第32回衆議院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 日本の旗 第32回衆議院議員総選挙 国会議事堂
投票日 1969年12月27日
内閣 第2次佐藤内閣
解散日 1969年12月2日
改選数 486人
選挙制度 中選挙区制
議席内訳 Japanese General election, 1969 ja.svg
選挙後の党派別勢力図
 < 19671972 > 
衆議院議員総選挙
テンプレートを表示

第32回衆議院議員総選挙(だい32かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1969年(昭和44年)12月27日に行われた衆議院総選挙。初めて12月に行われたことから「師走選挙」(しわすせんきょ)とも呼ばれた。また、この選挙は土曜日に実施されたが、現在のところ衆議院総選挙が日曜日以外の曜日に実施されたのはこの選挙が最後となっている。

概説[編集]

社会党共産党日米安保条約の自動更新阻止を掲げ、70年安保を争点にしようとした。安保闘争では全共闘新左翼などの学生運動が展開され、機動隊と衝突した。

しかし選挙結果は、自民党の大勝と、社会党の一人負けであった。自民党は追加公認を含めると、300議席の大台に乗せた(前回比+20)。一方、社会党は90議席(前回比-51)で再統一以降では初めて100議席を割り込み、特に首都圏など都市部で壊滅的な惨敗を喫した。前回国会に初進出した公明党は議席を倍増(前回比+22)、共産党も第24回総選挙以来、20年ぶりに議席を2桁に乗せた。佐藤政権は続投を決め、1970年の安保条約自動更新も平穏に行われた。

自民党の得票数は横ばいだったが、社会党の得票数減がそのまま自民党を押し上げた形になった。社会党の敗北は、学生運動やプラハの春抑圧などに嫌気が差した支持者が棄権に回ったためといわれている。一方、共産党は新左翼と敵対していたことが選挙にはプラスになったといわれている。

従来、社会党は都市部で強かったが、この選挙で受けた打撃は二度と回復できなかった。代わって、公明党・共産党が進出し、民社党も含めた、都市部での野党の多党化傾向が顕著になった。自民党では、当時幹事長だった田中角栄が後に「田中軍団」を形成する事になる子飼いの新人議員を大量に当選させ、後の政局の主導権を握る上で大きな役割を果たすことになる。

政見放送の開始[編集]

今回の総選挙では、テレビにおける政見放送が初めて行われた。これは第61回通常国会(1968年12月27日~69年8月5日)で成立した改正公職選挙法の第150条に基づいて実施されたものである。政見放送はテレビで4回、ラジオでは2回を放送し、NHKと民放でそれぞれ半分ずつを受け持った(ただし電力消費が大きい関東と近畿、中京地域ではテレビが2回、ラジオが4回となった)[1]

選挙データ[編集]

内閣[編集]

解散日[編集]

解散名[編集]

  • 沖縄解散

投票日[編集]

  • 1969年(昭和44年)12月27日

改選数[編集]

  • 486議席

選挙制度[編集]

その他[編集]

  • 立候補者:945名(うち女性候補者:21名)
出所:朝日新聞選挙本部編『朝日選挙大観 第41回衆議院総選挙 第17回参議院通常選挙』(朝日新聞 1997年)、125頁の表「候補者数・投票率等」。

選挙結果[編集]

投票率[編集]

当日有権者数 69,260,424名
投票率 68.51%
無効票を除いた投票率 67.51%

党派別獲得議席[編集]

