回衆議院議員総選挙自由民主党公認で旧岡山1区から出馬し、初当選。以後、10期連続当選。1992年宮澤改造内閣通商産業政務次官に任命され、松下政経塾出身者の中で初めて政務次官に就任した[1][リンク切れ]

小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年第41回衆議院議員総選挙では岡山1区から自民党公認(新党さきがけ推薦)で立候補し、新進党現職の元郵政大臣日笠勝之を破り4選。1997年衆議院外務委員長に就任[4]

2003年第1次小泉再改造内閣外務副大臣に任命され、第3次小泉内閣まで務める。外務副大臣在職中に第43回第44回の2度の衆議院議員総選挙が行われたが、いずれも岡山1区で菅源太郎菅直人民主党衆議院議員の長男)を破り当選。2005年に党幹事長代理に就任。2006年安倍内閣発足に伴い衆議院議院運営委員長に就任。2007年には衆議院予算委員長に就任した[4]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、岡山1区で民主党の高井崇志の猛追を受けるが、高井を4077票差で破り、8選(高井も重複立候補していた比例中国ブロックで復活。これは岡山1区で次点以下の候補者が初めて当選した例である[5])。2010年9月、自民党国会対策委員長に就任。2011年9月に国対委員長を退任し、自民党総裁特別補佐に就任[4]

2012年9月に谷垣禎一の自民党総裁退任に伴い、自民党総裁特別補佐を退任。同年10月に宏池会を脱退し[6]、谷垣による勉強会「有隣会」に参加[7]

2013年10月15日、2度目の衆議院議院運営委員長に就任。

2014年第47回衆議院議員総選挙で10選。選挙後、衆議院国家基本政策委員長に就任。

2015年自由民主党一億総活躍推進本部長に就任。

政策[編集]

政治資金問題[編集]

  • 逢沢が代表を務める同党支部が、2007年までの8年間に、当時の岡山市長や市幹部らが役員を務める同市出資の第三セクターから、7回にわたり計84万円の政治献金を受けていた[11]。資金・人材の両面で自治体と深く結びついた三セクから特定の政党支部への献金は問題がある、との識者の指摘を朝日新聞が報道している[11]
  • 日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、消費者金融業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)からパーティー券の購入等により資金提供を受けていると報じられた[12]

人物[編集]

  • 松下政経塾の第1期生。政経塾出身の代議士第一号であり、1986年の初当選以降、1993年に出身者が大量に国政進出するまでは唯一の国会議員であった。第95代内閣総理大臣野田佳彦は同期であり、現在も党派を超えて親しい関係にある[13][14]
  • 松下政経塾出身者の中でも面倒見の良さで知られる[15]
  • 自民党内の閣僚未経験者では、当選回数は最多の10回を数える[1]。内閣発足や改造時に毎回の様に名前は挙がるが、未だに閣僚経験はない。父・祖父共に大臣経験はなく、大臣就任は正に「逢沢家の悲願」と呼ばれている[16]
  • 2009年第45回衆議院議員総選挙後、自民党が長年にわたり使用してきた国会正面側の国会議員控室を明け渡すよう民主党に要求されたが、自民党が正面側控室を継続して使用したい考えを示した(後に明け渡している)[17]
  • 2010年11月29日、参議院本会場における天皇皇后が出席した議会開設120年記念式典で最高裁判所長官竹崎博允が式辞を読み上げていた際、電源の切り忘れにより携帯電話の着信音を鳴らせた[18]
  • 日中国会議員書画展へ書画を提供している。[19]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 当選七回で大臣の経験なし 逢沢一郎「入閣」は一族の悲願 週刊文春
  2. ^ 激突!総選挙 ~「あの人」は勝てるのか(6)~”. 夕刊フジ (2003年10月3日). 2016年1月18日閲覧。
  3. ^ 逢沢一郎プロフィール”. 松下政経塾. 2016年1月18日閲覧。
  4. ^ a b c 逢沢一郎プロフィール”. 自由民主党岡山県支部連合会. 2016年1月18日閲覧。
  5. ^ 2009年8月31日 朝日新聞 4 - 5面 など各紙
  6. ^ 日本経済新聞 2015年3月29日朝刊 政界面関連(5面)
  7. ^ 「有隣会と日本の未来を語る会」のお知らせ”. あいさわ一郎オフィシャルサイト (2013年6月18日). 2016年1月18日閲覧。
  8. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  9. ^ 第174回国会衆議院 - 法務委員会 - 14号 平成22年06月16日
  10. ^ a b 2012年衆院選、候補者アンケート、毎日新聞
  11. ^ a b 「岡山市 第三セクターが献金」朝日新聞、2009年6月6日
  12. ^ パーティ券リストの面々 しんぶん赤旗 2003年9月12日
  13. ^ “政界の頂点に立った「松下政経塾政権」 前原氏もパシリ扱い”. 産経新聞. (2011年9月3日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110903/stt11090322370004-n1.htm 2011年12月4日閲覧。 
  14. ^ “自民党も党役員人事 9月下旬に先送り 大島副総裁の進退が焦点 逢沢国対委員長の処遇も”. 産経新聞. (2011年9月4日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110904/stt11090421410001-n2.htm 2011年12月4日閲覧。 
  15. ^ ドジョウバブルはいつ弾けるのかフォーサイト2011年9月9日
  16. ^ 当選七回で大臣の経験なし 逢沢一郎「入閣」は一族の悲願”. 週刊文春WEB (2008年7月3日). 2016年1月18日閲覧。
  17. ^ 2009年9月9日朝日新聞
  18. ^ 両陛下ご臨席の式典に携帯の着信音 自民の逢沢国対委員長失態 産経新聞 2010年11月29日
  19. ^ [1]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
宮路和明
日本の旗 衆議院国家基本政策委員長
2014年 - 2016年
次代:
浜田靖一
先代:
佐田玄一郎
高木毅
日本の旗 衆議院議院運営委員長
第67代:2006年 - 2007年
第76代:2013年 - 2014年
次代:
笹川堯
林幹雄
先代:
金子一義
日本の旗 衆議院予算委員長
2007年 - 2008年
次代:
衛藤征士郎
先代:
関谷勝嗣
日本の旗 衆議院外務委員長
1996年 - 1997年
次代:
中馬弘毅
公職
先代:
茂木敏充
矢野哲朗
日本の旗 外務副大臣
阿部正俊谷川秀善と共同
2003年 - 2005年
次代:
塩崎恭久
金田勝年
党職
先代:
川崎二郎
自由民主党国会対策委員長
第51代:2010年 - 2011年
次代:
岸田文雄