渋谷直蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渋谷 直蔵(しぶや なおぞう、古い文書では「澁谷直藏」。1916年大正5年)8月20日 - 1985年昭和60年)12月16日)は、日本の政治家労働官僚

来歴・人物[編集]

旧制石川中学校旧制第二高等学校東京帝国大学卒業後、内務省入省。戦後、労働省に移り[1]、労働基準局長に。1960年(昭和35年)の衆議院議員総選挙に旧福島2区より出馬し、初当選。以降連続当選9回。

自由民主党では三木→河本派[1]に所属し、自治大臣等を務めた。1985年(昭和60年)12月16日に69歳で死去した。選挙区は穂積良行に引き継がれた。

1975年(昭和50年)秋に公労協スト権ストの実施を図った際、スト権付与派であった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]