村井英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
村井 英樹
生年月日 (1980-05-14) 1980年5月14日(37歳)
出生地 日本の旗埼玉県浦和市
出身校 東京大学教養学部卒業
ハーバード大学大学院修了
前職 国家公務員財務省
所属政党 自由民主党岸田派
公式サイト 村井ひでき公式サイトへようこそ!私の政策や活動をご紹介いたします

選挙区 埼玉1区
当選回数 2回
テンプレートを表示

村井 英樹(むらい ひでき、1980年5月14日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

埼玉県浦和市生まれ。浦和市立別所小学校(現:さいたま市立浦和別所小学校)、私立海城中学校・高等学校を経て、東京大学教養学部総合社会科学科国際関係論分科卒業[1]

2003年財務省に入省。関税局ASEANとの自由貿易協定(FTA)締結に携わったのち、高松国税局国税調査官を経て農林水産省畜産部に出向した[2]2008年から2010年までハーバード大学大学院に留学、スーザン・ファー教授から指導を受ける[1][3]。また同大のケネディ行政大学院で客員研究員を務めた[4]

帰国後は財務省主税局で課長補佐・参事官補佐を歴任するも、2011年9月限りで財務省を退職[4]。翌月自民党埼玉県連の公募を経て、衆議院埼玉県第1区支部長に就任した[5]

2012年12月第46回衆議院議員総選挙で埼玉1区から自民党公認・公明党推薦で出馬し、民主党武正公一を約2万票差で破り初当選(武正は比例復活)。

2014年7月時点において、厚生労働委員、党青年局次長、中小企業調査会事務局次長、金融問題調査会事務局次長などを務めている[6]。同年12月第47回衆議院議員総選挙で埼玉1区から出馬し、再選。

政策・主張[編集]

  • 2015年10月からの消費税率10%への引き上げを延期しても、アベノミクスの効果で税収が10兆円以上増えているため、社会保障の充実を行い、経済対策を行っても、財政健全化目標は達成可能と主張している[7]
  • 消費税の軽減税率導入については「所得の低い人への負担減に見えて実はそうではない」などの考えから反対[8]
  • 年金積立金については国債中心の運用を見直し、株式運用などの投資先の多様化・高度化を推進すべきとしている[9]
  • 尖閣諸島国有化を肯定的に評価し、対中外交はより強い態度で臨むべきとしている[10]
  • 日本の核武装について、「状況によっては検討すべき」としている[10]
  • TPPへの参加に賛成する一方、農業分野ではより多くの例外品目を設けるべきとしている[10]
  • 女性宮家の創設に反対[10]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入について「どちらとも言えない」としている[11]

人物[編集]

主な所属団体・議員連盟[編集]

メディア出演[編集]

  • 2012年12月28日 テレビ埼玉「ウィークエンド930スペシャル」
  • 2013年1月5日 日本テレビ「ウェークアップ!ぷらす」新春SP 日本の未来 若手議員に問う
  • 2014年2月 日経ビジネスオンライン~キーパーソンに聞く「消費税の軽減税率導入はもう一度、議論し直すべき」
  • 2014年3月 インターネットTV 超人大陸「軽減税率が決して低所得者の味方ではない」
  • 2014年7月2日 BS11「報道ライブ21 INsideOUT」法人税改革 中小企業への影響
  • 2014年9月17日 みわちゃんねる突撃永田町!!第131回目ゲスト

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]