笹川博義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笹川 博義
ささがわ ひろよし
Sasagawa Hiroyoshi (2017).png
環境大臣政務官時
生年月日 (1966-08-29) 1966年8月29日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
出身校 明治大学政治経済学部中退
所属政党新進党→)
自由民主党竹下派
配偶者 あり
子女 1男2女
親族 父・笹川堯
公式サイト 衆議院議員 笹川博義 自由民主党 -まちづくり行動派宣言!-

選挙区 群馬3区
当選回数 3回
在任期間 2012年 - 現職

群馬県の旗 群馬県議会議員
選挙区 太田市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年 - 2012年11月19日
テンプレートを表示

笹川 博義(ささがわ ひろよし、1966年8月29日 - )は、日本政治家実業家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、環境副大臣菅義偉内閣)。

環境大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。元ヤマト発動機社長。元日本船舶振興会会長笹川良一の孫。父は自民党総務会長などを務めた元衆議院議員の笹川堯(選挙区が異なるため、世襲議員ではない)。笹川陽平は叔父。

来歴・人物[編集]

東京都出身(現住所は群馬県太田市小舞木町[1])。笹川尭の三男、また笹川良一の孫の一人。明治大学付属中野高等学校卒業。明治大学政治経済学部中退[2]。趣味は映画鑑賞、ガーデニング、読書[3]。好きな言葉は兼愛非攻[3]

新進党に入党し、1996年第41回衆議院議員総選挙群馬3区から出馬して落選。その後自由民主党に移籍し、2000年第42回衆議院議員総選挙比例北関東ブロック2004年第20回参議院議員通常選挙比例区に出馬するも共に落選した。2007年群馬県議会議員選挙に太田市選挙区から出馬し初当選。2期連続トップ当選。2012年2月に次期自民党公認衆議院議員候補予定者となる自民党群馬県第三選挙区支部長に就任[3]

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙に立候補するため、同年11月19日付で県議会議員を辞職[4]。同選挙では1996年と同じ群馬3区から立候補し、初当選した。2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙で再選。2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙で3選。

2017年8月、環境大臣政務官に就任[5]。2019年1月、自民党群馬県連会長代行に就任[6]

2020年9月18日、堀内詔子と共に環境副大臣に就任[7]

政策[編集]

活動[編集]

エピソード[編集]

  • 2014年の第186回国会において、大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長のいずれの要職にもついていなかったのみならず、質問、議員立法、質問主意書提出のいずれもなかった国会議員64人の内の1人であったことが指摘された[14][15]
  • 2016年の第192回国会議事進行係を務めていたが、11月8日の本会議において、本来議事日程で予定されていた採決案が残っている段階にもかかわらず、動議を読み上げるため、早すぎるタイミングで「ぎちょー(議長)!」と大声で発言を求めたため、大島理森議長から「まだまだ」と「フライング」を制止させられるハプニングが起きた。議場にはざわめきが起こったが、議長の制止により誤りに気付き、本来のタイミングでやり直した。その後、取材に対して「二度と起こさないよう猛省の上で、しっかりと頑張って責務を果たしたい」と語った[16]

不祥事[編集]

  • 2012年の衆議院選挙において、笹川の運動員で70代の男性会社役員が公選法違反(供応買収)の疑いで書類送検された。太田市の飲食店で笹川氏陣営の他の運動員数人に票のとりまとめを依頼するため、1人当たり数千円相当の飲食で接待した疑い[17]

所属団体・議員連盟[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
比例順位
/所属当選数
第41回衆議院議員総選挙 1996年10月20日 群馬3区 新進党 41,452 24.94% 1 2/4 /
第42回衆議院議員総選挙 2000年6月25日 比例北関東 自民党 20 / /7
第20回参議院議員通常選挙 2004年7月11日 比例区 自民党 87,575 48 / 26/15
群馬県議会議員選挙 2007年4月8日 太田市選挙区 自民党 15,266 5 1/8 /
群馬県議会議員選挙 2011年4月10日 太田市選挙区 自民党 19,073 5 1/7 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 群馬3区 自民党 84,363 51.11% 1 1/4 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 群馬3区 自民党 83,837 56.15% 1 1/3 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 群馬3区 自民党 83,446 55.30% 1 1/2 /

家族・親族[編集]

笹川家[編集]

群馬県太田市小舞木町、東京都
笹川了平(元大阪日日新聞社主)
笹川春二(元大阪府モーターボート競走会会長)
笹川陽平日本財団理事長や全国モーターボート競走会名誉会長などを務めた)
笹川勝正(群馬県モーターボート競走会会長を務めた)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この品種は同校の実習教諭が同校科学部の生徒たちと開発した[11]

出典[編集]

  1. ^ 自由民主党群馬県第三選挙区支部 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 群馬県選挙管理委員会 (2019年11月27日). 2019年11月29日閲覧。
  2. ^ 第627号(2011年1月1日発行)
  3. ^ a b c d e f g プロフィール
  4. ^ “衆院選:自民の笹川氏、県議を辞職/群馬”. 毎日新聞. (2012年11月20日). http://mainichi.jp/area/gunma/news/20121120ddlk10010016000c.html 2012年11月25日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ 改造内閣 副外相に佐藤正久氏 政務官人事など内定毎日新聞社
  6. ^ 自民群馬県連会長代行に笹川氏就任 山本氏、知事選出馬 幹事長「苦肉の策」産経新聞社
  7. ^ “主要派閥に配慮、副大臣と政務官人事 色濃い「均衡型」”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2020年9月18日). https://www.asahi.com/articles/ASN9L747SN9LUTFK012.html 2021年6月3日閲覧。 
  8. ^ a b c d e “2012衆院選 群馬3区 笹川博義”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A10003003003 2014年4月3日閲覧。 
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ 賛同者一覧 国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月23日閲覧。
  11. ^ a b “被災地に咲け、友情の玉夢桜 宮城農高教諭らが新品種”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2021年4月8日). https://www.asahi.com/articles/ASP476SR1P45UNHB01S.html 2021年6月3日閲覧。 
  12. ^ a b “被災地の生徒育てた桜植樹 新宿御苑で笹川副大臣”. 上毛新聞 (上毛新聞社): p. 2 国内政治面. (2021年3月12日) 
  13. ^ “宮城農高の新品種「玉夢桜」新宿御苑に 小泉環境相発案で植樹”. 河北新報. (2021年3月21日). https://kahoku.news/articles/20210320khn000076.html 2021年6月2日閲覧。 
  14. ^ 「国会議員三ツ星データブック」、186国会版 国会議員三ツ星データブック、特定非営利法人「万年野党」著。ISBN-13: 978-4905239239
  15. ^ 国会質問も議員立法も質問主意書もない「オールゼロ議員」、64人全氏名を公開! BLOGOS 2014年10月15日
  16. ^ 衆院本会議で早まって「ぎちょーーっ」 議事進行係の自民若手がフライング 産経ニュース 2016年11月8日
  17. ^ 産経新聞、2013年1月11日
  18. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
佐藤ゆかり
石原宏高
日本の旗 環境副大臣
堀内詔子と共同

2020年 -
次代:
現職
先代:
比嘉奈津美
井林辰憲
日本の旗 環境大臣政務官
武部新と共同

2017年 - 2018年
次代:
­ 勝俣孝明
菅家一郎