馬淵澄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
馬淵 澄夫
まぶち すみお
Sumio.Mabuchi2.jpg
生年月日 1960年8月23日(56歳)
出生地 日本の旗 奈良県奈良市
出身校 横浜国立大学工学部
前職 会社役員
現職 衆議院議員
民進党筆頭副幹事長
所属政党 民主党→)
民進党
称号 工学士
公式サイト まぶちすみお

選挙区 奈良1区
当選回数 5回
在任期間 2003年11月9日 - 現職

日本の旗 内閣総理大臣補佐官
(東北地方太平洋沖地震による災害
及び原子力発電所事故対応担当)
内閣 菅第2次改造内閣
在任期間 2011年3月26日 - 2011年6月27日

内閣 菅第1次改造内閣
在任期間 2010年9月17日 - 2011年1月14日
テンプレートを表示

馬淵 澄夫(まぶち すみお、1960年8月23日 - )は、日本政治家民進党所属の衆議院議員(5期)、民進党選挙対策委員長。

国土交通大臣第14代)、内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策)、内閣総理大臣補佐官(東北地方太平洋沖地震による災害及び原子力発電所事故対応担当)、国土交通副大臣鳩山由紀夫内閣菅内閣)、衆議院災害対策特別委員長、民主党幹事長代行等を歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

奈良県奈良市生まれ。東京都立上野高等学校横浜国立大学工学部土木学科卒業。大学卒業後、三井建設社員を経て、コンピューター関連商品製造販売会社ゼネラルに入社し、同社取締役に就任(当時、非同族では史上最年少の上場企業取締役)。その後同社北米法人最高経営責任者や、文具会社役員を務める。

政界入り[編集]

2000年第42回衆議院議員総選挙民主党公認で奈良1区から出馬したが、自由民主党森岡正宏に敗れ、落選した。2003年第43回衆議院議員総選挙では奈良1区で自民党公認の高市早苗を破り、初当選。以後4期連続で小選挙区で当選している。2005年第44回衆議院議員総選挙では、郵政民営化に反対したため自民党公認を得られず無所属で出馬した森岡正宏、自民党の公認を受けた前奈良市長の鍵田忠兵衛が奈良1区から出馬したが、馬淵が鍵田、森岡の両者を下した(鍵田は比例復活)。

当選後は花斉会(野田グループ)に所属し、2008年9月の民主党代表選挙において、領袖である野田佳彦の擁立を模索。しかし、小沢一郎民主党代表(当時)の再選支持が大勢を占めていた民主党内において、野田擁立に動く馬淵の行動は積極的な支持を得られず、野田グループ内でも野田の出馬への賛否は拮抗した。結局、野田は代表選への出馬を見送り、小沢が無投票で再選を果たしたが、野田擁立をめぐる混乱の責任を取る形で馬淵は野田グループを退会した。

国土交通副大臣[編集]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党に復党し同党公認で出馬した森岡正宏に比例復活すら許さず、3選。同年9月に発足した鳩山由紀夫内閣において、前原誠司国土交通大臣の下国土交通副大臣に任命された。2010年6月発足の菅内閣においても、国土交通副大臣に再任。

国土交通大臣[編集]

2010年9月、菅第1次改造内閣前原誠司国交相が外務大臣に横滑りしたため、後任の国土交通大臣に副大臣から昇格する形で任命された。あわせて内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策)及び「海洋に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」を担当する国務大臣も兼務する。

国交相就任後の2010年11月、民主党政権下で建設中止の方向性が出されていた群馬県八ッ場ダムについて「私が大臣のうちは『中止の方向性』という言葉には言及しない。予断を持たず(ダムの)検証を進め、その結果に従う」と述べ、前任の前原誠司国交相が表明した建設中止の方針を事実上、撤回した[1]

同年9月に発生した尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、映像を流出させたのが国土交通省の外局である海上保安庁の職員であったため、第176回国会において衆議院不信任決議案が、参議院問責決議案がそれぞれ提出され、不信任決議案は11月15日に否決されたが、問責決議は11月27日に可決された。翌年1月の菅第2次改造内閣発足に伴い、問責決議を受けた馬淵国交相、仙谷由人内閣官房長官は事実上更迭される形で退任した。その後、民主党広報委員長に就任。

