岡下昌平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡下昌平
おかした しょうへい
生年月日 (1975-03-08) 1975年3月8日(43歳)
出生地 日本の旗 日本東京都目黒区
出身校 日本大学経済学部
前職 大阪府議会議員
所属政党 自由民主党 (二階派)
親族 母・岡下信子 (内閣府大臣政務官)
公式サイト 自民党 衆議院議員 岡下昌平 公式ホームページ

選挙区 比例近畿ブロック大阪17区
当選回数 2回
在任期間 2014年12月14日 - 現職

選挙区 堺市南区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2011年5月1日 - 2014年12月2日
テンプレートを表示

岡下 昌平(おかした しょうへい、1975年3月8日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。元大阪府議会議員(1期)。母は元衆議院議員で内閣府大臣政務官を務めた岡下信子

来歴[編集]

東京都目黒区に生まれる[1]日本大学経済学部経済学科卒業[1]後、父・岡下昌浩[注 1]の秘書を務める。父の死後、2000年からは母・岡下信子[注 2]の秘書を務める[1][3]2011年第17回統一地方選挙大阪府議会議員選挙に出馬し、初当選[3]

2012年第46回衆議院議員総選挙において母・岡下信子が日本維新の会の新人馬場伸幸に敗れ、落選。大阪17区の一部の堺市南区を府政の地盤としていた岡下昌平は、後継候補として国政に転身し、2014年第47回衆議院議員総選挙に出馬。馬場に敗れたものの、比例復活し初当選した[4]。当選後、二階派に入会した[5]2017年第48回衆議院議員総選挙に出馬し、再び馬場に敗れたものの、比例復活で再選[6]

政策[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 財務官僚。1993年大蔵省退官後、政治活動を開始[2]旧大阪5区小選挙区制導入以降は、大阪17区)を地盤として3度の選挙活動を行うもいずれも振るわず落選。1998年に急死した[2]
  2. ^ 夫・岡下昌浩の死後、地盤を引き継ぎ[2]2000年第42回衆議院議員総選挙において自民党公認で出馬し初当選[2]。2度の落選を経験するも3期務めた。

出典[編集]

外部リンク[編集]