党派 得票数 得票率 議席
候補者 当選者 議席率
自由民主党 22,381,570 47.63% 328 288 59.3%
日本社会党 10,074,100 21.44% 183 90 18.5%
公明党 5,124,666 10.91% 76 47 9.7%
民社党 3,636,590 7.74% 68 31 6.4%
日本共産党 3,199,031 6.81% 123 14 2.9%
諸派 81,373 0.17% 37 0 0.0%
無所属 2,492,560 5.30% 130 16 3.3%
総計 46,989,892 100.0% 945 486 100.0%
棄権・無効 22,270,532
出所:石川真澄『戦後政治史 新版』岩波新書
自民党派閥別当選者数
派閥名 議席数
周山会(佐藤栄作派) 59
宏池会前尾繁三郎派) 43
政策懇談会三木武夫派) 39
新政同志会(中曽根康弘派) 35
紀尾井会(福田赳夫派) 31
交友クラブ(川島正次郎派) 20
水曜会(石井光次郎派) 13
春秋会(園田直派) 13
一新会(船田中派) 12
一陽会(村上勇派) 10
愛正会(藤山愛一郎派) 6
二日会(石田博英派) 5
松村謙三 3
無派閥 11
党派別女性当選者数
党派 候補者 当選者
自由民主党 4 3
日本社会党 3 2
公明党 3 2
民社党 4 0
日本共産党 2 1
諸派 3 0
無所属 2 0
合計 21 8
出所:朝日新聞選挙本部編『朝日選挙大観 第41回衆議院総選挙 第17回参議院通常選挙』(朝日新聞 1997年)125頁の表「党派別女性候補者数、当選者数の推移」。

各党役員[編集]

自由民主党[編集]

日本社会党[編集]

公明党[編集]

民社党[編集]

日本共産党[編集]

無所属[編集]

無所属当選者の内、保守系候補12名が自民党に追加公認され、自民党は実質的に300議席を獲得した。

議員[編集]

この選挙で当選[編集]