内閣総理大臣補佐官[編集]

2011年3月の東日本大震災発生を受け、3月26日付で内閣総理大臣補佐官(東北地方太平洋沖地震による災害及び原子力発電所事故対応担当)に任命される。同年6月27日、菅直人内閣総理大臣から補佐官を退任し、経済産業副大臣に就任するよう要請を受けるが、「原発事故対応補佐官として事態収束に取り組んできた自分が、それ以外の経産省の役目を受けるわけにはいかない」「今までの基準で原発の安全宣言を出し、自治体に再開要請した経産省の政策を容認できない」という理由で固辞し、首相補佐官を退任した[2][3]

2011年民主党代表選挙[編集]

2011年6月18日、地元・奈良県で開いた国政報告会で民主党代表選挙への出馬に意欲を示し、消費税増税に反対する意向を表明した[4]。7月29日に出馬する意向を固める[5]。8月24日のラジオ番組で、8月3日に成立した原子力損害賠償支援機構法[6]について「党代表、首相になればすぐに見直し、東電の法的整理に踏み込む」と述べた[7]。8月26日、民主党代表選への出馬を正式に表明し[8]、翌27日に立候補を届け出た[9]。28日の討論会では復興増税に反対、原発事故には国の責任で対応するよう主張した[10]

8月29日の民主党代表選挙において、1回目の投票では24票を獲得したが、これは5候補中最少の票数であった。出陣式では「増税すべきでなく、決選投票になった場合は、私の政策に近い海江田さんに投票していきたい」と述べ、海江田万里野田佳彦による決戦投票では海江田に投票したが、投票中にNHKが「馬淵前国交相は今日午前の出陣式で、決選投票になった場合は海江田経産相以外の候補者に投票するよう陣営に呼びかけた」と誤って報道したため、決選投票の結果に影響した可能性があると指摘されている[11]

2012年民主党代表選挙[編集]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では民主党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、奈良1区で自民党新人の小林茂樹7,669票差で破り、4選。民主党惨敗を受け、辞意を表明した野田佳彦代表の後継を選出する民主党代表選挙に出馬する意向を表明した[12]が、90票を獲得した海江田万里元経済産業大臣に対し、54票を獲得するに留まり、海江田に敗れた[13]。海江田執行部において、民主党幹事長代理に就任。

2013年9月の党役員人事において、民主党選挙対策委員長に起用された[14]

2015年民主党代表選挙[編集]

2015年1月に行われた民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[15]

2015年12月、民主党筆頭副幹事長に就任[16]

2016年民進党代表選挙[編集]

2016年9月に行われた民進党代表選挙では、どの立候補者の推薦人にもならなかった。次期衆院選で公認調整を行う難しい役職なので、蓮舫民進党代表に党内で中立的な立場を取った馬淵氏に白羽の矢を立て、選挙対策委員長に就任した[17]

政策・主張[編集]

構造計算書偽造問題[編集]

  • 2005年に問題となった一級建築士らによる構造計算書偽造問題において各委員会や証人喚問では民主党を代表して与党側への追及の先頭に立つ。これに伴い、TBSテレビみのもんたの朝ズバッ!』などのテレビ番組に多数出演した[18]
    • なお、構造計算書偽造問題に関わるきっかけは「なぜか、いきなり匿名の構造計算書が送られてきて、それを前原誠司代表(当時)にみせたところ、5分後に出発する予定の民主党の耐震偽装問題調査のためのバスに乗るようにいわれた」との事。また、この問題について政策秘書の大西健介は「きっこの日記」のきっこと情報交換していたことを「耐震強度偽装問題での教訓」で語っている[19]

個所付け漏洩問題[編集]

