長谷川保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長谷川 保
はせがわ たもつ
生年月日 1903年9月3日
出生地 日本の旗 静岡県敷知郡浜松町
没年月日 (1994-04-29) 1994年4月29日(90歳没)
前職 聖隷保養農園常務理事
所属政党日本社会党→)
左派社会党→)
(日本社会党→)
新自由クラブ民主連合
称号 キリスト教功労者

選挙区 (旧静岡県全県区→)
静岡県第3区
当選回数 7回
在任期間 1946年 - 1947年
1952年 - 1953年
1953年 - 1955年
1955年 - 1958年
1958年 - 1960年
1960年 - 1963年
1963年 - 1966年
テンプレートを表示

長谷川 保(はせがわ たもつ 、1903年9月3日 - 1994年4月29日)は、日本福祉事業家、教育者政治家

衆議院議員(7期)、衆議院文教委員長社会福祉法人聖隷福祉事業団理事長学校法人聖隷学園理事長、聖隷学園浜松衛生短期大学学長などを歴任した。

概要[編集]

福祉事業家として、結核療養所など医療施設の設立を推進し、多くの患者を救うことに尽力した。これらの医療施設は、のちに聖隷福祉事業団聖隷学園などで構成される聖隷グループに発展した。また、日本で初めて特別養護老人ホームホスピスをつくった人物としても知られている。なお、政治家としても活動しており、衆議院議員を7期務め、社会福祉の向上に力を注いだ。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1903年静岡県敷知郡浜松町(のちの静岡県浜松市)にて生まれた[1]。浜松市立商業学校(現・静岡県立浜松商業高等学校)を卒業後、上京し、日本力行会海外学校に入学した[2][3]。当初はブラジルに渡ってコーヒー農場経営したいと考えていたが、キリスト教に触れるなどさまざまな経験を経て、日本に留まることを決意する[2][3]。また、1928年には、東京神学社にてジャン・カルヴァンについて学んでいる[4]

福祉事業家として[編集]

キリスト教徒であった彼は、1930年浜松市にひとりの結核患者のための病舎を建てた[5]。のちにこの病舎はベテルホーム(ベテルヘブライ語旧約聖書に出る地名で「神の家」の意)と名づけられる[3][6]。長谷川らの活動に対しては、多くの献金や寄附が集まるなど、賛同する者も多かった[7]。しかし、結核に対する忌避感から周辺住民らの反対運動も根強く、医療施設の経営は困窮していた[8][9]。そのような状況の中、昭和天皇より特別御下賜金が与えられ、経営危機を脱した[9][10]

1942年、聖隷保養農園が財団法人として認可され、常務理事に就任した[9]。聖隷保養農園付属病院開設(聖隷三方原病院の前身)。1952年、聖隷保養農園は社会福祉法人として聖隷保養園に改組され、理事長に就任した[11]1961年、日本で初めての特別養護老人ホーム「浜松十字の園」を開設した[12]。聖隷保養園は1973年聖隷福祉事業団となるが、以降も引き続き理事長を務め、1980年に退任し会長に就任した[11]1982年、日本で初めてがん末期患者などのための「ホスピス(緩和ケア病棟)」を開設など病院・福祉施設の拡充につとめる一方、各種学校遠州キリスト学園を始めとする各種医療関係学校を経営し、福祉・医療教育にも力を注ぎ、日本で最大級の社会福祉法人である聖隷福祉事業団をはじめとする聖隷グループの礎を築く。

政治家として[編集]

1946年、戦後第1回の衆議院議員総選挙日本社会党から出馬し当選し、生活保護法の制定に取り組む。以後衆議院議員を7期務めた[3]。在籍中は、自らの実践を元にして、福祉に関する法律の制定に奔走した。また、1983年第13回参議院議員通常選挙においては、新自由クラブから要請され出馬を受諾[13]。比例代表選挙にて、新自由クラブと社会民主連合との統一確認団体「新自由クラブ民主連合」から名簿9位で立候補し、落選している。

晩年[編集]

