村井英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村井 英樹
むらい ひでき
Hideki Murai.jpg
生年月日 (1980-05-14) 1980年5月14日(38歳)
出生地 日本の旗埼玉県浦和市
(現・さいたま市
出身校 東京大学教養学部卒業
ハーバード大学大学院修了
前職 国家公務員財務省
所属政党 自由民主党岸田派
公式サイト 村井ひでき公式サイト

選挙区 埼玉1区
当選回数 3回
テンプレートを表示

村井 英樹(むらい ひでき、1980年5月14日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、内閣府大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。

経歴[編集]

埼玉県浦和市(現・さいたま市)生まれ。浦和市立別所小学校(現:さいたま市立浦和別所小学校)、私立海城中学校・高等学校を卒業。大学入学時は理系だったが、国際政治に興味を持ち文転。東京大学教養学部総合社会科学科国際関係論分科卒業[1]

2003年財務省に入省。FTA交渉・税務行政・農林水産行政等に携わる[2]2008年から2010年までハーバード大学大学院に留学。2010年ハーバード大学大学院修了[1][3]。また同大のケネディ行政大学院で客員研究員を務めた[4]

帰国後は財務省主税局で課長補佐・参事官補佐を歴任。社会保障と税の一体改革等を担当。2011年9月に財務省を退職[4]。翌月自民党埼玉県連の公募を経て、衆議院埼玉県第1区支部長に就任した[5]

2012年12月第46回衆議院議員総選挙で埼玉1区から自民党公認・公明党推薦で出馬し、民主党武正公一を約2万票差で破り初当選(武正は比例復活)。

2014年7月時点において、厚生労働委員、党青年局次長、中小企業調査会事務局次長、金融問題調査会事務局次長などを歴任[6]。同年12月第47回衆議院議員総選挙で埼玉1区から出馬し、再選。

2016年8月、副幹事長に就任(36歳3ヶ月での就任は自民党史上最年少)[7][8]

2016年、小泉進次郎議員がトップを務める「2020年以降の経済財政構想小委員会(小泉小委員会)」の事務局長に就任[9]。「レールからの解放」、「人生100年時代の社会保障へ」、「こども保険」、「厚生労働省再編案」などの提言を中心となって取りまとめる[10][11]

2017年8月7日第3次安倍第3次改造内閣にて内閣府大臣政務官に就任[12]茂木大臣の下では経済再生社会保障・税一体改革経済財政政策を担当し、麻生財務金融担当大臣の下では金融庁を担当[13]。同年10月第48回衆議院議員総選挙で相手候補に3万票以上の差をつけ、武正に比例復活を許さず3選。

2018年3月、小泉小委員会の問題意識を引継ぐ形で立ち上げられた「2020年以降の経済社会構想会議」でも引き続き事務局長に就任[14]

政策・主張[編集]

  • 「人生100年時代の社会保障」に向けて、消費税一本足打法から脱却し、勤労者皆社会保険制度の構築等を通じて「全世代型社会保障」を実現すべきと主張[15]
  • 2015年10月からの消費税率10%への引き上げを延期しても、アベノミクスの効果で税収が10兆円以上増えているため、社会保障の充実を行い、経済対策を行っても、2015年度の財政健全化目標(2010年度比でPB赤字の対GDP比を半減)は達成可能と主張している[16]
  • 消費税の軽減税率導入については「所得の低い人への負担減に見えて実はそうではない」などの考えから反対[17]
  • 年金積立金については国債中心の運用を見直し、株式運用などの投資先の多様化・高度化を推進すべきとしている[18]
  • 尖閣諸島国有化を肯定的に評価し、対中外交はより強い態度で臨むべきとしている[19]
  • 日本の核武装について、「状況によっては検討すべき」としている[19]
  • TPPへの参加に賛成する一方、農業分野ではより多くの例外品目を設けるべきとしている[19]
  • 女性宮家の創設に反対[19]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入について「どちらとも言えない」としている[20]

人物[編集]

  • 元財務官僚の理論派で、自民党若手議員きっての政策通。小泉小委員会では取りまとめ役として提言の大半を執筆した[21]。一方で、熱く議論を引っ張る「熱血漢」とも評されている。こども保険構想について、小泉は「こども保険の話を村井さんがあまりに楽しそうに、情熱的に話しているもんだから、それを見て、俺も乗るって決めたんだよ」と語ったという[22]
  • 小泉進次郎、小林史明らと「人生100年時代」に向けた社会保障改革や、抜本的な少子化対策等を主張し、小泉・村井・小林の「三羽烏」と称される[23][24]
  • 将棋を趣味としており、王将戦(2015年2月開催)のさいたま市内への誘致に尽力した[25]
  • 浦和軟式少年野球連盟の出身であり、その縁で、2017年3月、埼玉県野球協会会長に就任した[13]
  • さいたま国際マラソンに毎年出場しており、2016年11月には、5時間17分14秒のタイムで完走した[26]
  • 2児(長男・次男)の父[27]

主な所属団体・議員連盟[編集]

