阿達雅志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿達 雅志
あだち まさし
生年月日 (1959-09-27) 1959年9月27日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市左京区
出身校 東京大学法学部
前職 住友商事従業員
佐藤信二衆議院議員秘書
アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士
所属政党 自由民主党
親族 佐藤信二(妻の父)

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2014年12月4日 - 現職
テンプレートを表示

阿達 雅志(あだち まさし、1959年9月27日 - )は、日本国際弁護士自由民主党所属の参議院議員(2期)。

経歴[編集]

阿達雅志(あだちまさし)プロフィールより[1]

人物[編集]

1959年9月27日京都府出身。東京大学法学部私法コース卒業[要出典]

1983年住友商事に入社後、車輌貿易部、米国住友商事(ニューヨーク)駐在、中国住友商事北京事務所に赴任し、中国総代表室副部長を務める[要出典]

1996年に発覚した銅地金不正取引に伴う銅先物取引巨額損失事件の事後処理を担当するために本社に召還され、法務部課長を務める[2]

衆議院議員・元運輸大臣佐藤信二の次女と結婚[3]。これにより政界と縁が出来、2000年に住友商事を退職して佐藤信二事務所に入り、岳父の公設秘書を務める[要出典]

岳父が2005年郵政解散で政界を引退したことを受けて秘書を退任し、ポール・ワイス・リフキンド・ワートン・ギャリソン法律事務所(Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison)顧問に転身[2]。2008年には日本大学法科大学院非常勤講師に就任[4]

2007年の第21回参議院議員通常選挙に自由民主党から比例区で出馬したが、獲得議席が14であったのに対して16位と次々点で落選した。

2010年の第22回参議院議員通常選挙には再度自由民主党公認候補として比例区で出馬し、101,685票を獲得したが自由民主党の比例区獲得議席が12に留まり、阿達は14位であった為に落選となった[5]

2014年、12月14日施行予定の第47回衆議院議員総選挙に2010年参議院議員通常選挙比例区第2位当選者だった佐藤ゆかり小選挙区大阪11区から立候補することを理由として参議院議員を辞職したことにより、阿達が繰り上げ順最上位者であった為に、12月4日、中央選挙管理会より繰り上げ当選者と告示された[6][7]

2016年の第24回参議院議員通常選挙で再選を果たす[8]。選挙後の8月に自民党外交部会長に就任[9]

政策[編集]

議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『世界パラダイム・シフト』(PHP研究所、2013年)
  • 『政治家になった父から18歳の息子へ』(PHP研究所、2015年)

脚注[編集]

  1. ^ [1] 阿達雅志(あだちまさし)プロフィール
  2. ^ a b あだち雅志 プロフィール あだち雅志オフィシャルサイト(Internet archive)
  3. ^ “「日本を支えた」佐藤信二氏悼む 東京 葬儀に400人”. 中国新聞. 中国新聞社【ヒロシマ平和メディアセンター】. (2016年5月13日). http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=59251 2017年7月1日閲覧。 
  4. ^ 阿達 雅志(あだち まさし) 講演依頼com
  5. ^ 2010参院選プロフィル:安達雅志 読売新聞2010参院選開票速報
  6. ^ 中央選挙管理会告示第二十七号 官報号外(第25号) 平成26年12月4日付
  7. ^ 阿達氏が繰り上げ当選 自民の参院比例 産経新聞 2014年12月4日付
  8. ^ “参院選2016 開票速報【比例代表】自由民主党”. ヨミウリ・オンライン. 読売新聞社. (2016年7月10日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/kaihyou/yb001.html 2017年7月1日閲覧。 
  9. ^ “小泉進次郎氏は農林部会長留任 自民、部会長人事を内定”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2016年8月18日). http://www.sankei.com/politics/news/160818/plt1608180012-n1.html 2017年7月1日閲覧。 
  10. ^ ポリスマガジン 2010年3月号
  11. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]