 自民党   社会党   民社党   公明党   共産党   沖縄社会大衆党   沖縄人民党   無所属 

北海道 1区 地崎宇三郎 横路孝弘 斎藤実 箕輪登 島本虎三 2区 松浦周太郎 佐々木秀世 安井吉典 芳賀貢
3区 阿部文男 佐藤孝行 田中正巳 4区 小平忠 篠田弘作 南条徳男 井野正揮 相沢武彦
5区 中川一郎 本名武 安田貴六 岡田利春 美濃政市
青森県 1区 熊谷義雄 中村拓道 森田重次郎 古寺宏 2区 田沢吉郎 津川武一 竹内黎一
岩手県 1区 鈴木善幸 野原正勝 山本弥之助 山中吾郎 2区 小沢一郎 千葉七郎 椎名悦三郎 北山愛郎
宮城県 1区 愛知揆一 伊藤宗一郎 西宮弘 古内広雄 佐々木更三 2区 長谷川峻 内海英男 大石武一 日野吉夫
秋田県 1区 石田博英 鈴木一 内藤良平 佐々木義武 2区 根本竜太郎 川俣健二郎 笹山茂太郎 長谷部七郎
山形県 1区 木村武雄 堀田政孝 鹿野彦吉 華山親義 2区 松沢雄蔵 池田正之輔 安宅常彦 阿部昭吾
福島県 1区 亀岡高夫 天野光晴 粟山ひで 八百板正 2区 伊東正義 湊徹郎 八田貞義 渋谷直蔵 渡部恒三
3区 斎藤邦吉 田畑金光 菅波茂
茨城県 1区 橋本登美三郎 葉梨信行 中山利生 久保三郎 2区 塚原俊郎 梶山静六 石川次夫
3区 丹羽喬四郎 赤城宗徳 北沢直吉 登坂重次郎 二見伸明
栃木県 1区 渡辺美智雄 森山欽司 船田中 戸叶里子 広瀬秀吉 2区 藤尾正行 小平久雄 稲村利幸 和田一郎 森下国雄
群馬県 1区 藤枝泉介 久保田円次 田辺誠 2区 長谷川四郎 中島源太郎 坂村吉正
3区 中曽根康弘 福田赳夫 山口鶴男 小渕恵三
埼玉県 1区 福永健司 小川新一郎 松永光 畑和 2区 山口敏夫 小宮山重四郎 松山千恵子
3区 荒船清十郎 鴨田宗一 高田富之 4区 青木正久 野中英二 三ッ林弥太郎
千葉県 1区 川島正次郎 鳥居一雄 木原実 始関伊平 2区 伊能繁次郎 水野清 山村新治郎 鶴岡洋
3区 浜田幸一 水田三喜男 森美秀 千葉三郎 中村庸一郎
神奈川県 1区 伏木和雄 小此木彦三郎 藤山愛一郎 門司亮 大出俊 2区 松尾正吉 中嶋英夫 曽祢益 田川誠一
3区 河野洋平 小浜新次 河村勝 小金義照 平林剛
山梨県 全県 内田常雄 金丸信 小林信一 中尾栄一 金丸徳重
東京都 1区 田中栄一 麻生良方 渡部通子 2区 鈴切康雄 宇都宮徳馬 米原昶 菊池義郎 川端文夫
3区 小坂徳三郎 多田時子 山本政弘 賀屋興宣 4区 松本善明 大久保直彦 小峰柳多 和田耕作 岡崎英城
5区 中村梅吉 伊藤惣助丸 青柳盛雄 6区 有島重武 天野公義 山口シヅエ 不破哲三
7区 福田篤泰 土橋一吉 大野潔 小山省二 和田春生 8区 山田久就 石井桂 中川嘉美
9区 浜野清吾 松本忠助 河野密 10区 竹入義勝 鯨岡兵輔 小林政子 島村一郎
新潟県 1区 小沢辰男 米田東吾 高橋清一郎 2区 渡辺肇 稲葉修 松沢俊昭 阿部助哉
3区 田中角栄 村山達雄 大野市郎 小林進 三宅正一 4区 木島喜兵衛 高鳥修 大竹太郎
富山県 1区 古川喜一 鍛冶良作 佐伯宗義 2区 吉田実 綿貫民輔 佐野憲治
石川県 1区 森喜朗 別川悠紀夫 奥田敬和 2区 益谷秀次 坂本三十次 稲村佐近四郎
福井県 全県 坪川信三 植木庚子郎 福田一 堂森芳夫
長野県 1区 小坂善太郎 倉石忠雄 中沢茂一 2区 羽田孜 松平忠久 井出一太郎
3区 小川平二 林百郎 向山一人 原茂 4区 増田甲子七 下平正一 唐沢俊二郎
岐阜県 1区 松野幸泰 武藤嘉文 大野明 山本幸一 野田卯一 2区 渡辺栄一 金子一平 古屋亨 楯兼次郎
静岡県 1区 西村直己 大石八治 神田博 高見三郎 勝沢芳雄 2区 斉藤滋与史 遠藤三郎 丸山勇 木部佳昭 勝間田清一
3区 足立篤郎 斉藤正男 塩谷一夫 竹本孫一
愛知県 1区 丹羽久章 春日一幸 横山利秋 2区 早稲田柳右エ門 久野忠治 丹羽兵助 加藤清二
3区 江崎真澄 海部俊樹 佐藤観樹 4区 渡辺武三 中野四郎 中垣国男 浦野幸男
5区 上村千一郎 村田敬次郎 福井勇 6区 赤松勇 塚本三郎 辻寛一
三重県 1区 木村俊夫 山本幸雄 川崎秀二 山手満男 中井徳次郎 2区 田村元 野呂恭一 藤波孝生 角屋堅次郎