メディア出演[編集]

  • 2012年12月28日 テレビ埼玉「ウィークエンド930スペシャル」
  • 2013年1月5日 日本テレビ「ウェークアップ!ぷらす」新春SP 日本の未来 若手議員に問う
  • 2014年2月 日経ビジネスオンライン~キーパーソンに聞く「消費税の軽減税率導入はもう一度、議論し直すべき」
  • 2014年3月 インターネットTV 超人大陸「軽減税率が決して低所得者の味方ではない」
  • 2014年7月2日 BS11「報道ライブ21 INsideOUT」法人税改革 中小企業への影響
  • 2014年9月17日 みわちゃんねる突撃永田町!!第131回目ゲスト
  • 2015年12月11日 国会トークフロントライン「外国人労働者受け入れをそろそろ考えては?」
  • 2016年7月5日 BS11 リベラルタイム 第1週テーマ:『志はどこにあるのか』
  • 2016年7月12日 BS11 リベラルタイム 第2週テーマ:『2020年以降の経済財政構想』
  • 2017年4月14日 国会トークフロントライン「少子化対策は喫緊の課題 財源はこども保険で!」
  • 2017年10月22日 TBS「激突!与野党大決戦 選挙スタジアム2017」

関連書籍[編集]

  • 藤沢烈 『人生100年時代の国家戦略―小泉小委員会の500日』 東洋経済新報社、2017年12月。ISBN 978-4492212356
  • 朝日新聞出版『AERA』2017年10月9日増大号 14頁「つみたてNISAへ金融庁が動く 金融担当政務官・村井英樹氏」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール|村井ひできのプロフィールをご紹介いたします。”. 村井英樹. 2014年8月5日閲覧。
  2. ^ プロフィール『村井ひでき公式サイト』2016年1月30日閲覧
  3. ^ 採用情報-平成21年度版 I種 職員からのメッセージ (海外編 村井 英樹) : 財務省”. 財務省. 2014年8月5日閲覧。
  4. ^ a b 村井ひでき通信 号外 (PDF)”. 村井英樹. 2014年8月5日閲覧。
  5. ^ 記者会見”. 村井英樹 (2011年10月5日). 2014年8月5日閲覧。
  6. ^ 村井ひでき通信 第12号
  7. ^ 第3次安倍第3次改造内閣 大臣政務官名簿”. 首相官邸. 2017年9月25日閲覧。
  8. ^ 村井ひでき通信 第22号 ~2016年下半期 第22号 活動報告編~”. 村井ひでき. 2018年5月18日閲覧。
  9. ^ 『自由民主党・衆議院議員 小林史明 公式サイト』”. 小林史明. 2017年9月25日閲覧。
  10. ^ 人生100年時代の制度設計 特命委員会が発足しました”. 小林史明. 2017年9月25日閲覧。
  11. ^ 小泉氏ら厚労省分割案 党内議論要請へ”. 毎日新聞. 2017年9月25日閲覧。
  12. ^ 改造内閣 副大臣と政務官の顔触れ”. 毎日新聞 (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  13. ^ a b 村井ひでき通信 第24号 ~政務官就任編~”. 村井ひでき. 2017年9月25日閲覧。
  14. ^ 村井ひできオフィシャルブログ”. 村井ひでき. 2018年5月18日閲覧。
  15. ^ 社会保障フォーラム「全世代型社会保障のビジョンと制度改革に向けた道筋」 「経済同友」2018年4月号”. 村井ひでき. 2018年5月18日閲覧。
  16. ^ 増税延期でも基礎的財政赤字の半減目標は達成可能=自民議員試算
  17. ^ 消費税の軽減税率導入はもう一度、議論し直すべき:日経ビジネスオンライン
  18. ^ 年金積立金運用改革について|村井ひできオフィシャルブログ「大胆に!丁寧に。」
  19. ^ a b c d “2012衆院選 埼玉1区 村井 英樹 - 毎日jp(毎日新聞)”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A11001005005 2014年8月5日閲覧。 
  20. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  21. ^ 藤沢烈 『人生100年時代の国家戦略―小泉小委員会の500日』 東洋経済新報社、2017年、29,34頁。ISBN 978-4492212356 
  22. ^ 藤沢烈 『人生100年時代の国家戦略―小泉小委員会の500日』 東洋経済新報社、2017年、29,279-280頁。ISBN 978-4492212356 
  23. ^ 小泉世代が問う「こども保険」”. FACTA ONLINE. 2017年9月25日閲覧。
  24. ^ ~「こども保険」構想 第23号 を考える編~”. 村井ひでき. 2017年9月25日閲覧。
  25. ^ 埼玉新聞(8月16日)の王将戦についての記事,村井ひできオフィシャルブログ「大胆に!丁寧に。」
  26. ^ 村井ひできオフィシャルブログ「大胆に!丁寧に。」”. 村井ひでき. 2017年9月25日閲覧。
  27. ^ 村井ひでき通信 増刊号”. 村井ひでき. 2018年5月18日閲覧。
  28. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]