1983年(昭和58年)に、長年の功績が認められ日本キリスト教文化協会よりキリスト教功労者の表彰を受ける。

昭和40~50年代に、浜名湖沿岸に聖隷静岡医科大学を開設しようとしたが、国立の浜松医科大学が誘致されたため計画を中断した。この医科大学構想は、僻地医療を支援する医師を育成しようというものであった。診療技術をコンピュータに蓄積し、短波無線による僻地との交信でどこにいても最先端の診療ができるようにするというものである。現代の衛星や情報技術による遠隔地医療を予見していたともいえる。

生涯私的財産を持たないというポリシーを貫き、病院敷地内のバラック小屋に住み続けた。遺言で死後も墓を作らず、浜松医科大学に妻とともに献体。骨格標本となり、医療者の教育に貢献しつづけている。骨格標本は長らく聖隷学園浜松衛生短期大学棟に保管されていたが、現在は聖隷クリストファー大学内の聖隷歴史資料館に展示されており自由に見学することができる。

賞歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 長谷川保著『夜もひるのように輝く』講談社1971年
  • 長谷川保著『闇を光に変える――無力な者を有力にする信仰』聖隷友の会、1981年
  • 長谷川保著『老いと死をみとる――聖隷ホスピスのあゆみ』柏樹社、1982年
  • 長谷川保著『神よ、私の杯は溢れます』ミネルヴァ書房1983年
  • 長谷川保著『老いと死をみとる――聖隷ホスピスのあゆみ』新訂版、柏樹社、1984年
  • 長谷川保著『夜もひるのように輝く』聖隷福祉事業団2001年
  • 長谷川保著『夜もひるのように輝く』聖隷歴史資料館2004年

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「長谷川保」『長谷川保 | 浜松情報BOOK』浜名湖国際頭脳センター。
  2. ^ a b 「長谷川保海外雄飛の夢を捨てイエス・キリストとともに歩む道を選ぶ」『聖隷の歴史 黎明期』聖隷歴史資料館。
  3. ^ a b c d 「生涯」『長谷川保 | 浜松情報BOOK』浜名湖国際頭脳センター。
  4. ^ 「静岡県最初の消費組合『消費組合浜松同胞社』発足」『聖隷の歴史 黎明期』聖隷歴史資料館。
  5. ^ 「当時社会的に忌み嫌われていた重症の結核患者を看護する奉仕の仕事を始める」『聖隷の歴史 創業期』聖隷歴史資料館。
  6. ^ 「迫害を受け始める」『聖隷の歴史 創業期』聖隷歴史資料館。
  7. ^ 「神の恩寵と暖かい支援の輪により、三方原に2万1000坪の希望の大地を確保」『聖隷の歴史 創業期』聖隷歴史資料館。
  8. ^ 「再び迫害の火の手が上がる」『聖隷の歴史 創業期』聖隷歴史資料館。
  9. ^ a b c 「迫害運動が激化し、経営逼迫する中、天皇陛下よりクリスマス・プレゼント」『聖隷の歴史 激動期』聖隷歴史資料館。
  10. ^ また「天皇陛下からの御下賜金」を賜ったことが長谷川に対する信用を高らしめる事となり、その後の事業展開における追い風となった。
  11. ^ a b 「沿革」『沿革 | 聖隷事業団の歴史・沿革 | 広報活動 | 社会福祉法人 聖隷福祉事業団聖隷福祉事業団
  12. ^ 「寝たきり老人を世話する『高齢者福祉』に日本で初めて取り組むとともに疾病予防活動を開始」『聖隷の歴史 開花期』聖隷歴史資料館。
  13. ^ 長谷川保「我らは神と良心以外、何ものをも怖れず」『聖隷学園報』14号、聖隷学園1983年7月1日、1面。

関連文献[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 聖隷の歴史 - 長谷川を紹介する聖隷歴史資料館のページ


議会
先代:
佐藤觀次郎
日本の旗 衆議院文教委員長
第3代:1957年
次代:
山下榮二
非営利団体
先代:
(新設)
聖隷福祉事業団理事長
初代:1973年 - 1980年
次代:
長谷川力
先代:
(新設)
聖隷保養園理事長
初代:1952年 - 1973年
次代:
(廃止)