滋賀県 全県 山下元利 宇野宗佑 草野一郎平 西田八郎 後藤俊男
京都府 1区 田中伊三次 永末英一 小川半次 樋上新一 谷口善太郎 2区 寺前巌 前尾繁三郎 柳田秀一 西中清 谷垣専一
大阪府 1区 沖本泰幸 菅野和太郎 寒川喜一 2区 浅井美幸 西尾末広 東中光雄 中山正暉 井岡大治
3区 原田憲 近江巳記夫 岡沢完治 阪上安太郎 4区 矢野絢也 古川丈吉 栗山礼行 塩川正十郎
5区 西村栄一 正木良明 松田竹千代 木野晴夫 6区 左藤恵 北側義一 吉田泰造
兵庫県 1区 渡部一郎 砂田重民 石井一 浦井洋 2区 原健三郎 岡本富夫 永田亮一 堀昌雄 土井たか子
3区 渡海元三郎 田中武夫 吉田賢一 4区 河本敏夫 新井彬之 松本十郎 三木喜夫
5区 小島徹三 有田喜一 佐々木良作
奈良県 全県 奥野誠亮 服部安司 前田正男 林孝矩 吉田之久
和歌山県 1区 坂井弘一 坊秀男 中谷鉄也 2区 早川崇 辻原弘市 正示啓次郎
鳥取県 全県 赤沢正道 徳安実蔵 古井喜実 武部文
島根県 全県 大橋武夫 竹下登 卜部政巳 桜内義雄 細田吉蔵
岡山県 1区 山田太郎 亀山孝一 大村襄治 黒田寿男 笠岡喬 2区 橋本龍太郎 加藤六月 藤井勝志 貝沼次郎 江田三郎
広島県 1区 灘尾弘吉 砂原格 大原亨 2区 谷川和穂 加藤陽三 増岡博之 中川俊思
3区 古川雅司 宮沢喜一 永山忠則 内海清 佐藤守良
山口県 1区 安倍晋太郎 田中龍夫 林義郎 今澄勇 2区 佐藤栄作 岸信介 小沢太郎 宮井泰良 受田新吉
徳島県 全県 三木武夫 森下元晴 広沢直樹 秋田大助 井上普方
香川県 1区 成田知巳 藤本孝雄 木村武千代 2区 大平正芳 福田繁芳 加藤常太郎
愛媛県 1区 菅太郎 塩崎潤 関谷勝利 2区 藤田高敏 村上信二郎 八木徹雄
3区 毛利松平 高橋英吉 田中恒利
高知県 全県 中野明 大西正男 仮谷忠男 田村良平 山原健二郎
福岡県 1区 田中昭二 進藤一馬 中島茂喜 中村寅太 楢崎弥之助 2区 大橋敏雄 三原朝雄 伊藤卯四郎 松本七郎 田代文久
3区 山崎平八郎 鬼木勝利 荒木万寿夫 細谷治嘉 石井光次郎 4区 田中六助 蔵内修治 桑名義治 池田禎治
佐賀県 全県 保利茂 三池信 大坪保雄 山下徳夫 八木昇
長崎県 1区 倉成正 松尾信人 西岡武夫 小宮武喜 中村重光 2区 中村弘海 白浜仁吉 石橋政嗣 金子岩三
熊本県 1区 松野頼三 大久保武雄 藤田義光 野田武夫 瀬野栄次郎 2区 園田直 坂田道太 福永一臣 川村継義 吉田重延
大分県 1区 村上勇 広瀬正雄 羽田野忠文 合沢栄 2区 西村英一 佐藤文生 阿部未喜男
宮崎県 1区 江藤隆美 松浦利尚 相川勝六 2区 瀬戸山三男 小山長規 坂元親男
鹿児島県 1区 床次徳二 上林山栄吉 宇田国栄 川崎寛治 2区 中馬辰猪 池田清志 有馬元治
3区 山中貞則 二階堂進 橋口隆 奄美 豊永光
沖縄県 全県 西銘順治 瀬長亀次郎 上原康助 国場幸昌 安里積千代

補欠当選[編集]

この選挙で初当選[編集]

この総選挙では、後の政界のキーパーソンとなる人物が多数当選し、その多士済々振りから、俗に「花の昭和44年組」と呼ばれる。名前の後は当時の所属である。無記入は自民党で、「無所属」のものは、合沢栄(民社党に追加公認)と中村拓道以外は当選後追加公認で自民党に所属している。

この選挙で返り咲き[編集]

自由民主党
日本社会党
民主社会党
日本共産党
無所属

この選挙で引退・不出馬[編集]

自由民主党
日本社会党

この選挙で落選[編集]

自由民主党
日本社会党
公明党
民社党
諸派

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞社『朝日年鑑 1970』、269頁「選挙管理」より

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 佐藤令 (2005年12月). “戦後の補欠選挙 (PDF)”. 国立国会図書館. 2016年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]