予算審議中に国土交通省関連公共事業の予算配分方針(個所付け)を、国交省の政務三役(前原誠司国交相、馬淵副大臣、三日月大造国土交通大臣政務官)が承知した上で、三日月大臣政務官から阿久津幸彦民主党副幹事長を通じて地方組織に渡され、その資料が地方自治体に漏洩していたことが発覚。さらに自民党金子一義衆議院予算委員会で、地方組織に渡された資料の提出を要求したが、国土交通省から提出された資料は地方組織へ渡されたものとは異なっていた。自民党の赤沢亮正は「国会にガセネタが提出された」「永田メール問題と全く本質は変わらない」として、永田メール問題が発覚した当時の民主党代表だった、国土交通大臣の前原をはじめ国土交通省及び政務三役の対応を予算委員会で追及し、国会審議を軽視するものと反発。馬淵は「あくまで中間報告」と弁明。連立与党国民新党社民党からも、民主党地方組織が優先されて、連立与党への伝達が後回しになったことに対する反発が起きた[20]

尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件への対応[編集]

尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件発生に際しては、菅直人首相仙谷由人内閣官房長官に対し、「大臣を退任することなどは一切構わないが、それによってなんら尖閣の守りに関して変わるわけではない。このときにこそ領海警備の強化を図らなければならない」と強く主張。問責を受けてから退任直前までの41日間で「海上警察権のあり方に関する検討の国土交通大臣基本指針」[21]をまとめ、2011年1月7日に発表。これは「海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に関する法律の一部改正案」の骨子となり、閣法として直後の第177回国会に提出される予定であったが、東日本大震災の影響で延期、2012年2月28日の提出まで一年間塩漬けされることになった[22]。その後もねじれ国会などで審議が遅れ、衆議院での可決を経て、参議院で可決されたのは、骨子成立から実に1年半以上たった2012年8月29日であり、同年8月15日に起きた香港活動家による尖閣上陸事件には間に合わなかった。このことについて馬淵は「成立していれば十分阻止できたとの思いがこみ上げ、憤懣やるかたない」と述べている[23]

企業献金廃止[編集]

企業献金の全面撤廃を主張し、自ら実践している。地元選挙区である奈良1区に帰っている時は、秘書と共に一軒一軒インターホンを押しながら市内を歩き回り、献金のお願いをして回っており、その様子がテレビ朝日の『報道ステーション』で放送されたことがある(2009年6月12日放送分)。政治活動を始めてから一切企業団体献金を受け取ったことはない。また、企業献金の受け皿となる資金集めパーティーも開催したことがない[24][25]。これについては、「利権ではなく、信念に基づいた政治を行うため」[26]と説明しており、実際「個人献金集めは大変だが、業界団体のいう事を聞かなくて済むから、楽だともいえる」とも述べている[27]

高速道路無料化[編集]

高速道路無料化に関しては熱心でフジテレビの番組『サキヨミ』(2009年8月2日放送分)、『とくダネ!』(同年9月3日放送分)や清水草一の著書『高速道路の謎』(扶桑社新書)のインタービューでも高速道路無料化のメリットをアピールしている。その際影響を受ける公共交通機関の処遇については、「雇用問題等が発生することは承知しているが、これは産業構造の転換である」「石炭産業と同じように衰退するものを無理矢理守る必要はない」「これからはますます高齢化社会になる。鉄道・フェリー会社が倒産するところが出ても仕方がない。雇用継続の何らかの施策を講じる必要がある」などと述べた。また2010年11月5日の大臣会見では、明石淡路フェリーが11月16日から運航休止することについて、高速道路無料化による影響ではないかとの質問に対し、「公共交通機関への影響というものは一部の路線のみならず全体の評価というものをしなければならない」「最終的には社会実験の結果の検証の中で明らかにすべき」と答えた[28]

その他[編集]

