松本洋平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本 洋平
まつもと ようへい
生年月日 (1973-08-31) 1973年8月31日(44歳)
出生地 東京都
出身校 慶應義塾大学経済学部
前職 三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)従業員
所属政党 自由民主党二階派
公式サイト 松本洋平ホームページ

選挙区 東京19区
当選回数 4回
在任期間 2005年 - 2009年
2012年12月19日[1] - 現職
テンプレートを表示

松本 洋平(まつもと ようへい、1973年8月31日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)。現職は自由民主党国会対策副委員長、議員運営委員理事[2]内閣府副大臣第3次安倍第2次改造内閣)、内閣府大臣政務官(北朝鮮による拉致・災害担当)、自民党副幹事長、自民党青年局長などを歴任。

来歴[編集]

東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業。1996年三和銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入行し、2003年まで勤務[3]2003年第43回衆議院議員総選挙自由民主党公認で東京19区から出馬したが、民主党前職の末松義規に敗れ、落選。2005年第44回衆議院議員総選挙で末松を破り、初当選した(末松も比例復活で当選)。2009年第45回衆議院議員総選挙では末松に敗れ、重複立候補していた比例東京ブロックでも落選。

2012年第46回衆議院議員総選挙では末松を破り、約3年半ぶりに国政に復帰。2013年10月、小泉進次郎の後任として自民党青年局長に就任。2014年9月、内閣府大臣政務官(北朝鮮による拉致・災害担当)に就任(2015年10月付けで退任)。御嶽山噴火現地対策本部長。2014年第47回衆議院議員総選挙で3選。

2015年10月より自民党副幹事長。

2016年8月より、第3次安倍第2次改造内閣にて、内閣府副大臣に就任[4]

2017年第48回衆議院議員総選挙で4選。自由民主党国会対策副委員長、議員運営委員理事[5]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 座右の銘は「いまやらねばいつできる、わしがやらねばだれがやる」(小平市名誉市民 平櫛田中の言葉)[16]
  • 政治信条は「頑張っている人たちの汗が報われる公正な国づくり」「安全・安心の国づくり」「家族や地域の絆を実感できる国づくり」の三点[17]
  • 中学校から大学時代まで陸上競技(400m走)に打ち込み、インターハイ・ジュニアオリンピック・インターカレッジなどにも出場した[18]
  • 2014年8月に結婚[19]
  • 2014年9月27日11時52分に発生した御嶽山噴火では、御嶽山噴火非常災害現地対策本部長として山谷えり子防災相の指示に従い、9月28日から現地入りし[20]、10月17日に行われた捜索隊の解散式である「捜索救助隊への感謝式」まで現地対策本部で寝泊まりして、指揮と内閣との連絡、関係各省庁の調整を行った。同感謝式では現地災対本部が政府と現場との意思疎通を図る上で重要な役割を果たしたとの認識を示し、「さまざまな課題や改善点もあると思う。今回の災害の教訓を、今後の政策に反映させる努力をしたい」と述べた[21]

政治資金[編集]

  • 松本の資金管理団体「洋々会」が2012年12月の衆院選前に、徳洲会グループによる公選法違反事件で親族が逮捕された徳田毅の資金管理団体「徳田毅政経研究会」から計60万円の寄付を受けていた[22]。松本氏の事務所は寄付の経緯について「政治家同士の付き合いはあるだろうが、詳しいことは分からない」とし、返金するかどうかは「事件の推移を見守りながら考えたい」としている[22]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日東京都選挙管理委員会告示第168号(衆議院(小選挙区選出)議員選挙における東京都各選挙区の当選人)
  2. ^ 自由民主党 議員・役員情報
  3. ^ 以下すべて公式ページプロフィールより
  4. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  5. ^ 自由民主党 議員・役員情報
  6. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  7. ^ 第166回国会 財務金融委員会 第22号(平成19年7月5日)
  8. ^ 全面広告画像
  9. ^ 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  10. ^ 皇室典範の拙速な改定に反対する緊急集会(2006年2月1日)
  11. ^ 国籍法改正案の慎重審議を求めて、立ち上がった国会議員一覧
  12. ^ 松本洋平国政報告会での発言、自由民主 平成21(2009)年8月3日号
  13. ^ 自由民主 平成21(2009)年8月3日号
  14. ^ 第163回国会 青少年問題に関する特別委員会議事録(2005年12月16日)
  15. ^ 第168回国会 厚生労働委員会 第12号(平成19年12月12日(水曜日))
  16. ^ 松本洋平公式サイト プロフィールより
  17. ^ 松本洋平公式サイト 政治信条より
  18. ^ 松本洋平公式サイト プロフィールより
  19. ^ 週刊新潮 2014-09-10発売号 P154
  20. ^ 政府、御嶽山噴火で態勢強化 非常災害対策本部に格上げ(2014年9月28日、日本経済新聞)
  21. ^ 政府対策本部が解散 御嶽山捜索(2014年10月18日、中日新聞)
  22. ^ a b 「自民・松本洋議員、徳田議員の団体から寄付」 日本経済新聞 2013年11月20日
  23. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

外部リンク[編集]

公職
先代:
小泉進次郎
亀岡偉民
福岡資麿
伊藤忠彦
松本文明
磯崎仁彦
浮島智子
日本の旗 内閣府大臣政務官
小泉進次郎
越智隆雄
岩井茂樹
福山守
大塚拓
石川博崇
大塚高司鈴木馨祐と共同

2014年 -
次代:
-
党職
先代:
小泉進次郎
自由民主党青年局長
2013年 - 2014年
次代:
木原稔