今野智博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
今野 智博
こんの ともひろ
生年月日 (1975-07-25) 1975年7月25日(42歳)
出生地 日本の旗埼玉県深谷市
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学
所属政党 自由民主党細田派)→)
自由民主党
公式サイト 今野ともひろホームページ

選挙区 比例北関東ブロック埼玉11区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

今野 智博(こんの ともひろ、1975年7月25日 - )は、日本政治家弁護士。元衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

埼玉県深谷市生まれ。1988年3月深谷市立桜ケ丘小学校卒業。1991年3月深谷市立南中学校卒業。1994年3月私立巣鴨高校卒業[1]

早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。2003年11月、司法試験合格。司法修習後の2005年10月、弁護士登録し、五木田・三浦法律事務所で勤務[1]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙埼玉11区に自民党から出馬。無所属で出馬した小泉龍司に敗れるも、比例北関東ブロックで復活して初当選。2014年12月、第47回衆議院議員総選挙では再び埼玉11区で小泉に敗れたものの、比例復活で再選。2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、自民党所属ではあったものの無所属で出馬となり(自民党から推薦は受けた)、自民党に復党した上で無所属で出馬した小泉龍司と対決し、追加公認をめぐり争ったが落選した[2]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 公式サイト プロフィール
  2. ^ 【埼玉】<衆院選>11区 無所属・小泉さん6選”. 東京新聞 (2017年10月23日). 2017年10月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e 毎日新聞 2014年衆院選候補者アンケート
  4. ^ 毎日新聞 2012年衆院選候補者アンケート
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  7. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]