越智伊平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

越智 伊平(おち いへい、1920年12月10日 - 2000年3月24日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員正三位

来歴・人物[編集]

顕彰碑

愛媛県出身。相模原工学校卒。今治市議会議員愛媛県議会議長を経て、1972年、衆院補選に旧愛媛2区から初当選。以来連続当選10回。自民党内で所属した中曽根派では渡辺美智雄に近く、1979年に起きた四十日抗争では、福田赳夫を支持する中曽根康弘の意向に反し、大平正芳を支持した渡辺と行動を共にした。

環境政務次官、労働政務次官などを経て、1987年11月、竹下内閣建設大臣として初入閣。その後も、衆議院予算委員長、運輸大臣などを歴任。1997年9月、76歳の高齢で第2次橋本改造内閣農林水産大臣に就任したが、直後に脳梗塞で倒れ、就任してわずか16日で辞任した。自民系が分裂して争った1999年1月の愛媛県知事選挙では現職の伊賀貞雪を支持したが大差で敗れ、影響力を失った。

自身の政治公約だった瀬戸内海大橋架橋を見届けた後の2000年3月に政界引退を表明し、同月24日、心不全のため死去。享年79。

エピソード[編集]

  • 愛媛県今治市に、越智が創業した企業の本社内に「越智伊平記念館」が2003年開館している。
  • 越智の顕彰碑が2006年に除幕されている。

経歴[編集]

  • 1972年 衆院選に初当選 連続当選10回
  • 1975年12月 環境政務次官(三木内閣)
  • 1976年12月 労働政務次官(福田内閣)
  • 1986年7月 衆院議院運営委員会委員長
  • 1987年11月 建設大臣(竹下内閣)
  • 1990年3月 衆院予算委員長
  • 1992年12月 運輸大臣(宮澤改造内閣
  • 1997年9月 農林水産大臣(第2次橋本改造内閣)に就任したが16日で辞任。
  • 2000年3月 政界引退を表明
  • 2000年3月24日 死去 享年79


議会
先代:
中尾栄一
日本の旗 衆議院予算委員長
1990年 - 1991年
次代:
渡部恒三
先代:
綿貫民輔
日本の旗 衆議院議院運営委員長
第43代:1986年 - 1987年
次代:
三塚博
先代:
瓦力
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1984年 - 1986年
次代:
小泉純一郎
先代:
小此木彦三郎
日本の旗 衆議院運輸委員長
1981年 - 1982年
次代:
原田憲
公職
先代:
藤本孝雄
日本の旗 農林水産大臣
第25代:1997年
次代:
島村宜伸
先代:
奥田敬和
日本の旗 運輸大臣
第66代:1992年 - 1993年
次代:
伊藤茂
先代:
天野光晴
日本の旗 建設大臣
第51代:1987年 - 1988年
次代:
小此木彦三郎