人物[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “馬淵国交相、八ツ場ダム建設中止方針を撤回”. 産経新聞. (2010年11月6日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101106/plc1011061500010-n1.htm 2010年12月17日閲覧。 
  2. ^ まぶちすみおの「不易塾日記」2011年7月1日
  3. ^ YOMIURIONLINE2011年7月1日
  4. ^ asahi.com2011年6月18日
  5. ^ 日テレNEWS242011年7月30日
  6. ^ YOMIURIONLINE2011年8月3日
  7. ^ asahi.com2011年8月24日
  8. ^ asahi.com2011年8月26日
  9. ^ asahi.com2011年8月27日
  10. ^ 日本経済新聞 2011年8月29日朝刊
  11. ^ 毎日jp2011年8月30日
  12. ^ “馬淵、海江田氏が一騎討ちへ=25日に民主代表選”. 時事通信. (2012年12月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012122300123 2012年12月23日閲覧。 
  13. ^ “海江田氏90票、民主新代表に…馬淵氏は54票”. 読売新聞. (2012年12月25日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121225-OYT1T00815.htm 2012年12月26日閲覧。 
  14. ^ “民主新役員を承認 松原国対委員長、馬淵選対委員長”. 産経新聞. (2013年9月4日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130904/stt13090416480004-n1.htm 2012年9月15日閲覧。 
  15. ^ 民主代表選候補の推薦人名簿 時事ドットコム 2015年1月7日 2015年1月8日閲覧。
  16. ^ [1]
  17. ^ 迷走する民進役員人事 「中立」馬淵新選対委員長ら少数…固辞続出 きょう両院総会 産経ニュース 2016年9月21日付
  18. ^ 馬淵澄夫. “耐震偽装問題 - これまでの活動”. 2010年9月19日閲覧。
  19. ^ 大西健介 (2006年9月10日). “政治とインターネット―耐震強度偽装問題での教訓―”. 政策空間. 2010年2月22日閲覧。
  20. ^ 西田進一郎; 朝日弘行 (2010年2月2日). “公共工事個所付け:民主が通知後回し 社民・国民新が抗議”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100203k0000m010109000c.html 2010年2月22日閲覧。 
  21. ^ 海上保安庁 (2011年1月7日). “海上警察権のあり方に関する検討の国土交通大臣基本方針”. 2012年9月11日閲覧。
  22. ^ 海上保安庁 (2012年2月28日). “海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に関する法律の一部を改正する法律案について”. 2012年9月11日閲覧。
  23. ^ 現代ビジネス・馬淵澄夫レポート2012年8月27日
  24. ^ 馬淵澄夫. “まぶちすみお ネット献金”. 2012年9月11日閲覧。
  25. ^ 馬淵澄夫ツイッター (2011年10月26日). “今まで、一切の企業・団体献金を受け取っていません。”. 2012年9月11日閲覧。
  26. ^ [2]まぶちNEWS544号 2012年6月9日
  27. ^ YOMIURI ONLINE2012年1月23日
  28. ^ “馬淵大臣会見要旨” (プレスリリース), 国土交通省, (2010年11月5日), http://www.mlit.go.jp/report/interview/daijin101105.html 2010年12月18日閲覧。 
  29. ^ a b c d e f “2012衆院選 奈良1区 馬渕澄夫”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A29001004004 2014年4月6日閲覧。 
  30. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  31. ^ 増税法案採決に臨むにあたって馬淵澄夫(まぶちすみお)衆議院議員候補 2012年6月26日
  32. ^ [3]2016年9月24日
  33. ^ 毎日jp2011年8月19日
  34. ^ “馬淵氏が落選組“冷遇” 民主・柳田氏キレた” (プレスリリース), 産経新聞, (2013年10月18日), http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000104-san-pol 2013年10月18日閲覧。 

外部リンク[編集]


議会
先代:
村井宗明
日本の旗 衆議院災害対策特別委員長
2012年
次代:
荒井聰
公職
先代:
前原誠司
日本の旗 国土交通大臣
第14代:2010年 - 2011年
次代:
大畠章宏
先代:
前原誠司
日本の旗 内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策
第16代:2010年 - 2011年
次代:
枝野幸男
先代:
金子恭之加納時男
日本の旗 国土交通副大臣
2009年 - 2010年
辻元清美三日月大造と共同
次代:
三井辨雄池口修次
党職
先代:
中川正春
民主党幹事長代行
中川正春長妻昭蓮舫と共同

第4代:2012年 - 2013年
次代:
中川正春羽田雄一郎長妻昭菊田真紀子
先代:
玄葉光一郎
民進党選挙対策委員長
第2代:2016年 -
次代:
(現職)