坂野重信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂野 重信
さかの しげのぶ
生年月日 1917年7月23日
出生地 鳥取県東伯郡北条町(現北栄町
没年月日 (2002-04-17) 2002年4月17日(84歳没)
出身校 東京帝国大学工学部土木科
前職 内務省
建設事務次官
所属政党 自由民主党
称号 正三位勲一等旭日大綬章
参議院永年在職議員

日本の旗 第37-38代 自治大臣
内閣 竹下改造内閣
宇野内閣
在任期間 1988年12月27日 - 1989年8月10日

内閣 竹下改造内閣
宇野内閣
在任期間 1988年12月27日 - 1989年8月10日

選挙区 (全国区→)
鳥取県選挙区
当選回数 5回
在任期間 1974年7月7日 - 2002年4月17日
テンプレートを表示

坂野 重信(さかの しげのぶ、大正6年(1917年7月23日 - 平成14年(2002年4月17日)は、日本内務建設官僚政治家自由民主党参議院議員正三位勲一等工学博士北栄町名誉町民。

孫は女優の坂野友香民主党から参院選に出馬歴のある坂野真理松下政経塾出身、医師)。真理の夫は鳥取県議会議員の坂野経三郎

経歴[編集]

鳥取県東伯郡北条町(現北栄町)に生まれる。旧制倉吉中学旧制松江高校を経て1941年(昭和16年)東京帝国大学工学部土木科卒業と同時に内務省採用試験に合格したが、時局を踏まえ陸軍に入隊。復員後は茨城県大阪府勤務を経て、建設省に移り、河川計画課長、関東地方建設局長、河川局長、建設技監、建設事務次官などを歴任。1973年(昭和48年)建設省を退官する。

1974年(昭和49年)の第10回参議院議員通常選挙に自民党公認で全国区から出馬し初当選。後に鳥取選挙区に移る。連続当選5回。党内では田中角栄竹下登小渕恵三橋本龍太郎派に属し、1988年(昭和63年)、竹下内閣自治大臣国家公安委員会委員長として初入閣。続く宇野内閣でも再任した。その後は自民党参議院議員会長も務めた。

2002年(平成14年)、4月17日脳梗塞のため死去。84歳没。

2010年(平成22年)7月の第22回参議院議員通常選挙で、孫の坂野真理が民主党公認で鳥取県選挙区から出馬したが、落選した。2011年(平成23年)4月、真理の夫である経三郎が鳥取県議会議員に初当選。

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第10回参議院議員通常選挙 1974年7月7日 全国区 自由民主党 666,475 ' 31/112 - -
第12回参議院議員通常選挙 1980年7月4日 全国区 自由民主党 781,505 ' 31/93 - -
第14回参議院議員通常選挙 1986年7月6日 鳥取県選挙区 自由民主党 190,141 53.8 1/3 - -
第16回参議院議員通常選挙 1992年7月26日 鳥取県選挙区 自由民主党 180,007 60.3 1/4 - -
第18回参議院議員通常選挙 1998年7月12日 鳥取県選挙区 自由民主党 128,085 39.9 1/5 - -
当選回数5回 (参議院議員5)

外部リンク[編集]


議会
先代:
井上吉夫
日本の旗 参議院予算委員長
1994年 - 1995年
次代:
井上裕
先代:
遠藤要
日本の旗 参議院内閣委員長
1982年 - 1983年
次代:
高平公友
先代:
嶋崎均
日本の旗 参議院大蔵委員長
1978年 - 1979年
次代:
世耕政隆
公職
先代:
梶山静六
日本の旗 自治大臣
第37・38代:1988年 - 1989年
次代:
渡部恒三
先代:
梶山静六
日本の旗 国家公安委員会委員長
第47・48代:1988年 - 1989年
次代:
渡部恒三
党職
先代:
遠藤要
自由民主党参議院議員会長
第20代 : 1996年 - 1997年
次代:
井上吉夫
名誉職
先代:
鈴木省吾
最年長参議院議員
1998年7月 - 2002年4月
次代:
大田昌秀