江渡聡徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
江渡 聡徳
えと あきのり
Akinori Eto.jpg
生年月日 (1955-10-12) 1955年10月12日(61歳)
出生地 日本の旗 青森県十和田市
出身校 日本大学法学部卒業
日本大学大学院法学研究科修了
前職 社会福祉法人至誠会理事長
所属政党 自由民主党(山東派)
称号 法学修士(日本大学・1981年
公式サイト 江渡あきのり トップページ

日本の旗 第13代 防衛大臣
内閣 第2次安倍改造内閣
在任期間 2014年9月3日 - 2014年12月24日

選挙区 青森2区
当選回数 6回
在任期間 1996年10月21日 - 2000年6月2日
2003年11月10日 - 現職
テンプレートを表示

江渡 聡徳(えと あきのり、1955年10月12日 ‐ )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(6期)、自由民主党安全保障法制整備推進本部長。

自由民主党副幹事長衆議院安全保障委員長内閣府大臣政務官第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣)、防衛副大臣第1次安倍改造内閣福田康夫内閣第2次安倍内閣)、防衛大臣第13代)などを歴任した。

父・江渡誠一は社会福祉法人至誠会設立者・初代理事長[1][2]議員会館では元女優で姪の梅宮万紗子秘書として勤務している[3]

来歴[編集]

青森県十和田市生まれ。青森県立青森東高等学校日本大学法学部法律学科卒業。日本大学大学院法学研究科修士課程(公法学専攻)修了。

1984年から、父・江渡誠一が設立して当時初代理事長を務めていた社会福祉法人至誠会に勤務し、同法人が運営するあけぼの学園園長等を歴任する[4][5]。また1984年から光星学院八戸短期大学講師を務める(~1995年)。1988年より至誠会副理事長(~1996年)[6]

1996年第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で青森2区から出馬し、新進党公認の三村申吾を破り初当選。しかし、2000年第42回衆議院議員総選挙では、前回下した三村(無所属の会公認)に敗れ、比例復活もならず落選[要出典]

2003年第43回衆議院議員総選挙に再び青森2区から出馬し、3年ぶりに国政に復帰した。同年自由民主党政務調査会国防部会・厚生労働部会副部会長。2004年第2次小泉改造内閣内閣府大臣政務官に任命され、第3次小泉内閣まで務める。2005年、自由民主党国会対策副委員長に就任。2007年安倍改造内閣で、自身が所属する高村派会長の高村正彦防衛大臣の下、防衛副大臣に任命され、福田康夫内閣でも再任された。2008年、再び自由民主党国会対策副委員長に就く。同年の自由民主党総裁選挙では再び麻生太郎の推薦人に名を連ね[7]、麻生が自由民主党総裁に選出された。2009年第45回衆議院議員総選挙では、与党に逆風が吹く中、民主党公認の中野渡詔子を約12,000票差で破り、青森2区で4選(中野渡も比例復活で当選)。同年自由民主党副幹事長に就任。

2012年社会福祉法人至誠会理事長に就任[8]。同年の第46回衆議院議員総選挙に青森2区から出馬し、5選。同年12月26日に成立した第2次安倍内閣において、再度防衛副大臣に就任した。2013年10月、防衛副大臣を退任し、衆議院安全保障委員長に就任[9]

2014年9月、第2次安倍改造内閣防衛大臣に任命され、初入閣[10]。あわせて「国の存立を全うし国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備を推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[10]を担当する国務大臣に任命された。同年12月14日投開票の第47回衆議院議員総選挙に青森2区から出馬し、6選。選挙後、後述の政治資金問題が第187回国会で問題視されたことを受け、新たに発足する第3次安倍内閣での大臣留任を固辞[要出典]。同年12月24日午前の閣議において第2次改造内閣が総辞職したことを受け、防衛大臣を退任した。

政治資金問題[編集]

  • 政治資金規正法は、選挙活動を除いて資金管理団体による候補者個人への寄付を禁じているにもかかわらず、江渡の資金管理団体「聡友会」において衆院選があった2009年と2012年の選挙期間内ではない時期に、4回にわたって、計350万円を江渡個人に寄付した、と政治資金収支報告書に記載されていた[11][12]
  • 江渡の「聡友会」は、2010年は「渉外費」、2011年、2012年は「寄付金」名目で、毎年6月に靖国神社に各1万2000円、計3万6000円を支出していた/ref>。
  • 江渡の「聡友会」では、2012年に「会合費」2万円を支出した記載があるが、野党議員から「インターネットでこの店の求人を見たら、『キャバクラ求人』と書いてある」と指摘された。江渡側は、「クラブ」であると反論している[13]

政策・主張[編集]

略歴[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ごあいさつ」社会福祉法人至誠会
  2. ^ 「12月18日(土)至誠会「創立50周年記念式典・記念祝賀会」」衆議院議員江渡 聡徳
  3. ^ 「永田町騒然 現役グラドルが秘書になった」日刊ゲンダイ2011年8月17日
  4. ^ 「ごあいさつ」社会福祉法人至誠会
  5. ^ 「12月18日(土)至誠会「創立50周年記念式典・記念祝賀会」」衆議院議員江渡 聡徳
  6. ^ 「プロフィール」江渡あきのり
  7. ^ “総裁選5候補の推薦人名簿”. 東京新聞. (2008年9月10日). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2008/ntok0066/list/CK2008091002000314.html 2015年11月4日閲覧。 
  8. ^ 「ごあいさつ」社会福祉法人至誠会
  9. ^ 「プロフィール」江渡あきのり
  10. ^ a b 「人事異動」『官報』号外特14号、国立印刷局2014年9月3日、1面
  11. ^ 「閣僚資質、強まる批判 江渡氏、野党追及を『クレーム』 宮沢氏、経産所管の東電株保有」朝日新聞 2014年10月25日
  12. ^ 江渡防衛相 規制法違反か/資金管理団体寄付本人に350万円記載 収支報告を訂正 しんぶん赤旗 2014年10月6日
  13. ^ 「『政治とカネ』なお疑問 キャバクラ、クラブ会員権…」、朝日新聞、2014年11月26日
  14. ^ a b c d “2012衆院選 青森2区 江渡聡徳”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A02002003003 2014年9月3日閲覧。 
  15. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  16. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  17. ^ 国会議員懇談会会員リスト”. 神道政治連盟 (2013年10月25日). 2014年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
小野寺五典
日本の旗 防衛大臣
第13代:2014年
次代:
中谷元
先代:
木村隆秀
長島昭久
日本の旗 防衛副大臣
2007年 - 2008年
2012年 - 2013年
次代:
北村誠吾
武田良太
議会
先代:
武田良太
日本の旗 衆議院安全保障委員長
2013年 - 2014年
次代:
北村誠吾