工藤堅太郎 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
工藤 堅太郎
くどう けんたろう
生年月日 (1942-10-13) 1942年10月13日(74歳)
出生地 岩手県九戸郡種市町
出身校 中央大学
所属政党 自由民主党→)
新生党→)
新進党→)
自由党→)
民主党→)
生活の党
称号 商学士
旭日中綬章

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月26日 - 2010年7月25日

選挙区 旧岩手1区→)
比例東北ブロック
当選回数 2回
在任期間 1993年7月 - 1996年9月27日
2000年6月 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

工藤 堅太郎(くどう けんたろう、1942年10月13日 - )は、日本政治家岩手県九戸郡種市町(現・洋野町)出身。

参議院議員(1期)、衆議院議員(2期)などを歴任した。

概要[編集]

1979年岩手県議会議員に当選。県議時代は自由民主党に所属。任期途中の1993年第40回衆議院議員総選挙新生党公認で旧岩手1区から立候補し初当選。1994年新進党結党に参加するが、1996年の衆院選で落選。2000年の衆院選では自由党公認で立候補し返り咲きを果たす。その後民主党所属となるが、2003年の衆院選では落選。2004年第20回参議院議員通常選挙に民主党公認で比例区から出馬、岩手県で多くの得票があり、当選を果たした。選択的夫婦別姓制度に反対しており[1]2010年第22回参議院議員通常選挙では落選している。

2013年4月29日、旭日中綬章を受章[2]

息子は岩手県議会議員の工藤大輔。

経歴[編集]

歴任[編集]

常任委員会[編集]

衆議院議員一期目
  • 衆議院運輸委員会委員
  • 衆議院予算委員会委員
  • 衆議院外務委員会委員
衆議院議員二期目
  • 衆議院運輸委員会理事
  • 衆議院議院運営委員会理事
  • 衆議院内閣委員会理事
  • 衆議院経済産業委員会委
参議院議員一期目
  • 参議院議院運営委員会委員
  • 参議院内閣委員会委員
  • 参議院内閣委員会委員長
  • 参議院内閣委員会理事
  • 参議院内閣委員会委員
  • 参議院国家基本政策委員会理事

特別委員会[編集]

衆議院議員一期目
  • 衆議院交通安全対策特別委員会理事
  • 衆議院災害対策特別委員会委員
衆議院議員二期目
  • 衆議院武力攻撃事態への対処に関する特別委員会理事
参議院議員一期目
  • 参議院イラク事態特別委員会
  • 参議院国際問題調査会

党務[編集]

新進党
  • 新進党幹事長補佐役
  • 新進党岩手県第二総支部会長
自由党
  • 自由党岩手県総支部連合会副会長
  • 自由党岩手県第2総支部会長
民主党
  • 民主党岩手県第2区総支部総支部長
  • 民主党岩手県総支部連合会副代表
  • 民主党参議院比例区第51総支部総支部長
  • 民主党岩手県総支部連合会代表
  • 民主党参議院議員会副会長
  • 民主党両院議員総会長代理

その他[編集]

岩手県素材生産業協同組合連合会会長 岩手県素材生産業協同組合連合会顧問

所属議員連盟[編集]

新進党所属時
  • 新進党水産振興議員連盟
  • 新進党たばこ問題等議員連盟
  • 新進党酒類問題等議員懇談会
自由党所属時
  • 森林・林業・林産業活性化推進議員連盟理事
  • 振興連盟・新しい日本を作る超党派会議
民主党所属時

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  2. ^ 中綬章受章者


議会
先代:
高嶋良充
日本の旗 参議院内閣委員長
2005年 - 2006年
次代:
藤原正司